ファン
検索
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
ペトロニウスさんの画像
ペトロニウス
プロフィール

2018年03月30日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/30

●旅行者の旅行開始前の解除…旅行者はいつでも取消料を払えば契約を解除できる。募集型企画旅行で国内の場合、21日前(日帰り)11日前までの取消には取消料不要。受注型企画では、企画料を明記した場合、次期に関係なく企画料金額取消料がかかる。
------------------------------------

2018年03月17日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/17

●旅行者の交替…業者の承諾を得れば交替できる。取消料は不要で、所定用紙と手数料が必要。交替は業者の承諾があったときに有効となる。
------------------------------------

2018年03月16日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/16

●旅行代金の変更
運賃の大幅な増額…増額の範囲内
運賃の大幅な減額…減額分だけ
契約内容の変更で費用が増減…増減の範囲内のみ(過剰予約や部屋座席不足はダメ)
------------------------------------

2018年03月13日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/13

●旅行代金の変更で輸送機関料金の変更(通常予想を超えて大幅に増減した場合のみ)
増額…増額の範囲内で値上げしても良い(旅行開始日の前日から遡って16日前までに旅行者に通知)
減額…必ず旅行代金を減額分値下げしなければならない(通知期限無し)。
------------------------------------

2018年03月12日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/12

●業者が旅行代金を変更できる場合
・運送機関料金の大幅な増減
・契約の変更費用に増減が生じた(過剰予約や座席部屋不足による増額は除く)
・契約書に運送宿泊の利用人員により料金が異なることが書いてあり、業者の責任ではなく人員が変更となった。
------------------------------------

2018年03月11日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/11

●旅行者からの契約内容の変更
募集型…変更できない
受注型…変更依頼には可能な限り応じる
●業者あらの契約内容の変更
原則としてはできない。
しかし、業者の事情はなく、旅行の安全などにとってやむを得ないときは変更できる。事前に理由と因果関係を説明する。承諾は不要。緊急時には事後説明でもよい。
------------------------------------

2018年03月10日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/10

●旅行代金の支払期限は、旅行開始日までの形釈書記載期日まで。通信契約では、カード伝票への署名不要でカードの利用日は契約成立日となる。契約成立日は、旅行業者が承諾通知を発したとき、または、電子承諾通知のときは承諾通知が旅行者に到達したとき。
------------------------------------

2018年03月09日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/09

●確定書面は、旅行開始日の前日までの契約書面記載の期日までに交付する。
ただし、旅行開始日の8日前までの申し込みの場合は旅行開始日の前日まで、開始日の7日前から当日までの申し込みなら開始日までに交付する。
------------------------------------

2018年03月08日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/08

●契約成立後、速やかに契約書面を交付。日程や宿などが確定できないときは、列挙しておき、確定後に確定書面を交付する。サービスの範囲は、確定書面を交付する場合で、交付後は確定書面の記載による。
------------------------------------

2018年03月05日

旅行業務取扱管理者試験ノート 2018/03/05

●契約の成立時期は業者が承諾し、申込金を受理したとき。ただし、通信契約の時は業者が承諾通知を発したとき。また、電子承諾通知では、承諾通知が旅行者に到達したとき。
------------------------------------