PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
写真ギャラリー
投稿順(記事順)に表示されます。 気になる写真をクリックすれば、その記事が表示されます。
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2020年07月11日

Digifi13(2014年)号 アンプのボリュームSWがおかしい 続編

digifi13-hole-after.JPG


昨年同タイトルの記事で「ボリュームSWの「ー側」を押すとへこんだままロックされてしまう」不具合についてレポートしている。


DigiFi13(2014年)号 アンプのボリュームSWがおかしい

タクトSWが悪いのではないか!


と結論付けた形で部品を購入し、ずっと放置状態だった。


その間の暫定対策は、ソフト側の調節で音量を上げ下げしている。


物理的なボリュームSWは使わずに、ソフト側の調節で音量を上げ下げしている。
たまに、今までの癖で直接物理的なボリュームSWで音量を上げ下げしようとすると、ボリュームが0にロックされ音が出なくなってしまう事がよくある。


改めてボリュームが0の時のタクトSWの状態を見てみると、ケース穴の上部に部品の一部が接触して動きが制限されているようだ。ここまでは前回と同様である。

tactsw.JPG



しかし、よくよく見てみると、タクトSWを押し込んだ時に0.5mm以下でわずかながらSW本体が後方へ追いやられてアクリルケース内側とタクトSWの接触面との間の隙間が少し広がる。

tactsw-fpnel.JPG



そして、ケース穴の上部に、タクトSWのシャフト上部が当たって身動き取れなくなってるように見える。

タクトSWのシャフト用の穴がセンターよりずれている。ズレとしては0.5mm程度なのだが、それでも接触してしまえば不具合が起きてしまう。


結果的には基板取付穴とタクトSWシャフト用穴の穴あけ位置の精度、ズレの問題だと思う。
しかし、0.5mm以下の精度で穴あけするのは至難の業だ。

とりあえずアクリルケース全面のタクトSW用シャフトの穴をもう少し広げてみようかと思う。
穴の直径を大きくするか、上方向に0.5mm程度伸ばして小判穴にしてみようかと思っている。


基板を取り付けるスペーサーの穴の精度によって基板とアクリルケース全面との隙間にズレが生じ、加えてアクリルケース丸穴の精度によってタクトSWのシャフトがアクリルケースの穴に接触し身動きが取れずロックしてしまったと推測される。


アクリルケースのフロント側の穴を広げる


加工前   |   加工後

hole-before.JPG
hole-after.JPG


穴の加工は棒やすりで、上方向にやすり掛けしながら広げていった。

IMG_4501.JPG



自分の癖でどうしても、形がいびつになってしまい何度も修正しながら形を整えていった。

ミネシマ H-14 クラフトヤスリ 5本組 H14


感想(1件)




DS-08 ダイヤモンドラインヤスリ 0.8×100mm


感想(1件)




途中、アクリルの削りカスが出てケースにへばりついてしまう。そんなときは、エアダスターを吹きかけてやれば、意外と簡単にカスが吹き飛んでくれる。


基板や部品にへばりついたほこりはエアダスターで


基板や基板上の部品にへばりついたほこりはエアダスターで思ったよりきれいにとれる。

ちょっと見ずらいけど、画面中央下 W400 と書かれた周囲のホコリが吹き飛ばされてます。
綿棒やティッシュだと、繊維が残ってしまいそうです。

↓ 動画 ↓
air-duster.jpg

意外であった!さすがエアダスター


IMG_4500.JPG

エレコム AD-ECOMT ダストブロワー 「ECO(エアダスター)」 350ml 3本セット


感想(2件)




最後に基板をセットしなおして、具合を見てみる。
ボリュームSWの引っ掛かり、ロックもなく調子よさそうだ

2019年10月08日

DigiFi13(2014年)号 アンプのボリュームSWがおかしい

tact-front.jpg


PCのデスクトップ・オーディオとして、DigiFi13(2014年)号付録のアンプを使っているのだが、最近調子が悪い。

ボリュームSWの「ー側」を押すとへこんだままロックされてしまう


「ー側ボタン」がへこんだままロックされると、音量は0になってしまう。+(VolumeUP)のボタンを押しても、すぐにー側ボタンが連打、長押しされた状態となり、最終的に音量は0になってしまう。

ボリュームSWにはタクトSWが使われている。タクトSWは信頼性が高く?マウスのボタンにも使われているがやはり、長時間使っていると、壊れる。

オーディオ機器では、ボリュームは人間が一番よく触れる部分であるので、故障しやすい部品のNo.1だ。
そう考えると、おっさんの所有したSHARP 1bitAMP、MARANTS PS7300、ONKYO A817-EX、そして今回のDigiFi13(2014年)号と全てボリューム故障、不具合だ。


