薄毛予防 成長因子

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2015年07月21日

嵐山・宝厳院の書院で獅子吼の庭に心洗われる時間

おはようございます。
はんなり京太郎です。

s-宝厳院書院から眺める獅子吼の庭.jpg
<宝厳院書院から眺める獅子吼の庭園>

先日、京都嵐山の宝厳院の本堂と書院が一般公開
されているとのことで訪れて来ました。
宝厳院特別公開.jpg

第40回京の夏の旅開催による特別公開で9月30日迄
の開催のようです。嵐山渡月橋を渡り、川沿いに
大堰川と嵐山の山並みを眺めながら上流へ進むと
宝厳院に辿りつきます。

受付入口よりすすむと庭園内は美しい緑に包まれ、
暑さの中に吹く涼しい風が心地よかったですね。
順路に沿って進むと須弥山を現す築山、人生を
思わせる“苦海”(空池)が広がり、対岸には“雲上三尊石”
があり、苦海の中には“此岸”から“彼岸”へ渡る意味を
表す丸い舟石が配置されています。

s-宝厳院苦海.jpg
<宝厳院・獅子吼の庭園・苦海>

そのまま、緑苔の絨毯が美しい獅子吼の庭園を進むと
本堂へ辿りつきます。
s-宝厳院獅子吼の庭・苔の絨毯.jpg s-宝厳院庭園内.jpg

s-宝厳院庭園.jpg s-宝厳院獅子吼の庭.jpg

特別公開中の本堂と書院にはそれぞれガイドが説明案内
をしてくれます。本堂の本尊は十一面観音菩薩像、脇仏
に三十三体の観世音菩薩が祀られており、西国三十三か所
巡りと同等の功徳があると伝えられます。また、本堂の
襖絵は洋画伯の田村能里子画伯によるもので鮮やかな
赤を基調とした襖絵は「タムラレッド」と呼ばれる独特の
赤色が鮮やかに描かれています。(これは必見の価値あり)

そのあと、書院へ。ここから眺める獅子吼の庭園は普段、
公開されていない箇所なのでとても値打ちがありました。
あまりの絶景に心を奪われて思わずボーっと書院に座り
込んで庭園の美しさに引き込まれてしまいました。
紅葉の時期は、それこそこの緑が、燃えるような赤になる
のかと想像しただけで感動してしまいそうな佇まいです。
※残念がら紅葉時期は書院は公開されていないので入る
事すら出来ません。


選べるシート・時間で夜行も安心! 安全快適なお得な高速バス-当日予約OK


s-宝厳院書院から眺める庭園.jpg
<書院の窓ガラスは明治時代のもので現代は再現できない>
s-宝厳院書院.jpg
<宝厳院書院の外観>
s-宝厳院碧岩.jpg
<宝厳院・獅子吼の庭・碧岩.>

秋には燃えるような紅葉も楽しめる宝厳院ですが、
本堂・書院の特別公開開催中の9月30日までがおすすめ
ですので是非この機会にお出かけください。

◎大亀山宝厳院 (第40回京の夏の旅)
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
TEL:075-861-0091
【拝観料】特別公開 大人800円 小中学生400円
【開催期間】平成27年7月11日(金)〜9月30日(水)
【拝観時間】午前10時〜午後4時(受付終了)
※8月6日(木)・9月20日(日)・26日(土)は12:00からの公開
になります。8月5日(水)は12:00(受付終了)までの公開。
【交通アクセス】
JR「嵯峨嵐山駅」下車徒歩15分
京福電鉄「嵐山駅」下車徒歩5分
京阪「三条駅」下車(地下鉄東西線、太秦駅で京福乗り換え)
京福電鉄「嵐山駅」下車
阪急「嵐山駅」下車徒歩10分

http://www.hogonin.jp/


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

2015年07月20日

京都は梅雨明け、暑い夏の幕開け2015

こんにちわ。
はんなり京太郎です。

本日、気象庁より近畿地方が梅雨明けした
と発表がありました。
本日の京都は快晴、青空に入道雲が広がる
夏空、気温もぐんぐん上昇して30℃を超える
暑さとなりました。
s-最盛期の京都鴨川・川床.jpg
<鴨川の納涼床も最盛期を迎えてます>

先日の台風が梅雨前線を吹き飛ばしてくれた
ようです。それにしてもいきなりの猛暑で
熱中症には注意したいところです。
s-南座.jpg
<京都南座>

猛暑の中、嵐山をぶらり散策しましたが、
大堰川は先日の台風大雨の影響で増水し、
濁流の状態でした。
s-真夏の渡月橋.jpg
<渡月橋と京のパワースポット・愛宕山>

ぶらり嵐山を散策していると宝厳院前の通りで
保津川下りの舟が天日干しされてました。これも
京都嵐山ならではの光景ですね。
s-保津川下り天日干し.jpg

嵐山中之島は猛暑日でしたが、浴衣で歩く美人も
多く、涼しい光景に花を添えてくれてました。
まさに夏ならではの風景です。
やっぱり嵐山はいいですね。
嵐山の浴衣美人.jpg

夏の嵐山には京都ならではの風景がたくさん見つける
ことが出来るのであなたも是非、夏の京都へお越しやす。

http://kanko.city.kyoto.lg.jp/


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

2015年07月19日

力がみなぎる国宝・三十三間堂の千体千手観音立像

こんばんわ。
はんなり京太郎です。

先日、京都では台風の影響が心配される中、
祇園祭前祭(さきまつり)の山鉾巡行が無事
行われました。台風の雨が降りしきる中、
“こんちきちーん”という祇園囃子の音色と
ともに進む絢爛豪華な山鉾の雄姿に見とれた
観光客も多かったのではないでしょうか?

