ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年10月09日

レース回顧 毎日王冠

7日(日)東京で行われた毎日王冠は紅一点の4歳牝馬アエロリットが先手を奪っての逃げ切り勝ち。見事、1番人気の期待に応えました。

この日の東京は良馬場。しっかりと時計の出る高速馬場で、開幕週だけにバイアス的にはインが伸びる馬場ではあったと見ています。
勝ちタイムは1分44秒5。ラップバランスとしては、ややスローではありますが、高速馬場とは言え、全体時計が早いので、そこまでのスローではなく、かつ後半も持続力、瞬発力を求められており、追走力を含め総合的な力が求められたレースだったと見ています。

勝ったアエロリットは、これは強い内容だったと思います。
先手を取ってレースを主導しましたが、前半の入りは後続の脚を削ぎ切るようなペースではなかったと思います。それをこの馬が苦手としている瞬発力で補うようなレース振り。
前行って、この競馬をされては後続はお手上げでしょうね。
馬の成長なのか、騎手の腕なのか、わかりませんが、次走以降もこの競馬ができるのかは注視したいところです。
次走がどこになるのかわかりませんが、個人的には天皇賞・秋にぶつけて欲しいところですね。今回のレースの再現なれば、豪華メンバーが揃う天皇賞・秋でもの期待は持てるでしょう。

2着はステルヴィオ。スタートはまずまずでリズム良く走れていたと思います。それでも位置取りは後方よりで直線も外を選択。そこからの脚は、この馬のらしさを見せてくれたと思います。
ただ、強い競馬ではあったんですが、この負け方はダノンプレミアムに連敗していた時と類似していて、強い先行馬への対応は今後も課題にはなりそうです。

3着はキセキ。完敗ではありますが、しっかり巻き返してきた印象です。
神戸新聞杯、菊花賞のイメージから、距離が短いかなと思いましたが、むしろ適正は、このくらいの距離にあるのかも知れませんね。
更に状態を上げてくるようなら、天皇賞・秋でも楽しみな1頭になりそうです。

4着はステファノス。しっかり噛み合った悪くない競馬だったとは思います。
2着〜4着の着差はわずかですし、年齢をふまえても本番は人気しないでしょうから、頭までとは言いませんが、人気よりは美味しい1頭になりそうなイメージはあります。

5着はケイアイノーテック。好スタートから良いポジションは取れたと思いますし、道中インでしっかり脚も溜めることはできたと思います。相当上手く乗ってきたと思うので、それだけに物足りない印象はあります。
ちょっと判断が難しい内容ではあったので、どこを使うかも含めて、個人的には次走に再注目といった感じですね。

馬券的には〇-◎で馬単的中。
ではあるんですが、わずかながらもトリガミ。よって的中率的にはハズレ扱いです。
まぁ、こういうレースを拾っていかないと回収率を維持できないと割り切って良しとしておきます(笑)

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8184107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ノリベッキオさんの画像
ノリベッキオ
プロフィール
ランキングクリックにご協力お願いしまーす! ↓↓↓
にほんブログ村