疲れがたまってきたら!
PICKUP
  1. 1. 渡辺貞夫のコンサートに行きたい
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. 断捨離とカメラと野良仕事
  4. 4. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  5. 5. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  6. 6. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  7. 7. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  8. 8. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  9. 9. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  10. 10. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  11. 11. DLNAとOpenHome
日別アーカイブ
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2021年01月17日

AIMPにはアラームとスリープのタイマー機能がある

aimp-skin-black-onix.jpg

無料の音楽プレーヤーソフトAIMPはスキンの種類が豊富です。本物のオーディオ機器とそっくりのスキンもあってカッコいいデザインも多数あるのでたまーに使う事がある。機能も沢山あってスキンも沢山あるので使いこなせていないのが現状だ。

豊富な機能の一つとしてタイマー機能がある。

タイマー機能

SKINのデザインによってどの場所のボタンを押すかは変わってくるがたいていは「MENU]ボタンを押す。

プルダウンメニューが表示されるので「スケジューラ」を選択。
aimp-nemu.jpg




すると次のような画面になる。
ここからの操作は共通だ。

アラームとして使いたい場合は
「アラーム」のタブを選択し

時刻を選択

時、分、秒の位置にマウスを持って行きクリック

<や>をクリックして所定の時刻をセットする

最後に OK をクリックする

aimp-timer-set.png


同様にスリープ機能を使って指定時刻になったら、ソフトをCLOSEしたり、PCをシャットダウンする事ができる。

関連記事:
気になるプレイヤーAIMPとそのスキン BLACK ONIX 飛行機
気になるプレーヤーAIMPとそのスキン BLACKONIX No.2 飛行機

2020年09月27日

使用電力の見える化

w-202008.jpg


スマートメーターに交換したのをきっかけに電力会社のWeb会員登録をしている。
Web会員に登録すると色々な特典がある。

 ・ 電力料金、電力使用量がWeb画面で確認できる。
 ・ Webで電気代を確認するとPOINTがもらえる。年間600 POINTくらい
 ・ 電気使用量に応じてPOINTが加算されるサービスもある(加入中)
 ・ たまったPOINTで商品券やスーパーのPOINT、携帯電話ののPOINT等に交換できる。


スマートメーター関連記事

スマートメーターがやって来る


スマートメーターがやってきた。交換時に停電は本当になかったのか?


スマートメーター導入と電源のノイズ対策



電力の自由化によって各社色々なサービスで顧客の獲得を図っているようだ。




コスト削減に!ハルエネでんき



おっさんの場合は、auの携帯を使っているのでauでんきにしてPOINTをためる選択肢もあるのだが、とりあえず、今までと同じ電力会社と契約をしている。

会員特典の1つに「電力料金、電力使用量がWeb画面で確認できる」点があり、たまに利用している。


前日の電力使用量や、1時間毎の使用量も確認できる


最近気が付いた点として前日の電力使用量や、1時間毎の使用量等直近の状況も確認できることに気が付いた。
気温との関連性も同時に表示可能だ。

w-20200925d.jpg


さすがに、当日の1時間前は画面上で確認する事はできなかった。


過去1か月の日毎の電力使用量と気温も確認できる


下記は2020年8月分の我が家の例である。

w-202008m.jpg



よく似た条件の家庭と比較する事も可能


下記は我が家と似た条件の家庭との比較である。これをみると、我が家は手の平均的家庭に比べおよそ2倍の電力を使っている事になる。

理由は、本宅と別宅の2件分で同じ電力計を使っているためかと思われる。
よく似た条件の家庭が少ないからかもしれない。
部屋数が多く、電化製品、エアコンが多いのも理由の1つであろう。
それにしても2倍とは!何か対策をして行かねばならないかと思う。

w-near-house.jpg


基本料金0円!使えば使うほど安くなるプラン【Japan電力】




2020年07月18日

複数ブログ運用時の現状とパワーバランスに悩んでおります 

monitor-1307227_1280.jpg


現在おっさんは、複数のブログを持っています。

運用形態としては以下の3つ

 ・ 無料ブログ
 ・ 自宅サーバー
 ・ レンタルサーバー

それぞれ、良い所、残念な所があってなかなか1本に投稿するパワーが絞れない。


なにせ、個人のブログなので毎日記事を投稿したとしても3つのサイトならば、平均すると1サイトあたり10件の投稿しかできません。


ブログの立ち上げ順としては以下順に立ち上げてきました。
 無料ブログ 右矢印1 自宅サーバー 右矢印1 レンタルサーバー

記事数、総アクセス数もブログの立ち上げ順に増えてきています。


1番最初に立ち上げたfanblog


アフィリエイトで小遣い稼ぎができればと、A8の無料ブログ fanblog をはじめました。
月間のアクセス数は3つの運用形態のうちで一番多かったのですがここ最近は2番目の自宅サーバーと同じくらいです。

