PICKUP
  1. 1. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  2. 2. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  3. 3. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  4. 4. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  5. 5. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  6. 6. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  7. 7. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  8. 8. DLNAとOpenHome
  9. 9. スピーカのバイワイヤリング
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2020年07月11日

Digifi13(2014年)号 アンプのボリュームSWがおかしい 続編

digifi13-hole-after.JPG


昨年同タイトルの記事で「ボリュームSWの「ー側」を押すとへこんだままロックされてしまう」不具合についてレポートしている。


DigiFi13(2014年)号 アンプのボリュームSWがおかしい

タクトSWが悪いのではないか!


と結論付けた形で部品を購入し、ずっと放置状態だった。


その間の暫定対策は、ソフト側の調節で音量を上げ下げしている。


物理的なボリュームSWは使わずに、ソフト側の調節で音量を上げ下げしている。
たまに、今までの癖で直接物理的なボリュームSWで音量を上げ下げしようとすると、ボリュームが0にロックされ音が出なくなってしまう事がよくある。


改めてボリュームが0の時のタクトSWの状態を見てみると、ケース穴の上部に部品の一部が接触して動きが制限されているようだ。ここまでは前回と同様である。

tactsw.JPG



しかし、よくよく見てみると、タクトSWを押し込んだ時に0.5mm以下でわずかながらSW本体が後方へ追いやられてアクリルケース内側とタクトSWの接触面との間の隙間が少し広がる。

tactsw-fpnel.JPG



そして、ケース穴の上部に、タクトSWのシャフト上部が当たって身動き取れなくなってるように見える。

タクトSWのシャフト用の穴がセンターよりずれている。ズレとしては0.5mm程度なのだが、それでも接触してしまえば不具合が起きてしまう。


結果的には基板取付穴とタクトSWシャフト用穴の穴あけ位置の精度、ズレの問題だと思う。
しかし、0.5mm以下の精度で穴あけするのは至難の業だ。

とりあえずアクリルケース全面のタクトSW用シャフトの穴をもう少し広げてみようかと思う。
穴の直径を大きくするか、上方向に0.5mm程度伸ばして小判穴にしてみようかと思っている。


基板を取り付けるスペーサーの穴の精度によって基板とアクリルケース全面との隙間にズレが生じ、加えてアクリルケース丸穴の精度によってタクトSWのシャフトがアクリルケースの穴に接触し身動きが取れずロックしてしまったと推測される。


アクリルケースのフロント側の穴を広げる


加工前   |   加工後

hole-before.JPG
hole-after.JPG


穴の加工は棒やすりで、上方向にやすり掛けしながら広げていった。

IMG_4501.JPG



自分の癖でどうしても、形がいびつになってしまい何度も修正しながら形を整えていった。

ミネシマ H-14 クラフトヤスリ 5本組 H14


感想(1件)




DS-08 ダイヤモンドラインヤスリ 0.8×100mm


感想(1件)




途中、アクリルの削りカスが出てケースにへばりついてしまう。そんなときは、エアダスターを吹きかけてやれば、意外と簡単にカスが吹き飛んでくれる。


基板や部品にへばりついたほこりはエアダスターで


基板や基板上の部品にへばりついたほこりはエアダスターで思ったよりきれいにとれる。

ちょっと見ずらいけど、画面中央下 W400 と書かれた周囲のホコリが吹き飛ばされてます。
綿棒やティッシュだと、繊維が残ってしまいそうです。

↓ 動画 ↓
air-duster.jpg

意外であった!さすがエアダスター


IMG_4500.JPG

エレコム AD-ECOMT ダストブロワー 「ECO(エアダスター)」 350ml 3本セット


感想(2件)




最後に基板をセットしなおして、具合を見てみる。
ボリュームSWの引っ掛かり、ロックもなく調子よさそうだ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10021987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索