山鉾巡行、台風が去るとともに梅雨も明けて
いよいよ京都に暑い夏がやって来ました。

さて、今回は先月の伏見稲荷に続いて、力が
みなぎる自分的パワースポットとして京都
東山の国宝・三十三間堂を訪ねて来ました。

s-三十三間堂.jpg

見どころは何といっても南北120mもあると
いわれる千体観音堂。お堂の中には前後10列
の階段状の壇上に並ぶ等身大の1000体の観音
立像はまさに圧巻で堂内は、何とも言えない
パワーがみなぎるスポットでしたね。まるで
“仏像の森”と言っても過言ではない船体観音像
は三十三間堂ならではの特徴です。
s-三十三間堂千体観音.jpg s-千体観音堂南西.jpg
<千体観音と国宝・三十三間堂>

正式名称は「蓮華王院」と呼ばれ、その本堂が
「三十三間堂」と通称されています。東面して、
南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあることから
その名が付いたとも言われ、三十三という数は、
観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表して
いるとも言われてます。
s-三十三間堂千体観音堂.jpg

s-千体観音堂.jpg

s-千体観音堂南側.jpg
<その勇壮な造りに心奪われる瞬間も>

地上16m、奥行き22m、南北120mの長大な
特徴的なお堂は、和様、入母屋造り本瓦葺きで、
写真のように手前からはるか彼方へ延々と続く
姿はまるで城壁のような圧倒的な建造物です。

s-千体観音堂全景.jpg
<千体観音堂全景>

s-南大門と太閤塀.jpg
<南大門と太閤塀>

京都への高速バスの簡単予約・24時間OK!


はんなり京太郎的パワースポットにあなたも
是非お越しください。スカッと爽快な青空に
とても映える三十三間堂、まるで“仏像の森”
のような千体観音がパワーをくれますよ。

◎蓮華王院 三十三間堂
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町657
TEL:075ー561ー0467
【拝観料】一般600円・高校中学400円・子供300円
【拝観時間】8時〜17時(11月16日〜3月は9時〜16時)
※年中無休、受付終了は30分前
【交通アクセス】
JR京都駅より … 市バス100・206・208系統で10分
バス停「博物館三十三間堂前」下車スグ
京阪七条駅より … 徒歩7分

http://www.sanjusangendo.jp


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ



2015年07月12日

京の夏の風物詩・祇園祭2015〜前祭と後祭

こんばんわ。
はんなり京太郎です。

7月に入り、京都は蒸し暑い日々が続いております。
もうすぐ梅雨が明けて、祇園祭前半のハイライトで
ある前祭・山鉾巡行が行われる頃から京都の暑い夏が
はじまります。(京都人の夏が来る感覚はこんなです)
s-山鉾巡行.jpg
<前祭7月14〜17日のハイライト長刀鉾巡行>

例年は、前祭の山鉾巡行が祇園祭のハイライトでしたが、
昨年から後祭が開催されるようになり、今年も引き続き
7月21〜24日で後祭が開催されます。
s-大船鉾.jpg
<後祭7月21〜24日・大船鉾>

後祭には四条通や烏丸通の歩行者天国、露店出店などは
ありませんが、各山鉾町では各種行事が繰り広げられ、
山鉾の展示、屏風祭の開催があり、各山鉾町の町家が
一般公開され、日中は見学が出来ます。昨年はとても
多くの観光客で賑わってました。
s-祇園祭り後祭り.jpg

s-鯉山.jpg
<山鉾・鯉山屏風の一般公開>
s-鯉山2.jpg
<役行者神腰掛け石>

いよいよ祇園祭もこれから山鉾巡行クライマックスを
迎えますが、まずは前半ハイライト前祭は7月14〜17日に
開催され、山鉾巡行は17日、後祭は7月21〜24日に開催で
山鉾巡行は24日に開催されます。

前祭・山鉾巡行の主役は長刀鉾で後祭・山鉾巡行の主役は
大船鉾、それぞれ絢爛豪華な姿を今年も見せてくれます。

祇園祭とともに訪れる京都の暑い夏はもうすぐそこまで
来ています。
あなたも是非、ますます暑くなる京都へお越しください。

http://kanko.city.kyoto.lg.jp/feature/gionmatsuri.php

よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
はんなり京太郎さんの画像
はんなり京太郎
はじめまして。 京都生まれ、京都育ち、生粋の京都人「はんなり京太郎」です。 家族は妻と“一姫二太郎”の5人家族。 普段は旅行会社に勤務する既婚のサラリーマンです。 主な業務はパッケージ旅行を造ること、要は格安ツアーの企画造成を担当しております。 ただ、京都はじめ関西のお客様を全国各地にご案内する国内旅行の企画造成が主たる仕事なので普段は“京都観光”に携わることはほとんどありません。 ガイドブックに載っていないようなマル秘スポットや地元の隠れた名店、誰にも教えたくないスポットなど面白おかしくお伝えしていきたいと思います。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。