対応としては


タクトSWを交換するしかなさそうだが、おっさんの思っている伏型の一般的なタクトSWとは異なり、縦型だ。
tact-vertical.jpg


手持ちのタクトSWはこんなのしかない!
tact-fuse.jpg


タクトSWと言えばALPS製しか思い浮かばなく、NETで検索。
伏型はたくさん出てるが、縦型は少ない。

よくあるのは、下記のような伏型

タクトスイッチ2足<6mm×6mmスイッチ 高さ9mm>10個<1sw-219>



縦型はありそうだが、補強する板のようなものがない。

<タクトスイッチ2足販売・通販>タクトスイッチ2足<横押しタクトスイッチ2足 6mm×6mmスイッチ 高さ7mm>10個<1sw-228>




それに、10個200~500円+送料600円前後でTOTAL700~1000円。
Poor Audioはつらいよ!
送料無料で600円以下だと海外製、海外発送で15~20日くらいかかる模様。

あきらめかけていたら、楽天でよさげなのが見つかった。
形も、サイズも何となく似てそう。
APLPS製、税込み10個で700円以下。納期:1~2日

メール便OK ALPS アルプス SKHHLQA010 10個入 タクトスイッチ SKHCシリーズ

価格:418円
(2019/10/8 06:52時点)
感想(1件)




上記、メール便なので、宅配便より送料が安いみたいだ。
PoorAudioなのにサイズを正確に測ってないのが、気がかりだが、大丈夫の方に期待して、ポチリ!

2019年09月21日

MARANTZ PS7300 デジタル入力のSPECの疑問と実験

ps7300-96k.jpg


PS7300のDIGITAL入力のSPECが、未だにモヤットとした状態が続いているので再調査をした。特にサンプリング周波数ビットレートについて実験してみた。

本機の主な特徴では

32bit最新DSPを搭載
・192KHz/24bitDAコンバータを全チャンネルに採用
と説明書に記載されている。

仕様のページでは

デコーダ&プリアンプ部
再生対応信号フォーマット...................PCMオーディオ
(fs=32 KHz,44.1KHz,48KHz,96KHz)
と説明書に記載されている。

視聴環境

PS7300のDIGITAL入力の性能を見たいので、デジタル出力の可能なTopping D10とサンプリング周波数、ビットレートの変更が可能なTuneBrowserを組み合わせてTESTしてみる。

・再生SOFT TuneBrowser
 サンプリング周波数や量子化bit数が変更できる

・DAC Topping D10
 DIGITAL OUTPUT端子にCOAXIALケーブルを接続
D10-d-out.jpg


・AMP Maranz PS7300
 DEGITAL入力端子にCOAXIALケーブルを接続
 DACはCS4382
PS7300-d-in6.jpg

・CD(DVD)プレーヤー Pioneer AV-600
 DIGITAL OUTPUT端子にCOAXIALケーブルを接続

・音源
 @CDから直接PS7300にCOAXIL接続
 ACDからTuneBrowserで44.1KHz/16bitのflacファイルを作成したもの。COAXIAL接続

TOPPING D10 USB DAC トッピング D10 ライン光同軸出力 XMOS(XU208) ES9018K2M OPA2134 MINI USB スピーカ オーディオアンプ デコーダ 高音質 アンプ


感想(1件)




TEST結果

PS7300のDIGITAL入力の実質的な対応レートは次のような結果となった。

192KHzでは再生できない

192KHz/24bitDAコンバータ採用と書いてあるので192KHzを試してみたが、どう頑張っても再生できない。
再生対応信号フォーマットがMax96KHzとなってるので、ハード的に可能であっても、内部ソフト的にNGなのであろう!

96KHzで再生は当然可能!

上記のように、条件を満たしているので、正常に再生できた。
CD(16bit/44.1KHz)の音と比べると、空間的に広がったような気がする。96KHz/24bitでのflacファイル再生の方が良い音のように感じた!

32bitで再生できたのは意外!

DSPが32bit対応と書いてあたので、32bitでのUPサンプリングを試してみたら、あら、ふしぎ!音が出る!DACの仕様は192KHz/24bitで24bitが最高のはずなのに?

