PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2020年10月06日

買ってきた中古レコードの針飛び対応

yagami-junko-cd-lp.JPG



○○オフで中古レコードを買ってきた。
一律500円の棚からPICKUPしたものである。
1970年代にカセットテープに録音してよく聞いていた歌手の一人「八神純子」のレコードである。







LPレコードのB面を聴いて、次の日、A面を聴いていると、針飛びが発生したのか、同じところを何度も繰り返している。

「あー! ハズレ商品だったのか?」
「こうゆう場合、クレームや返却がきくのか?」

とか思いながらとりあえず、レコードやレコード針がこれ以上痛まないようにレコードプレーヤーに駆け寄ってトーンアームをリフトした。ピックアップをUPしたという方がよいのか?

今まで使用頻度が少なかったので、レコードプレーヤー各部の名称の言いまわしが一定しておらず、読んでる人は混乱しているかもしれない。(私の、文章表現力がお粗末なためです)


レコード盤を注意深く見てみると


2曲目で針飛びと思える現象が発生していたので、2曲目の溝を重点的に見てみると、何やら白いものを発見!

たぶんこの異物が原因だ!
レコードが回転して、針がここまで来るたびに、この障害物が邪魔をして針が飛んでいたのであろう!


それで、この白い異物を取り去ろうと、エアーダスターで吹き飛ばしてみる事にした。
結果:吹き飛ばない、除去できない。

IMG_5051.JPG

【P5E】エレコム ダストブロワー ECO(エアダスター) 350ml 3本セット AD-ECOMT(AD-ECOMT) 目安在庫=○


感想(26件)




爪の先ではぎとろうと考えたが、他の溝を傷付けてしまいそうだ。

【送料無料】NAGAOKA レコードクリーナーセット 静電除去 クリーニングスプレー&レコードクリーナー SP558CL120


感想(2件)





何か、粘着性のあるものではぎ取れないか?


セロテープに引っ付けて異物を除去


しばらく考えて、「そうだ、セロテープではぎ取れるかも!」と思いついた。

セロテープは意外とホコリ取りにべんりである。

携帯電話のフィルム貼りなどには、専用のごみ取シートを使わなくても、細かい糸状のホコリなどが面白いように引っ付いてくれる。

今回の異物は糸状のホコリではないのだが、何とかなりそうな気がしたので、試してみる事にした。

結果は、綺麗に除去する事が出来た。

今回使ったセロテープはおっさんの予想したよりも粘着力が高く、レコード盤を抑えていないと、レコード盤自体が持ち上がるくらい強力だった。

粘着力が強すぎる場合は自分の指にセロテープを押し当てて粘着力を落とすこともできる。ただ、指の油分がレコードの溝に後々どう影響してくるかは何とも言えないが。


いずれにせよ、
レコードに異物が付いて簡単に除去できない場合は、セロテープを使うと除去できる場合がある


というお話でした。





サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索