広告

posted by fanblog

google analyticsの文字化けキーワードをとりあえず読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
google analyticsをアクセス解析に使っているんですが、
キーワードが文字化けしている物があるんですよ。
少し調べてみましたが、原因は良く分からず。

少し前はサイト内検索とかで文字化けする、と言う様な事もあったみたいですが、試してみたらそんな事は無く、なんで文字化けしてんねんw

追記:原因が一応分かりました。詳細は下の追記で。
原因は良く分かりませんでしたが、基本的には文字化けしていませんし、たまにしているだけなので、分からないなら分からないでしょうがないかな、と。
いや、また今度調べてみますけど。。w

でも、とりあえずすぐには見つからなさそうなので、一時的な解決方法として、
とりあえず文字化けしたやつの内容を知る、って事をしたいと。

で、俺の文字化けってのは、例えば
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0
こんなの。
%がいっぱいついてるやつ。

ちょっとググっても、こういう事例が見つからなかったのは、俺の検索能力の低さが原因かな、と反省しつつ、とりあえず有名なutf-8なんじゃないか、とか思って、変換してくれるページを探す。

URL エンコード、デコードもできる UTF8/16 変換ライブラリ [ JavaScript ]
ここを見つけた。
今調べてたらこういうとこも見つけた。
Web便利ツール/URLエンコード・デコードフォーム - TAG index Webサイト

どちらも、utf8をデコードしてくれるので、さっきの文字化ケッソをデコードしてみた。

ファンブログ

やはりutf8だったか。見事ビンゴでしたw
どちらのページでもデコード出来ますが、どちらもデメリットを言わせてもらうと、
変換ライブラリの方は、下のボタンでEncodeかdecodeか選んで変換するんですが、どちらかを行うと、逆の方が選択されるため、デコードだけがしたいのに、切り替わっちゃうのが面倒。

Web便利ツールさんは、エンコードとデコード別れてて便利や! と見た時に思ったけど、使ってみたら、デコードって押すと、別ページに飛んでしまう為、結局こっちもデコードを何回もしたい場合は一回戻る面倒臭さがある、と言う感じですね。

どっちでも良いですが、どっちかを使って文字化けしたやつをデコードすれば、google analyticsの文字化け元が何だったか、は分かります。
とりあえずこれで良いや〜って感じですねw

意外と関係ないキーワードばっかでびっくりしましたとさ、めでたしめでたしww


追記:
URLエンコードと文字化けは違う | ここにブログの名前を入れますで厳しめに指摘されてその通りなので追記。

そんでもって、原因が一応分かった(?)のでそちらも報告。
検索結果からサイト流入時にキーワード(q)が2重でエンコードされている現象について - ウェブ検索 公式ヘルプフォーラム

と言う訳で、
キーワードが”文字化け”している理由は、
googleのバグでURLエンコードが2重にされていて、検索キーワードとしては1回デコードしたものを集計しているため、本来のキーワードが1回URLエンコードされている状態でgoogle analyticsで集計されてしまっている、と言う事になるみたいです。

指摘された事を意識して言いなおすと、
キーワードが”URLエンコード”されて集計されている理由は、
〜〜〜
って事ですね。
俺の勉強不足ってのもあり他人を巻き込んでしまって申し訳ない。

ま、原因が分かってもこちらとしては何も解決策がないのが悲しい。
でも、そのうちgoogleさんが解決してくれるんだろうな、と言う感じですね。

このブログの更新情報は TwitterRSS でチェック出来ます。是非、フォロー、またはRSSの購読をよろしくお願いします。
「RSSの購読って何?」って人は、 ブラウザ毎のRSS購読方法の簡単なまとめ を読んでみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
人気記事

PAGE TOP

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。