fanblogは稼げない!とも言われてますが、一番付き合いが長いのでやはり愛着があります。







2番目の自宅サーバーのブログ


WORDPRESSを使って細かな設定ができます。
UNIXコマンドを使ったログ解析もできていいです。

24時間稼働させるため、メンテナンスや電気代、火災などの心配がある。メンテナンスの際には、未熟なスキルのため、1日以上サーバーが止まってしまう事もある。

特に、「サーバー機がハード的に壊れたら?」と思うとぞっとします。
私のスキルと財力では、復旧に1か月以上くらいかかるのでは思います。

データのバックアップ体制は万全だと思うのですが....


3番目のレンタルサーバー


レンタルサーバーと契約するにあたり当初エックスサーバー、カラフルBOX、mixhostの3者が気になってました。私の場合は、価格と性能のバランスの良いところでmixhostを選びました。

月額880円からの高性能クラウド型レンタルサーバー


初めてのレンタルサーバーですが、満足度は80%以上です。


残り20%は自宅サーバーのようにroot権限で何でもいじれないところです。ただ、これは仕方がない。当然と言えば当然ですね。rootで何でもできてしまうと、最悪サーバー自体が使いものにならなくなってしまいそうだし、他の人にも迷惑をかけそうです。

通常、WORDPRESSの操作でブログを書く人にとっては、root権限なんてなくてもいいので満足度80%と言うのはあくまで個人的な感想です。一般の方ならおそらく私以上の満足度となるでしょう。





こちら3番目のブログは、GOOGLEのアドセンスで小遣い稼ぎがしたかったので立ち上げたのですが、コロナ渦の中GOOGLE側の審査ができず、やっと最近審査に通ったです。

アクセス数は非常に少なく当然稼げてもおりません。





各サイトの投稿バランス


気持ち的には、3番目のサイトに力を入れてゆきたいのですがアクセス数が少なく、収益的には1番目のファンブログにおんぶしているような感じです。と言っても自慢できるほどのアフィリエイト収益はありません。

現状は、3つのサイトとも月間の投稿数としてほぼ同数で運用しています。


おすすめ!世界で一番売れているーノートン






2019年11月09日

2019年 Windows7⇒Windows10へアップグレード

UPGRADE_1573282298.png


Audio用PCのOSとして、Windows7を使ってるのだが、Windows10への無償アップグレードは2016年7月29日に終了している。
なぜWindows10にしなかったのかというと、Windows10がリリースし始めた当初は、

・「勝手に知らないうちに勝手にアップグレードされて、ソフトが動かなくなった」
・「勝手にアップグレードしかけて、PCが動かなくなった」
・「アップグレード失敗で修理に出すはめになった」

とマイナスの情報が目立ったからだ。

いろんな、アナウンスや情報はあったとしても、実際にPCを使うユーザーのほとんどは「そんなの関係ねぇー」ということで、データのバックアップがないままアップグレードや新規インストールして痛い目を見るパターンが多かったのではないだろうか?

ほとんどのユーザーは素人なので、素人への配慮が少なかったように思える。

そんなこんなで、おっさんが当時メインPCとして使用していたWindows7はあえてアップグレードは控えていた。

ところが、最近、2019年にはいって、アップグレードできる場合もあるという情報があった(知らなかっただけ)。

さらに、

Windows7のサポートは2020年1月に終了する


Windows7のサポート終了はオリンピックの年!と以前から記憶にとどめていた。
ちょうどいい機会なので自己責任でアップグレードをやってみる事にした。

今あるPCに入っているソフトとデータは極力使えるように!アップグレードを試みた。

バックアップは、WindowsHomeServer(サポート切れ)で毎日夜中に自動バックアップされるので、即、アップグレードの準備。

WHS-backup.jpg


図はアップグレード後のWindows10をWindowsHmeServerでバックアップしている様子


WindowsHomeServerは現在、販売されていないので、バックアップソフトのおすすめはアクロニス ( Acronics ) Acronis True Image

