2016年12月31日

★オタク化記念号!

img008.jpg


★八戸ぐらし!
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

◆【ドドドドドン!MEMO】――★読み止しのまま、ずっと、ほったらかしにしてあった『東大オタク学講座』(岡田斗司夫)を読み、覚醒!

 今後、怒涛の一直線、【教育オタク】の道を突き進むことに(^_-)-☆!
 
オタク化記念号は【通信・月の砂漠とレトルトカレー】へ!





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村





さらに詳細な情報は僕のホームページへ!

2016年12月23日

★僕の3連休

image1.jpg


★八戸ぐらし!
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

◆【ドドドドドン!MEMO】――★朝食中(昨晩の【ラム肉&野菜炒め】の残り)、ふとデッキをみたら、スモモの木にヒヨドリがいた。
 なかなか飛び立つ気配がないので、デジカメを取り出し、パチリ。
 3倍ズームだから、ググッと近く。
 あせって、スモモの木に焦点が合ってしまった。

 3連休は読書。
 ま、エネルギーの補給だ(^_-)-☆。

 5種類の書物を並行して読む計画――

(1)僕のツブヤキを深化させる書物(ウジウジ小説)。
(2)僕の行動をビビッドにする書物(戦場記者リポート)。
(3)僕の会話を彩る書物(ユーモア小説)。
(4)僕の討論を活性化する書物(対談集)。
(5)僕の「存在のカタチ」を縁取る書物(恩師の遺作)。

 焦らないでやっていこう!





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村





さらに詳細な情報は僕のホームページへ!

2016年12月19日

★クリックして「しまった」と思った

s-1280DSC05398.jpg


★八戸ぐらし!
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

◆【ドドドドドン!MEMO】――★毎朝、コーヒーを沸かしてから、ネットのニュースをチェックする。

 ささっと済ませて、次の作業に移りたいという気持ちがあるから、「見出し」だけで済ませられるのであれば、それはそれでいい。
 日によっては、ささっと「見出し」だけをみて、それで終わりということもある。

 しかし、けさは、僕の心にひっかかる「見出し」が多かった。

 〈例〉

【別荘敷地に全裸遺体 死後数日経過か】
 クリックすると→「遺体は50歳代〜70歳代の男性で……」(想像とまったく違った。ここまで読んで「戻る」キーをクリックm(__)m)

【ランニング中不明の高校生、無事保護】
 「県立十津川高校2年の男子生徒(16)は19日未明、無事保護された。パトカーで捜索中の警察官が見つけた。生徒に目立ったけがはないという。」
 記事はこれが全部。
 詳細については記述なし。
 何があったのか?
 気になる。

【露が北方4島を返したくない真の理由】
 記事の中味をちらっと見たが、予想通りの内容(「戻る」キー、クリック)

【ヤクザを泣かせた加藤登紀子の歌】
 僕は加藤が好きでない。
 だから、見なくていいのだが、その嫌いな加藤がヤクザを泣かせれられるのか?
 あるいは、加藤の歌なんか聴いて泣くヤクザがいるのか?
 気になった。
 中味をクリック。
 クリックして「しまった」と思った。
 書き手が加藤よりも嫌いな佐高信だったからだ。
 なぜ、佐高がきらいなのかというと、「身も心も」の「心」が反体制で「身」は体制側に置いているクセに、「身も心も反体制でございます」という顔をするからである。……

 書き手が佐高と気づいた時点でやめればいいのにやめなかったのは、やはり「加藤の歌なんか聴いて泣くヤクザがいるのか?」が気になったからである。

 佐高のその箇所を引用。

 ――《加藤が舞台であぐらをかいて歌って話題になったことがある。
 デビューしてまもない頃、キャバレーをまわってシャンソンを歌っていると、毛唐の歌ばかり歌うなと言われて、全然聴いてもらえなかった。
 それで21歳の加藤は「一体どうすればいいんでしょうか」と並みいるゴロツキ客に向かって聞いた。
 すると、「おまえは童謡でも歌ってろ」と言う。
 それで加藤は「わかりました」と言って、ステージであぐらをかき、知っている童謡を次々とアカペラで歌った。
 そうしたら、そのヤクザみたいなおっちゃんたちがボロボロと涙を流して泣き出したのである。
 忘れられない瞬間だった。》

