ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年04月17日

レース回顧 皐月賞

15日(日)中山で行われた皐月賞は、ここでは伏兵評価を受けていたエポカドーロが力強く抜け出し快勝。牡馬クラッシック第一弾を手に入れました。

この日の中山は終日稍重でしたが、それより重いイメージ。タフなコンディションだったと見ています。
勝ちタイムは2分0秒8。このレースは少しイレギュラーな流れで、額面上はハイペースの前傾ラップになっていますが、これは前にいった3頭が刻んだラップで、大きく離れた4番手エポカドーロ以降は実質スロー。前3頭と4番手以降は別の競馬と見ていいと思います。前3頭はハイペースからの消耗戦、4番手以降はロンスパ戦といった具合です。

勝ったエポカドーロは、結果的には絶好の4番手。しかしながら、タフな馬場も気にせず、長くいい脚を使っての完勝。噛み合った部分はあると思いますが、普通に評価していい強い競馬だったと思います。パンパンの良馬場で果たしての部分はありますが、ダービーで無理に評価を下げるのは危険だなと思わせるレース内容だったと見ています。

2着はサンリヴァル。スタートがよくなく、対エポカドーロという意味では後手を踏んでしまいましたが、レース全体としては評価していいと思います。同じような位置に居たエポカドーロには完敗ですが、それ以外は抑え込んだわけですし、力のあるところは見せてくれました。ただ、欲を言えば追走力を生かしたレース、もうひとつ前のポジショニングを取ってのレース振りを見たかった部分はあります。

3着はジェレラーレウーノ。これは強い競馬でしたね。前半前3頭のハイペースに巻き込まれ、そこからバテずに粘り込んできました。タフな馬場も含め、条件的に合う舞台だったとは思いますが、先々楽しみになるレースをしてくれたと思います。

4着はステルヴィオ。まず、序盤のポジショニングが悪くなってしまいましたね。馬場も影響しているのか、ラストも前走ほどの破壊力はありませんでした。少なくてもベストのレースでは無かったでしょう。相手は強くなると思いますが、ダービーに関してもノーチャンスではないと思っています。

5着はキタノコマンドール。キャリアを考えれば好走ですし、レース内容としては終始大味な競馬だったと思います。ちょっと、ダービー狙いの試走臭もしたので、それを考えると次怖いのは確かです。

1番人気7着はワグネリアン。少し評価の難しいレースになってしまいましたね。スタートから、ある程度ポジションんを取りにいって、内から外への進出もスムーズでしたし、それでいてラストが案外となると…
タフな馬場を原因と見れば、次の巻き返しは期待できるでしょうし、そこらあたりは人によって判断の分かれるところだと思います。


ここの上位を伏兵勢が占めたことで、ダービーはカオス感が増しましたね。上位に来た伏兵勢、敗れた人気勢をどう扱うかは、一つポイントになりそうです。
また、ダノンプレミアムの状態は当然気になりますし、ブラストワンピースを含めた他路線馬の参戦もあるでしょうし、予想の難しいダービーになりそうですね。


馬券的には△-〇で馬連的中。
なんと、今月2つ目の万馬券(汗)
サンリヴァルからのワイド総流しでのワイド2つ的中より、配当が良かったのが、個人的には勝負に勝った感があります(笑)


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7559253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ノリベッキオさんの画像
ノリベッキオ
プロフィール
ランキングクリックにご協力お願いしまーす! ↓↓↓
にほんブログ村