アクロニス ( Acronics ) Acronis True Image 2019 1 Computer TIH2B2JPS




Windows10へのアップグレードは、Microsoft Windows 10 のダウンロードのページよりインストーラをまずインストールしてWindows10本体をインストールする形でアップグレードを進めていった。

最初Windows10のUSBディスクを作ってからインストールを試みたが、その後の手順が少し自身がなかったので、結局、USBなしで、直接アップグレードする方法をとった。

ダウンロードのスピードが以外に早く、測ってたわけではないが1〜2時間以内で終了したかと思う。
PCのスペックは2007年頃のもので Core2Duo 2.7GHz HDD500GB+1TB 4GBメモリ


このPCは作業用PCとしては引退したのだが、音楽用PCとしては現役


・ TuneBrouser サーバー&プレイヤー
・ foober2000  サーバー&プレイヤー
・ AIMP オーディオプレイヤー
・ Audacity 音声編集

などを使用している。

ハイレゾ音源の保管、CDのリッピングと音源の保管もこのPCで行っている。

音源の再生は
@ PC ⇒ Topping D10 ⇒ (FX-Audio Tube-01J) ⇒ 

  Maranz PS7300 ⇒ Elac CE310Jet AudioEdition


と経由し、ダイレクトにアンプから再生するパターンと
➁ BubbleUPnP
B foobar2000
C LINN Kazoo
などで、

D 携帯から再生
E 携帯をリモコン(DMR)としてMarans PS7300+スピーカーで再生

するパターン等、気分次第で変えているが、いちばん利用するパターンは、PCとアンプの前に座って直接操作する@のパターンが多い。


今年もあと2か月足らずだが、Windows7のサポート終了が2020年1月ということもあり、
今後2、3か月はPCの買い替えが増えると予想される。


PoorAudio、中古PC 大好きのおっさんにとっては、型遅れの掘り出し物をGETするチャンスだ!
4世代以降core i5以上で1〜2万円台くらいが欲しい所だ。

ジャンクワールド さんは品ぞろえ豊富で、価格もリーズナブル。

 初心者なら、モニター+SSD+Win10+Office付きがおすすめ。







 おっさんのようなちょいPCマニアなら、小容量のHDD付きデスクトップモデルを買って、500GB〜1TBの比較的大容量のSSDに置き換えたいところ。

ランキング1位獲得! Crucial クルーシャル SSD 1TB(1000GB) MX500 SATA3 内蔵2.5インチ 7mm【5年保証・翌日配達送料無料】CT1000MX500SSD1 9.5mmアダプター付 パッケージ品 お買い物マラソンセール


感想(97件)



2019年11月06日

OS10.15(Catarina)で音声編集アプリ Audacityが起動できなくなった ー続編ー

TEAC-W-790R.JPG



起動ができなくなったMACの音声編集アプリ、Audacity対応は、
ソフトがバージョンアップするまで待とうか!で終わった話なのだが


MAC OS側の不具合も落ち着いてきたので、待ってる間にデータの整理、不要ファイルの削除等おこない、空き容量を600GBくらい確保することができた。

未だに不安なのがFusionDriveのSSDの寿命だ。5年くらいの間に3回くらい大病、瀕死の状態に陥ったが、かろうじて動いている。人間でいうと86歳以上だ。(根拠:DiskDrillのアプリでは抹消率86%と出ていた)

★☆アップル / APPLE Mac mini MRTR2J/A [3600 スペースグレイ] 【Mac デスクトップ】【送料無料】




そうこうしているうちに、気が変わり、何とか動かせないものかと、情報を集めていた。

Audacity が動かない原因は32bit のアプリであるため、64bitが基本のCatalinaでは不具合が発生するとの事で起動できないようにしているようだ。

ところがこんな情報が

「Audacityを再インストールしたら、起動できたよ!」

URLも記載されていたが後で確認しても見つからない。


ちなみにAudacity公式サイトはこちらです。 https://www.audacityteam.org


真似をしてやってみた ⇒ できた ⇒ 起動できた。

確認してみる

AudacityのVersionは2.3.2

ちなみに今までAudiacityのインストール元はSoftnicというダウンロードサイトのようだ。
検索上位に出てたので audacity.softonic.jp のサイトから深く考えずにダウンロードしていた。 audacity.softonic.jp ダウンロード

今回は、audacity.softonic.jp でもなく、公式サイトでもなく 今となっては忘れてしまったURL(サイト)からダウンロードしてきたことになる。質問箱に掲載されてた他のサイトだ。

とりあえず、Audacityの起動ができたので、めでたし!めでたし?
と思っていたら........