 完全にだまされた。
 しかし、佐高が悪いのではない。
 ネット記事に見出しをつけたヤツが悪いのだ。
 佐高は「ゴロツキ客」「ヤクザみたいなおっちゃんたち」とはいっているが、「ヤクザ」とはいっていない。
 ひっかかってしまったぁぁぁ〜、クソぉぉぉ〜!

 ま、記事の中味も凡庸だけど……。

★画像=僕の部屋の片隅のひな人形。
 外部からデジカメを持ち込んだら、レンズが曇ってしまった。
 曇りが取れるまでレンズのフタを開けたままにして待っていて、曇りが晴れたのでパチリ!





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村





さらに詳細な情報は僕のホームページへ!

★ミラクル! ここに至るまでの物語!

1a94afd8.jpg


★八戸ぐらし!
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

◆【ドドドドドン!MEMO】――★画像=ダイニングキッチン書架の堀辰雄作品集。

 もちいどの商店街のフジケイ堂で『美しい村』『晩夏』『聖家族』『風立ちぬ』『菜穂子』5冊を500円で購入。
 安い!
 堀辰雄ファンの僕からすれば「堀に申しわけない(‖ ̄■ ̄‖)」。

 もちろん、安いのは『花を持てる女』一巻が欠けているせいもあるが、なんと、その欠けている『花を持てる女』を僕が昔から持っていたのだ。

 ミラクルである!

 ご覧いただいているとおり、『花を持てる女』だけ変色の度合いが異なる。
 痛み方も激しい。
 きっと、古書店で野積みされていた時間が長いのだろう。
 ま、くわえて、ここに至るまでの僕の人生の有為転変の象徴でもある(^_-)-☆

 よくよく見ると、『晩夏』の背表紙の色合いも、若干、異なっている。
 ひょっとすると、『晩夏』にも何かここに至るまでの物語があるのかもしれない。

 堀辰雄集にはこういう有為転変、身過ぎ世過ぎの「物語」がよく似合う。





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村





さらに詳細な情報は僕のホームページへ!

2016年12月13日

★絶対に突きとめてやるぅぅぅ〜! (メ▼_▼)!!

RIMG0138.JPG


★八戸ぐらし!
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村

◆【ドドドドドン!MEMO】――★ネット記事を読んでいるとき、そのサイドバーにおもしろい記事(「悩み相談」)――おもしろいというと悩みの主には失礼か? でも、僕も同病といえるので、ま、許されよm(__)m――を見つけた。

 《40歳代女性。閉所恐怖症で悩んでいます。若い頃から狭いところが苦手でしたが、先日、小型飛行機に乗り、窓側の席に座っていると、機内にどんどん人が乗り込んできて満席に。いつになく圧迫感を感じ、パニックになり、離陸前に降りたいと申し出て、飛行機を降りてしまいました。自分の状態はここまでひどいのか……。とてもショックです。(後略)大阪・B子」》

 読みながら「ああ、僕の苦しみは、これ(閉所恐怖症)だったのか」と(苦しんでいる大阪・B子さんには悪いが)、長いあいだの疑問や苦しみにきっちりと病名をつけてもらい、なんとなくホッとした。

★僕の場合、地下でパニックになる。
 △地下街・地下通路=どうしても通らなければいけないときは、仕方がないので走り抜ける。
 ×地下鉄=ダメ。
 ×青函トンネル=これも、もう、絶対にダメ!
 
