広告

posted by fanblog

2018年01月29日

知っていますか?ワセリンで乾燥対策

乾燥するこの季節…
肌がかさかさしませんか?
うるおい なんて、どこ?
かゆくてかゆくて寝ていられない…
ひびわれて強烈な痛みがはしる…

保湿が大切と知ってるけれど
定番品から新商品まで
お店にずらりと並ぶ保湿ケア用品
一体どれが自分の肌質に合うのか

どうにもたどりつけない…なら
 一度「ワセリン」をためしてみては…

悩みの渦から浮かび上がれるかもしれません
01475-450x337.jpg
1.皮膚のことをもう一度
 皮膚は自分の肌を守るために皮脂を出します
 これは大切な天然の保湿です
 皮膚は本来
 自分が必要とする量の皮脂をつくり出し
 自分で皮膚の保湿をしています
 それなのに
 皮膚の上から
 あふれるほどの保湿を繰り返す
 しっとりぷるぷるはそのときだけ
 かえってかさかさがすすみ
 こんなに保湿してるのに
 乾燥肌がいつまでも治らない…

 …また、…
 脂性だからしっかり落とさなくてはと
 必要な皮脂までとりつづけてしまい
 すっきりさらさらはそのときだけ
 結果 さらに脂性がすすんで
 皮脂が強く出てしまったり
 部分的に乾燥するようになってしまったり

 ☆日ごろ 肌のお手入れと思っていることが
  トラブルにつながっているかもしれません

 年齢問わず
   たくさんの肌の悩みの声を聞いてきました
   肌トラブルの原因はケアのしすぎ?
   そんなケースの、なんと多いこと!!

2.肌のお手入れの基本
 足りない分だけ 弱い分だけケアをする
 これが基本

 ほおっておいても
 自分の力で自然にケアしていけるように
 肌が必要とする適正な皮脂(保湿膜)を
 自分でつくり出すことができるように
 「手助けをする」という感覚
 肌の外側からするケアは これが基本です

 繰り返しになりますが
 保湿をしすぎては天然の膜が自力でできません
 皮脂をつくり出す力があるのに取りすぎれば
 どんどん皮脂がうかんできます

 本来の自分の力を信じましょう
 天然の膜があるのだと意識しましょう 
 そして 肌の上にのせるケアやメイクを
 考えていきましょうグー
05-01-29-20.jpg

  ワセリンって何?
 3.ワセリンについて
 とにかく万能!
 求めやすく 安価なのもよし!
 〜全身に使えるから
  乾燥する季節に頼る最後のアイテム なんていう人も〜

◎原料は石油
 高純度に精製して作られます
 石油は鉱物性と不安に思わないで
 植物油のように脂肪酸を含まないから
 水に強く酸化しにくい利点もあるし
 安全性が高く 保存性にも優れ
 医療現場や薬の基材にもなっています

◎どんなところに どんなふうに?
 乾燥するところに
 うすーくのばすようにつけてください
 つけすぎに注意!
 べたつきはなくさらさら感
 肌の表面に膜をはったようにとどまるのが感じられます

 顔をはじめ全身に使えるから
 手やかかとのひび割れなどの強い乾燥にも
 唇のような粘膜の
 ひび割れや皮むけ かゆみ 痛みにも
 洗顔後の乾燥による保湿や
 メイクの下地としても

肌内の水分を外に逃がさず
 ホコリや化学物質などの刺激物をシャットアウト
 乾燥対策や保湿に適し肌を守ってくれるのです

敏感肌ならとくに!
 ワセリンには界面活性剤や保存料など
 不純物が入っていないから
 利用の価値ありデス!
   <ワセリンて すごいんです!>

4.ワセリンには種類が
 石油を精製して作られるワセリンには純度があります
 純度の低いものは黄色っぽい色
 純度の高いものは白く「白色ワセリン」と呼ばれます

【第3類医薬品】大洋製薬 白色ワセリン 500g

価格:658円
(2018/1/28 22:44時点)
感想(0件)


顔などにつけるのであれば
  純度の高いものを選んでくださいね


人気ブログランキング


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7249136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
のたりはさんの画像
のたりは
人生折り返し地点 山あり谷あり泣き笑い やまいとともにまるっと生きる チワワさん2匹と夫との日々をつづります
プロフィール
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。