PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
写真ギャラリー
投稿順(記事順)に表示されます。 気になる写真をクリックすれば、その記事が表示されます。
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2020年03月09日

3月9日といえば! レミオロメン

butterfly-1127666_1280.jpg

Ronny OverhateによるPixabayからの画像

白いちょうちょを1匹見かけました。
毎年この時期になるとこの曲が聴きたくなります。

Remioromen Official YouTube Channel


この曲は、元々メンバーの友人の結婚を祝う為に作られた曲だったそうです。
いつしか卒業式の定番ソングに!
PVでは卒業式と結婚式の場面が出ています。

Music VideoはShot versionなので、途中で曲がフェードアウトします。


【PR】

【中古】邦楽CD レミオロメン / 3月9日【エントリーでポイント10倍!(3月11日01:59まで!)】




寂しいような、悲しいともちがう、心にしみる春の歌です。







タグ:3月9日

2019年06月27日

Daft Punk RANDOM ACCESS MEMORIES 中古CD発見

jacket.jpg


以前から欲しかったDaft Punk RANDOM ACCESS MEMORIES

BOOKOFFで嫁の本を売りに行った待ち時間に発見した!

新品だと思ったより高いですね。数千円ていうのもあるようで、でもどうしても欲しい人には、コレ!

【楽天ブックス 輸入盤CD】

【輸入盤】Random Access Memories [ Daft Punk ]




その中でも、好きなのが
6曲目 LOSE YOURSELF TO DANCE

 feat.ファレル・ウイリアムスの高音とナイル・ロジャースのギター。
 
 ’60-’70年代のDISCOのけだるそうなノリがいい。



 カモン カモン  カモン  カモン.. カモン  カモーン  が印象的。

 スピーカーの右から左、左から右へと、カモンがこだまするところが、
なんとも.....



8曲目 GET LUCKY

 6曲目と同じ組み合わせで、feat.ファレル・ウイリアムスのボーカルとナイル・ロジャースのギターがかっこいい。ノリのいい曲。

音楽評論家じゃないので、洒落たコメントができないのがもどかしい。
でも、所詮、音楽を文字で表現するには、限界があるのも確か。



YouTube vevo にリンクしました。違法性はないと思うのですが、間違ってたら指摘をください。

2019年03月07日

TSUTAYAのレンタル方法が変わってた

久々に、ツタヤのレンタルCDのコーナーに行った。

漠然とSACDってあるかなー。
SACDは見つからなかったが、DAFT PANKのアルバム「Random Access Memories」があった。

ちなみに、Daft Pank Get Lacky林先生もYoutubeで出演してます。
「Gets!」のダンディー坂野 、振付師のLucky池田も出演してます。

Daft Pank借りたい、でも受付が........
  セルフレジ? おおっつ!!

おっさん、知らなかった、いつから変わったのか知らないが、遅れてるーう??

カウンターでもレンタルできるのだが、1Fに下りないといけないし、ちょっと恥ずかしいし、セルフレジもやってみたかったのだが、嫁と一緒で、諸事情もあり、その日は、手ぶらで帰った。

人手不足なのか、業務の効率化なのかわからないが、だんだん、おっさんら中高年は世の中から置いてゆかれるような、気分になった。

おっさんも、昔は、若者だったのだが。

時代の流れを感じた日であった。

2019年02月22日

SACDを聴く  肝心の音は

おっさんのPoorAudioの環境をおさらい
アンプ          MARANZ  PS7300
SACD(DVD)プレイヤー  PIONEER  DV-600AV
スピーカー  
   フロント:ELAC   CL310JET AudioEdition
   リア  :TANNOY  Murcury M2
   センター:B&W CDM-CNT
音源 aiko mood indiogo
再生 マルチCH再生(5.0CH)


すべて中古のPoorAudioです。
アンプ6万、SACD(DVD)プレイヤー1万、スピーカー(8+2+3)=13万
総額約20万円のシステム、新品なら40〜50万円って所でしょうか?

あっ サブウーファーめんどくさかったので、つないでません。5.1CHではなく、5.0CHとなる。
Pure Audioといいつつ、アバウトなおっさん!
前後左右の、バランス調整も行ってません。

音は、先入観もあってか、いい!
マルチCH再生は5.1CHの映画を想像していたが、臨場感が違う。
映画では、後ろのスピーカーははとんどならず、アクションシーンで、飛行機が前方⇒後方へ飛び去るときなどに初めて音が出た感がおおきい。
SACDマルチCHでは、今回の音源の場合、

2曲目のStaight No Caserでは、
ボーカルは正面〜前方向。真正面ではなくふわっと前方向から出てる。
ピアノ、ベース、ドラム(パーカッション)は正面〜前方。
サックスは、なぜか、左後ろからほぼ常時(70~100%)音が出ている

全体的にJAZZクラブで聴いているような感じでLIVE感がある。

ちなみに2CH アナログ出力では、左後ろから聞こえていたサックスの音は、かなり引っ込んでいる。
なお、2chでの録音と、マルチCHの録音は別々の人が行うという情報があった。

確かめてみると、
sacd-Masterd.jpg
確かに、2chMulti-chでMasterする人が違ってる。


【広告】中古SACD aiko mood indigo

【中古】 Akiko (Jazz) アキコ / Mood Indigo 【SACD】

価格:972円
(2019/2/22 03:57時点)


タグ:マルチCH

2019年02月12日

SACDを聴く プレイヤー、アンプの設定

SACDを聴くためのプレーヤーとアンプの接続は前回のべている。
接続が終わったら、プレイヤーとアンプの設定に入る。

おっさんのPoorAudioの環境をおさらい
アンプ          MARANZ  PS7300
SACD(DVD)プレイヤー  PIONEER  DV-600AV