 地上でも、閉ざされた空間はダメだ。
 部屋のドアはできる限り開放。
 会議のときなど、気をきかせてドアをしめてくれる人がいるが、心のうちで「しめないでくれぇ〜、開けておいてくれぇ〜」とつぶやいている。
 暖房の必要がない季節だと、隣の部屋側だけでなく、廊下側のドアも開けている。

 学生食堂などにある、いわゆる「ぼっち席」も僕はダメである。
 仕切りのない食堂の、真ん中付近の、四方八方見渡せる、(ということは)四方八方からよく見られる、そういうテーブルがいい。
 己の姿を四方八方にさらしつつ、サーモンたたき丼を食べる。
 僕のうちで、停滞していた思考回路が、一気に活性化する。
 この僕がだれなのか?
 どこから来たのか?
 どこへ行くのか?
 こういうことが徐々に見えてくる。
 この感覚がなんともいえない。
 図書館の大閲覧室とか、ホテルのラウンジとか……、それからロングシートの普通列車とかも大好きだ。

 また、なぜオートバイとバスがOKで、普通乗用車(特に軽自動車)がダメなのか? なぜ自室(6畳)で仕事に集中できないのか?……など、ずっとわからなかったことが、今回「閉所恐怖症」という病名によりよく理解できた。

RIMG0139.JPG


★しかし、若い頃は穴蔵のような喫茶店が好きだった。
 また、どちらかというと、潜水艦のような狭苦しく息苦しい部屋のほうが集中して仕事ができた。
 いつから僕は変わったのだろうか?
 回答者の精神科医は「なぜ閉所恐怖症が生じるのかをあまり追究しないことも大事です」と原因追究に釘をさしているが、僕は追究するつもりだ。

 ある頃から僕は「開かれた孤独」という表現を意識的に用いるようになった。
 これがヒントになるかもしれない。
 たぶん、この頃から閉所恐怖症がはじまったものと思われるが、この転換点になにがあったのが、すごく興味がある。

 絶対に「突きとめてやるぅぅぅ〜! (メ▼_▼)(メ▼_▼)( ̄― ̄;)(▼_▼メ)(▼_▼メ)!!」

★12/9(金)、○○県○○市中学校教頭会(教頭18名・○○市教育委員会指導主事1名)の方々が視察研修のために来校。
 「来られ方」には、粗く、2種類ある。(このつづき→【通信・月の砂漠とレトルトカレー】へ)
 
記事のつづきは【通信・月の砂漠とレトルトカレー】へ!





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ
にほんブログ村





さらに詳細な情報は僕のホームページへ!

image1.gif


★ ★ ★
プロフィール
odakasanさんの画像
odakasan
a132e46e.jpg

【Profile画像】
 僕とパートナー。家の売買のことでケンカしたときの絵だ。二人ともプリプリしている、アッハハハハ(*^_^*)。
【ホームページ】
 ★http://www.htv-net.ne.jp/~odaka599/
【棲息場所】
 @夏は八戸 A冬は生野区 Bその他、国内チョイい住み
【人生のテーマ】
 @教育コミュニティづくり
 A知的で楽しい授業づくり
 B僕の存在のカタチと一致するHP&BLOGづくり
【影響を受けた文学者】
 @堀辰雄
image11512241.jpg
 A伊東静雄
 B江藤淳
【趣味】
 @アマ無線 A大型自動二輪 Bお好み焼き修業
【現在の顕著な精神状況】
 @団地ともおロス(重症)
 A手洗い病(発症30年徐々に重症化(ノ△・。)
 B(工事中)
【今、欲しいモノ】
 @新しいパソコン
 ASUBARUレガシーB4

s-160image134.jpg

 B大失速脱出!!記念時計

【好きな現存の男性】
 @高橋大輔
 A橋下徹
 B安倍晋三
 C東尾 修
 D鈴木宗男
 E山口智充
【好きな現存の女性】
 @野田聖子
 A井手麻実

image123.jpg

 B村主章枝

ブログ
プロフィール


最新記事
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ファン