CD(16bit)の音と比べると、flac 16bit⇒32bitという先入観もあり、音が緻密(ちみつ)になったような気がする。96KHz/32bitでのflacファイル再生の方が良い音のように感じた!
TuneBrowser-sampl-rate.jpg



関連記事
AVアンプ マランツ PS7300

2019年08月21日

MARANTZ PS7300 SPEC

PS7300情報
PS7300-spec.jpg
タグ:PS7300 SPEC

2019年08月01日

ONKYO A817EX いまだ不調

ONKYO A817 EXはいまだ不調だ。

A817EXは1988年製バブル期のアンプで、結構評判がよさそう!
かなり、凝った作りで、金もかかってそうです。
当時79800円で、他社でも同等のプリメインアンプがしのぎを削っていたようで?(おぼえてない)、798戦争と言われているらしい。


重さ、20.3Kg。すごい思いです。筐体は、アルミではなく、鉄製です。


本体の底の部分にXスタビライザーという鉄製?6Kgのおもりがついてます。
A817-hex-bal.jpg


電源部は、他と構造的に分離されています。
トランスは重さ5KgのEIトランス、高級機に使われているトロイダルトランスではありませんが、電源を入れた瞬間、蛍光灯が一瞬消えます。それくらい、パワーがあると勝手に思ってます。


ブロック電コンは15,000μFが2本。最近の高級アンプは中〜大容量のコンデンサを10本前後並列接続して使ってるものが多いようだ。
A817-Power.jpg


中古でも数千円~3万円くらいで、売られているようだ。






続きを読む...

2019年07月19日

いまさらながら、TUBE-01Jについて

tube01j-blak.jpg


FX-AUDIO TUBE-01Jを購入して1年くらいたつかと思うが、いまさらながらではあるが、レビューをしてみたいと思う。

情報収集


ホーム―ページには次のように書かれてた。

FX-株式会社ノースフラットジャパンは、FX-AUDIOブランドの新製品として真空管プリアンプ「TUBE-01J」を発売します。
2016年6月12日より、当社直販サイトでお求めいただけます。

AUDIO-ブランド世界共通モデルの『TUBE-01』から音質と利便性を向上させるため、
回路設計を新たに強化し、日本専売モデル『TUBE-01J』として新たに販売いたします。


NFJストア ヤフーショッピング店 の商品紹介TUBE-01(Jなし)に、こんな記載がありました。

【PCB基板】高級オーディオ製品に採用されている銅2oz配線のFR-4材の金メッキ基板を採用


通常のプリント基板の1feet(フィート)四方当たり1oz(オンス)銅箔の厚みは35μm(ミクロン)であるが、TUBE-01Jでは2oz、70μmの厚みとなっている。これにより、電源の安定化や、ノイズに対して有利になると思われる。どれだけ効果があるかは、不明だが、こだわり!という点では納得。

特に大電流の流れる、PCの電源UNITなどの電源基板では、重要になってくる。

FX-AUDIO- TUBE-01J『ブラック』本格真空管ラインアンプ




『リユース品』DC12V/1A スイッチング式 汎用ACアダプター センタープラス/内径2.1mm





【製品仕様】

•電源:定格電圧DC12V 電流1A以上推奨 ※ACアダプター別売
•電源コネクター:外径5.5mm 内径2.1mm (センタープラス仕様)
•歪み率:0.1%以下 @BW:20Hz-20kHz
•SN比:約100dB @1kHz
•周波数特性:20Hz-35kHz (50Hz:-0.2dB/150Hz-3.5kHz:0dB/20kHz:-0.2dB)
•出力基本インピーダンス:600Ω
•機能:ゲイン切替機能(0dB・-6dB)フロントパネルトグルスイッチ
•最大出力:2800mV

真空管の魅力

真空管による増幅は、特に偶数倍の高調波歪が増える。
1KHzの信号なら2、4、6、8KHz

一方トランジスタによる増幅では奇数倍の高調波歪が増える。
1KHzの信号なら3、5、7、9KHz

歪っていうのは、アンプ本来に役割としては、X(バツ)なのだが、奇数次の高調波は少しの量で、人間にとって不快と感じ、偶数次の高調波は、それほど気にならず、逆に、音の広がりや厚みを感じるらしい。(受け売り)

とゆう事で、真空管は、人間にとって心地よい、聴きやすい音になるそうだ!


デジタルアンプTopping TP22には入力切替のSWが付いているので、真空管アンプを通した音と、通さないDIRECTな音を一瞬で切り替えができる。真空管ラインアンプを通すときと/通さない時の音量をそろえて聞き比べしたのだが、正直なところ、私の、ヘボな耳では、悪くはないが、すごくいいとも思わなかった。

けど、世の中の評判通り、いい音と思い込んで?TUBE-01Jを聴いてみると、確かにいい音にも思えてくる。


それと、真空管はヒーターがほんのり赤くなるところが また、音も温かいような、心を和ませてくれる。


そうゆう意味では、JAZZとか聞くのにいいんじゃないでしょうか。


Amp-Volume.jpg



2019年07月09日

デジタルアンプはハイレゾなのか?

Hi-res-logo.jpg


デジタルアンプは少スペース、高効率なので、TVの音声回路や、中華AMPで多く使われている。

ところで、ハイレゾというと24bit 96KHz以上の量子化ビット数、サンプリング周波数が必要条件と理解している。

◆◆◆続きを読む
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索