オーディオ・インターファイスが機能しない。

・AS372では、録音・再生共 不可AS372.JPG


・DigiFiのADC,DACでは、PCからの再生のみ、Caset DECKからのLINE入力は機能しない。DigiFi-ADC-DAC.JPG


色々試してみたのだがうまく動かない。
Audacityを使用せずに、PCからUSB接続しDACとして使うだけなら問題ないのだが。

やはり、公式ページのアナウンスどうり動かないようだ。
気長にバージョンアップを待つしかない。





2019年11月05日

MACで特定のアカウントで標準アプリが使えなくなった

5140-trouble.png


OSを10.15.1(Catalimna)にしたころから、しばらく調子よく使えていたMACが不調になってきた。
2,3日前まではメモ、Safari,カレンダー,写真など標準装備のアプリが起動時にエラーを起こして全く使えない状態が続いた。

OSのせいだろう!と思いUPDATEを気長に待とうか!と思っていたのだが。
色々調べたり、検討したりして、特定のアカウント、といってもいつも使っているアカウントなのだが、ある特定のアカウントでログインした時のみ、標準アプリが使えないことが分かった。もう1個のアカウント者では標準アプリが問題なく使えるのだ。

対応法のポイント だけ述べると


@ 管理者アカウントでログインして、新規のアカウントを作る

➁ 管理者アカウントでログインして、タイムマシン(または不調のアカウント)から、新規のアカウントへデータのみコピーする。

全てのフォルダをコピーしたのでは、不調の部分もコピーしてしまい、意味がない。(狭い意味の)データだけをコピーするようにしましょう!

タイムマシンの場合は
/Volume/アカウント/各フォルダ(Music、Photo、Documentsなど)

不調アカウントからの場合は
/users/不調アカウント/各フォルダ(Music、Photo、Documentsなど)

B Aではファイルやフォルダの所有権が原因でコピーできないことがある。
ターミナルソフトを使ってsudo、su、chown、cp -r などのコマンドを使ってDISKのあき容量を確認しながらフォルダー単位でコピーする。


なお /users/不調アカウント/Library はコピーしない
たぶん、このLiblaryがおかしくなってしまったんだと思う。


リスクも伴い、ちょっとハードルが高いと思います。 


LinuxOSの知識がある方は良いのですが、初心者の方にはおすすめしません。自己責任でお願いします!


C 標準アプリ以外のアプリ、ソフトは再設定、再インストール。






ほとんどのアプリ本体は、/Liblaryの中にあるようで、ロケットマークのアイコンをクリックすると、各アカウント毎の設定が/users/アカウント名/Library に登録されるみたいなイメージだ!

購入したソフトならライセンスキー、外部のサービスを受ける場合は、ログインIDやパスワードを再入力する。

NETから、ダウンロードしてインストールするという事は少ない。

D 手作業が多く、間違いやすいので、起動確認は念入りに行う。


E 問題なければ、不具合のあるアカウントを削除する
(怖いので、まだ削除してない)


ポイントの中のポイントはBの項目
所有権でアクセス制限のかかっているフォルダのコピーがいかに間違いなくできるかだ。


今回のやり方よりもっと早くて、簡単、安全な方法があるのかもしれない。
とりあえず、今の所順調に動いている。



2019年10月22日

fanlogのアクセス解析でキーワードが表示されるようになった?

580-serch.png

このブログの母体ファンブログにはアクセス解析の機能がある。
よく使うのは、日別、ページ別、時間別だ。
一番使わない項目は、キーワードだった。

というか、今まで機能していなかったように思える?(仕様なのかもしれない)
今まではキーワードの件数は表示されるのだが、肝心のキーワードは表示されなかった。

こんなもんなんだ!と中ばあきらめて、割り切って他の使える機能を使っていたのだが、本日、何気なしにキーワードのアクセス解析をクリックしてみると、初めて検索キーワードが3個表示された。

検索キーワードが3つでそれぞれのアクセス数は1件、検索キーワード総アクセス数は合計32件、
  
改造 -------- 1件
topping ---- 1件
d10 --------- 1件
合計 ------- 32 件

でもよくみると、全ての検索キーワードが表示されるわけでもなく...
1件しかないので最初の数件だけ表示し、他は省略するのはプログラムの仕様なのだろうか?

試しに10月分だと表示された検索ワードは5件で合計250件くらい
という、まだまだ弱小ブログである。
サイト内 検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
サイト内 検索