PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
写真ギャラリー
投稿順(記事順)に表示されます。 気になる写真をクリックすれば、その記事が表示されます。
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2019年05月05日

Made in PRCはどこの国

made-in-prc .jpg


先日HDMI切替器を購入した際、1発では動かなかった。

HDMIケーブルの疑いもあるのか?と思い、調べてみた。使ってるHDMIケーブルの中に

「4Word HDMI Cable High Speed with Ethernet D01077 Made in PRC」 とかかれたケーブルがあった。

Made in PRC って何?

調べ見ると、

中国の正式な国名 People’s Republic of China

で、頭をとって、略して PRC とういうことらしい。

Made in Chainaと言うと、安いけど、不良品が多い、品質が悪いのイメージがある。
でも、安いから、今まで高嶺の華だった、DAC,デジタルAMP、GoProもどきや、LEDプロジェクター、ドローンなどが手に届きそうな値段で手に入れられる。そんな場合は、少々品質が悪くてもあきらめがつく。

噂によると、
品質の悪いイメージを払拭しようと、意図的にMade in RFCを近年使い始めたという話も!ある。

サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索