プロフィール
おっさんオーディオさんの画像
おっさんオーディオ
Pure Audioは興味があるが、お金がない、自称、貧乏です。 でも最近の中華AMPなどは性能が上がっておりバカにできません。 Audio歴は小6からで、雑誌「初歩のラジオ」を読んで、プリアンプを自作しました。かれこれ40年以上前になります。 プチ自慢と紹介でお金が稼げれば言う事ないのですが。
プロフィール
8月の記事ランキング 8/15付
  1. 1. Topping D10レビュー
  2. 2. Topping D10 DSD再生 ーAudirvana編ー
  3. 3. 最近よく使うAudio機器ははDigiFi13(2014年)の付録
  4. 4. FreeFileSync 同期エラー その3
  5. 5. FreeFileSync 同期エラー その4 ⇒ 対策RealTimSyncの導入
  6. 6. Tune Browser 見た目よし、安定性は?
  7. 7. SONY TV ファンフィルター交換するも結果むなしく
  8. 8. AVアンプ マランツ PS7300
  9. 9. S.M.S.L M100 気になるDAC 
  10. 10. 1週間ぶりのご無沙汰です!田植えしてました!
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリーアーカイブ
写真ギャラリー
投稿順(記事順)に表示されます。 気になる写真をクリックすれば、その記事が表示されます。
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
サイト内検索

2019年07月19日

いまさらながら、TUBE-01Jについて

tube01j-blak.jpg


FX-AUDIO TUBE-01Jを購入して1年くらいたつかと思うが、いまさらながらではあるが、レビューをしてみたいと思う。

情報収集


ホーム―ページには次のように書かれてた。

FX-株式会社ノースフラットジャパンは、FX-AUDIOブランドの新製品として真空管プリアンプ「TUBE-01J」を発売します。
2016年6月12日より、当社直販サイトでお求めいただけます。

AUDIO-ブランド世界共通モデルの『TUBE-01』から音質と利便性を向上させるため、
回路設計を新たに強化し、日本専売モデル『TUBE-01J』として新たに販売いたします。


NFJストア ヤフーショッピング店 の商品紹介TUBE-01(Jなし)に、こんな記載がありました。

【PCB基板】高級オーディオ製品に採用されている銅2oz配線のFR-4材の金メッキ基板を採用


通常のプリント基板の1feet(フィート)四方当たり1oz(オンス)銅箔の厚みは35μm(ミクロン)であるが、TUBE-01Jでは2oz、70μmの厚みとなっている。これにより、電源の安定化や、ノイズに対して有利になると思われる。どれだけ効果があるかは、不明だが、こだわり!という点では納得。

特に大電流の流れる、PCの電源UNITなどの電源基板では、重要になってくる。

FX-AUDIO- TUBE-01J『ブラック』本格真空管ラインアンプ




『リユース品』DC12V/1A スイッチング式 汎用ACアダプター センタープラス/内径2.1mm





【製品仕様】

•電源:定格電圧DC12V 電流1A以上推奨 ※ACアダプター別売
•電源コネクター:外径5.5mm 内径2.1mm (センタープラス仕様)
•歪み率:0.1%以下 @BW:20Hz-20kHz
•SN比:約100dB @1kHz
•周波数特性:20Hz-35kHz (50Hz:-0.2dB/150Hz-3.5kHz:0dB/20kHz:-0.2dB)
•出力基本インピーダンス:600Ω
•機能:ゲイン切替機能(0dB・-6dB)フロントパネルトグルスイッチ
•最大出力:2800mV

真空管の魅力

真空管による増幅は、特に偶数倍の高調波歪が増える。
1KHzの信号なら2、4、6、8KHz

一方トランジスタによる増幅では奇数倍の高調波歪が増える。
1KHzの信号なら3、5、7、9KHz

歪っていうのは、アンプ本来に役割としては、X(バツ)なのだが、奇数次の高調波は少しの量で、人間にとって不快と感じ、偶数次の高調波は、それほど気にならず、逆に、音の広がりや厚みを感じるらしい。(受け売り)

とゆう事で、真空管は、人間にとって心地よい、聴きやすい音になるそうだ!


デジタルアンプTopping TP22には入力切替のSWが付いているので、真空管アンプを通した音と、通さないDIRECTな音を一瞬で切り替えができる。真空管ラインアンプを通すときと/通さない時の音量をそろえて聞き比べしたのだが、正直なところ、私の、ヘボな耳では、悪くはないが、すごくいいとも思わなかった。

けど、世の中の評判通り、いい音と思い込んで?TUBE-01Jを聴いてみると、確かにいい音にも思えてくる。


それと、真空管はヒーターがほんのり赤くなるところが また、音も温かいような、心を和ませてくれる。


そうゆう意味では、JAZZとか聞くのにいいんじゃないでしょうか。


Amp-Volume.jpg



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8986233
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
外部サイトリンク
別のサイトへ飛びます。 既存のウインドウは更新されずに、新しいウインドウができるはずです。
検索
RDF Site Summary
------------------------------------
【広告】お名前.com ------------------------------------
タグクラウド
検索