PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2020年10月30日

50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当

ep-son-gokuu.JPG



併設運用サイト:PoorなPure Audio Site 21960年代のアニソンからの流れもありーの、レコード関連クリーニングの第2段。

関連記事:
なつかしい、NHK FMで1960年代のアニソン。らじるらじるでも聴ける
amime-goguu-lo.JPG



関連記事:レコードクリーニングの第1段
レコードプレーヤーのゴムシート清掃 飛行機
tuen-table.JPG




50年くらい前のレコードを水洗いしてみた。
発売年は ’67.3 と書いてあるので、正確には53~54年くらい前のレコードだ。

テレビまんが、「悟空の大冒険」のテーマ曲を収録したレコードでである。
おっさんは、そのころ小学生。リアルタイムでこのアニメを見ていた。

PoorなPure Audio Site 2 の流れもあって、少しだけ真剣にこのレコードを聴いてみようと思ったのである。
50年以上前で、保存状態もめちゃくちゃよくもない。

実際に聴いてみると。良くも悪くも当時の録音だなーと感じた。
気になったのは、ポツ、ポツ ノイズ

せかっくなので、レコード盤の水洗いクリーニングをやってみた。
大ざっぱな性格なので、食器用洗剤の原液を手に取って、レコード盤にその手に着いた洗剤を少々塗って、あとは、指を使って水で薄めていった。

良い子は、まねしないで下さい。本来なら、別の器で水と洗剤を入れよう混ぜた液をㇾコード盤に塗っていくか霧吹きでふりかけた方が良いと思う。

結果は、ほとんど変化なし、気持ち的に50年分のホコリと油がとれて綺麗になった感じである。


究極のレコードクリーナー なるもの

1993年には究極のレコードクリーナーとして次のようなレコードクリーナーは発売されている。お店のページには、クリーナーの使い方の詳細も書かれている。

BW-33-MS(WEBゲンテイ) レイカ レコードクリーナーバランスウォッシャー33マスターセット LEIQWA Balance Washer




「担当者のコメント」

★アナログレコード全盛時代の1970〜80年代前半に、このレコードクリーナーが存在していたなら、アナログレコードがあんなに急激にCDに取って代わられることは、なかったのではないかとさえ思ったクリーナーが、1993年にオーディオ界に登場したレイカの「バランスウオッシャー33」です。
アナログレコードの最大のネックは、ホコリが付きやすい(重力によるホコリの落下と静電気によるホコリの引き寄せ)ことです。当時、ありとあらゆる種類のクリーナーが国内外を問わず、数え切れない程のメーカーから、数多くの種類の製品が発売されていました。しかし、ことクリーニングに関しては、ついに決定打は現れず、数種類のクリーナーを組み合わせて、なんとか見えるホコリを除去するのが精一杯でした。
レコードの新譜がほとんど発表されなくなっていた1993年、レイカ「バランスウオッシャー33」が登場しました。当時としては画期的な2液式のクリーナーで、A液でレコードのカビや汚れ成分だけを安全に落とし、B液で音質向上と保存作用を持たせたクリーナーで、レコードに有害な帯電防止剤を一切使わず、レコードの静電気を除電させる効果も併せ持っていました。また、B液でコーティングするとレコード針も長持ちします。
このように、大切な初期盤や廃盤、貴重盤などのデリケートな盤のクリーニングにももってこいで、安心してお使いいただける画期的なレコードクリーナーなのです。さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 



レコードの溝をよく見てみると


意外と目視でも、溝の様子を見る事ができる。老眼+禁止のおっさんでも、顔を近づければ、溝の様子が何となくわかる。
record-mizo.JPG




このレコードは45回転/分、1mmの間に4本くらいの溝がある。
24mmで2分19秒の録音。
24mmで96本の溝が刻まれている計算である。

96本÷45回転/分=2.133分=2分8秒で約7.9%の誤差

record-mizo2.PNG


レコード盤の溝のアップ

レコードの溝幅は定規の目盛りと同じくらいである。


LP盤の溝1本分は約1秒分の音声に相当



1秒では96÷128=0.75本の溝がレコード盤に刻まれる。45回転/分の場合には。

ここで、疑問と言うか、
もしかして33・1/3回転なら1秒は溝1本か?


33・1/3回転の場合はより45回転/分よりも1.35倍長く録音できる。計算してみる。

33と1/3回転のLPでは0.75本/秒 x(45÷33)=1.01本/秒である。

LP盤の溝1本分は約1秒分の音声に相当


これなら覚えやすそうだ。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10306383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索