PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2019年04月17日

SONY TV ファンフィルター交換するも結果むなしく

w5000-all.jpg

SONY 40W5000TVが壊れたっぽい!」で先日投稿しているが、
10年以上たってるので、壊れてもともと!、直ってもうけもん!と思い、分解してみる事にした。

おっさんには、成すすべが無い。赤丸部分のスポンジが劣化してぼろぼろになってたので、気晴らしに交換してみる事に。

filter-before.JPG
fan.JPG


左上写真 ぼろぼろのスポンジをもぎ取ると、FANが付いている、これはクッションとしてのスポンジではなく、放熱のためのFANフィルターという事が初めて分かった。

なので、なるべく、今のと同じ材質、密度の方が無難と思い、フィルターの調達に、ホームセンターへ行った。BESTなものはなく、税込み90円の隙間テープをとりあえず買ってきた。

NGがもともとのスポンジ。素材の候補として、
@AはPCのマザーボードに入っていたクッション材、
Bはホームセンターで90円(税込み)で買ってきた隙間テープ。

結局、密度の似通った素材A(マザーボードのスポンジ)を使う事にした。
スポンジとfanボックスは、粘着性の両面テープを使い、貼り付けた。穴の開いた部分をふさがないよう(空気の流れを遮断しないよう)注意して貼り付けた。

fan-filter-material.jpg


filter-before.JPG
filter-after.JPG

左が交換前      右が交換後


交換後数日ぶりに電源をつないでみると、
おー! TVが点いた。 えが でた!

と喜んだのだが、1.2時間立つと、横線のノイズが目立ち始め、再度電源を入れてみると、画面が、出なくなってしまった。

結局、ぬか喜びだった。

でもいろいろ、ためになって、充実感、達成感?があった。


40〜43インチのTVがほし〜いイ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8731032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索