PICKUP
  1. 1. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  2. 2. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  3. 3. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  4. 4. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  5. 5. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  6. 6. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  7. 7. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  8. 8. DLNAとOpenHome
  9. 9. スピーカのバイワイヤリング
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2019年04月20日

AVアンプの光入力端子が足らない ー場合ー

amp-digital-in.jpg


AVアンプマランツ PS7300で、光:3、同軸:3の入力端子に対し、下記のように割りあててある。

1. STB(ケーブルTV用) 光入力
2. BD     光入力
3. APPLE TV  光入力
4. DVD    同軸入力

6系統のDIGITAL入力のうち、DIGITAL IN 1〜3の光入力は既に埋まっている。

TVの音声出力を聞こうと配線をしようとしたところ、光端子が埋まっていて使えない。すでに光入力を使用しているSTB、BD、APPLE TVにはは同軸デジタル出力には対応していない。

そこで、
そこで、光⇒同軸コンバータという機器があるのだが


audio-converter.jpg


TVからの音声出力を光⇒同軸変換してアンプ側未使用の同軸入力端子を使う事ができる。

入力側端子とスイッチ      出力側端子と電源

input-side.JPGoutput-side.JPG


Tendak デジタルオーディオ コンバーター という機種。
中国製だ。別のブランドで、ほぼおなじ機種も見受けられた。おそらく製造元は同じなのでなかろうか?


類似商品

この機種のいいところは
入力は光、同軸どちらでも可能である点。
ただし、入力はSWによって光または同軸のどちらかをを選択する形となる。

そのため汎用性、拡張性が高い。たとえば、今回は光⇒同軸変換だが、同軸⇒光変換が必要になった場合も、SWに切り替えだけで、新しく変換器を購入する必要がない。

tv-usb.jpg

電源は
別途5VのUSB電源が必要だ。おっさんの場合はTVのUSB端子が2個あるので、試しにつないでみたらうまく行った。


USB2 USBハブと書かれた方にコンバータの電源としてUSBケーブルを接続。くれぐれも、USB1録・再専用
と書かれた方にはつながない。


あとは、耐久性、故障がどうなのかだ。ちなみにこのブランド?は1年保証と書かれていた。


コンバータを使ってみて気づいた点

・気のせいかもしれないが、音のレベルが全体的に小さくなったような気がする。

・TVの電源がOFFになってもコンバータの電源は入ったまま。
これはTV側の仕様によるものだと思うが、都合のいい予想どおりにはならなかった。

アンプとコンバータの接続には、新しく同軸ケーブルを購入した。
かっこよくて、性能のよさそうな見た目で購入。800円くらい。

同軸(Coaxial)ケーブルを使ってみて気づいた点

・ヘビのうろこのような、質感がいい。高級そう!

・アンプ側、コンバータ側とも、ケーブルとの勘合があまい。配線見直し等で、不用意にさわってしまうと、簡単に簡単に抜けてしまいそうなので、注意が必要だ。

output-cable.JPG





この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8738817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索