PICKUP
  1. 1. あけましておめでとうございます 十二支と「ついたち」
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. ipod nano 5世代 の電源が入らない
  4. 4. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  8. 8. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  9. 9. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  10. 10. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  11. 11. DLNAとOpenHome
  12. 12. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2019年10月14日

OS10.15(Catarina)で音声編集アプリ Audacityが起動できなくなった

Audacity-not-support.jpg


macOSが 10.15 Catalinaにメジャーバージョンアップした。
おっさんも、タイムマシンで強制的にバックアップしてからOS10.15にバージョンアップした。
おっさんのMAC MINIは(Late2012)なのだが、バージョンアップには1時間以上かかったと思う。

バージョンアップ後、警告らしきものが出た!
mac-update-log.jpg


どうやら、一部のファイル、フォルダが、移動されたようだ。
今回は、iTune、写真アプリの見直しがありiphoneのバックアップや同期の方法も変わったようだ。

何やら、今までのバージョンアップより怪しげな感じが?!


Audacity-dont-use2.jpg

インストールしたアプリの一覧を見ると、Audacityのアイコンに白い進入禁止マークがでているではないか!
アプリの起動ができない。

Audacityとは
音声編集ができる、無料のアプリだ。MACやWindows,Linuxにも対応している。
最新バージョンは2.3.2だ。


アプリが対応するまで待つしかないか


公式ページには
MACOS 10.15(Catalina)dose notupport Audacity 2.3.2
October 10, 2019

とのアナウンスがある。

Audacity 公式ページ

色々と、英語で書かれている。おっさんの場合のAudacityを使うのは、カセットデープ、レコードのデジタル化に使用するだけで、差し迫ってはいないので、気長にアプリの側の対応を待つ事にした。


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9305956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
お名前.com
タグクラウド
サイト内 検索