ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2018年03月13日

レース回顧 金鯱賞

11日(日)中京で行われた金鯱賞は1番人気の4歳馬スワーヴリチャードが好位追走から抜け出して快勝。悲願のGT制覇に向けて順調なスタートを切りました。

ここも馬場は稍重。通常よりは1秒程度は時計のかかる馬場だったと思います。
勝ちタイムは2分1秒6。馬場を考慮しても全体時計としては少し遅いかなといったところ。前半から超スローの後傾ラップ。折り合いに苦慮する馬も見受けられ、能力うんぬんというよりは、ポジション差が大きなウエートを占めたレースだったと見ています。

勝ったスワーヴリチャードは、道中いきたがり我慢のレースだったと思います。この条件で勝ち切ったことは素直に評価していいでしょう。余力も残せたレースだったと思います。
次走からは右回りがカギになりそうですが、個人的にはそこまで気にする必要は無いのかなと思っています。大阪杯も有力なのは間違いないでしょう。

2着はサトノノブレス。ラク逃げだったこともあると思いますが、見事な巻き返し。元々、中京実績もある馬でしたし、評価出来なかった自分に反省です。条件合えば、このレベルでやれるだけ力は維持していますね。

3着はサトノダイヤモンド。無理にポジションを取りにいかず折り合い重視。ラスト1ハロンの脚は良かったですね。
正直、どう判断するかが難しいところではあるんですが、普通に見れば全く駄目というレースではありませんでした。使って良くなるようであれば、能力的には本番怖い一頭ではあると思います。

4着はヤマカツエース。少し残念な結果。良いポジションは取れていましたが、ラスト弾けなかった印象。昨年後半あたりから、能力が緩やかに減少という部分もあるのかもしれませんね。

5着はダッシングブレイズ。積極的なレースはしてくれましたが、少し噛み合わなかった印象。相手関係も強かったですし、力負けの部分もあったとは思います。


馬券的にはハズレ。
ここはサトノノブレスを拾えなかったことに尽きますね。
少しズレた予想が続いているので、なんとか修正したいところです。

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7426534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
ノリベッキオさんの画像
ノリベッキオ
プロフィール
ランキングクリックにご協力お願いしまーす! ↓↓↓
にほんブログ村