SACD(DVD)プレイヤーの設定


SACDプレーヤーの設定画面をTVに映せるようTV側を入力切替

リモコンで初期設定画面を表示する

(操作)
   リモコンの「ホームメニュー」 をおして

   +初期設定


rem-homemenu.JPGsacd-home-init.JPG



SACDをマルチCHで再生するよう設定





(操作)
   +オプション

   +SACD再生

   +マルチchエリア

op-sacd.JPG



音声出力を5.1チャンネルに設定
 (設定しなくてもいいかもしれないが、念のため)



(操作)
   +スピーカー

   +音声出力モード

   +5.1チャンネル

sp-audout.JPG



アンプの設定


入力を 7.1CH INPUTにする 

入力ソースをDVD(SACD)以外切り替えても音声は常に5.1CH(7.1CH)になる点、注意!

入力を他の音源にするには7.1CH INPUTを解除する必要がある。

解除するには7.1CH INPUTのボタンをもう一度押す


amp-71ch.JPG



2019年02月09日

SACDプレイヤーとアンプの接続

sacd-amp-rear3.jpg

おっさんのPoorAudioの環境は、
アンプ          MARANZ  PS7300
SACD(DVD)プレイヤー  PIONEER  DV-600AV


おっさんの環境で極力、純粋にSACDの音を聴こうとした場合、

プレイヤーとアンプはRCA音声ケーブル6本(5.1ch分)で接続することになる

音声ケーブル2本(L+R)でも視聴することは可能

SACDの場合、デジタル音声出力端子(Coaxial,光)からアンプに接続しても音は出ない。
(実際音が出なかったので説明書で確認した)
その理由は、デジタルでの不正コピーを防止するための仕様?であろう。


sacd-multi.jpg


最新のモデルでアンプ、プレイヤーともHDMI端子が付いている機種は、HDMIカーブル1本で簡単に?SACDが聴けるようなことも書かれていた。

HDMI規格は不正コピーを防止するためのしくみが整っているため、デジタル音声出力が許可されたといえる。


いざ!接続!



説明書によると下記のように接続する。

sacd-conection.jpg

おっさんのPoorAudio(プあオーディオ)のSACDは7.1CHは無理。5.1CHでの出力がMAXなので、図の破線部分の接続はしない。

sacd-dvd-rear.JPGsacd-amp-rear3.jpg


音が出ない場合に検討したことは
【余談ではあるが】
説明書を見ないで接続したので、最初リアスピーカー用にはSBL,SBLRを接続してたが、まったく音が出なかった。

また、接続部分が硬くて音がでないようにも思えた。再度、しっかり、かなり強引にピンを押し込んだら音が出た。

音がでてるかどうかのチェックには、DVDを再生して確認した。
最初は、人のセリフがほとんど聞こえなかった。センタースピーカーから音が出てないためだった。おそらく、ピンの差し込みが浅かったためだと思う。AVアンプは隣のピンとの距離が近く、接触不良をしてたのかと思う。

リアスピーカーから音が出ない件は、たぶんAMP側の SL,SRにつなぐべきピンをSBL,SBR
につなぎまちがってたためだ。

あとの祭りだが、説明書を見てみれば、たしかに!ふむう!


アンプ側の設定、プレイヤー側SACD(DVD)の設定は後程

2019年02月08日

SACDってあまり聴かなくなった

sacd-mark.jpg


最近はNETーAUDIOばかりで、「CDやSACDをプレイヤーにセットして聴く」なんてことはめっぽう、少なくなった。

おっさんの場合はSACDプレイヤーのプラグも配線も抜いてあった。
プレイヤーは Pioneer DV600AV


配線しようと思ったのだが、AVアンプとTVの配線が複雑というか、訳が分からない状態になっている。

AVアンプのDIGITAL音声入力は6系統

これを、どの入力として割り当てるかはAMPのビデオ出力をTVに接続して確認する必要がある。
TVの入力切替もまた、どの端子を何の名前(例えばAVアンプと表示される)とするかを登録しておく必要があるのだが、AVアンプの設定画面が表示されない。

結局のところ、SACD(DVD)プレーヤーの設定画面とAVアンプの設定画面が出せない(状況がわからない)ので音も出ない。

接続については、ぼちぼち対応することにして、

SACDの話にもどると

sacd.jpg


SACDは最近はやりのDSDで録音されている



DSD録音されたSACDをPCでリッピングしてNASにコピーしてNET-Audioで聴く


なんてことができればいいのだが、おっさんの知識と環境では、できない!


そもそも、一般人?は
SACDのPCへの(デジタルのままの)コピーは絶対できない!

と言う話を聞いた(読んだ)ことがある。


知識としては
SACDは不正コピーに対するプロテクトが厳格

はるか昔?DVDプレイヤーの基板設計にかかわっていた頃、

SACDの規格?なのかHDMIの規格なのか忘れてしまったが、不正コピーにかかわる信号を処理するICの周辺に動作チェック用のTESTPINを配置することは許されてなかった。

テストピンやテストランドがあれば、マニアはそこから配線、半田付けして回路を組みデータを不正コピーすることが可能と想定されるためだ。

環境としては
(1)SACDプレーヤーからのSPDIF信号を何らかの変換をして(D/Dコンバータ?)PCに採りこみDSDファイルを作る環境?


(2)SACDのdISKをPCにセットしてDSDファイルを作る環境?
 そもそもPCのドライブがSACDに対応してない、SACDのロゴがないので不可能だと思うのだが? 

タグ:DSD SACD
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索