PICKUP
  1. 1. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  2. 2. ipod nano 5世代 の電源が入らない
  3. 3. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  4. 4. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  5. 5. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  6. 6. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  7. 7. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  8. 8. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  9. 9. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  10. 10. DLNAとOpenHome
  11. 11. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2018年11月09日

Topping TP22 Poor Audio 中華第1弾

Poor Audioの私は、中華屋さん、いや中古屋さんが大好きで、なんかいいもの出てないかとよくHard offに出没する。たまたま、Topping社のTP22が置いてあった。が即決では買わず何週間か悩んで購入。記憶は定かじゃないが5,000円くらいだったと思う。

デジタルアンプだってことは知ってた。以前にSHARPのミニコンポ(これも中古)の1bitデジタルアンプ SD-XS503の音を聞いて非常に良かった。

関連記事: 1bitデジタルアンプ 飛行機

SHARP_top.jpg

SHARPのミニコンポはマランツ:PS7300 + ELAC:CL310 JET Audio Editionの組み合わせよりも手軽で聴きやすい。オプションでELACのスピーカも選択できるものなので、SHARPとしても自信があったのだろう?

ちょっと、横道にそれましたが、TP22のデジタルアンプの音は私にとっては十分です。
入力ソースも2系統あって、真空管LINEアンプの有り無しを聴き比べるのに利用してます。
TP22_fr.JPG
TP22_rear.JPG



関連記事
デジタルパワーアンプ Topping TP22を分解 ⇒ 電コンの大きさが気になる
https://pp-audio.com/analyze-topping-tp22/

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8281329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索