薄毛予防 成長因子

広告

posted by fanblog

2016年06月20日

絶景を独り占めするなら嵐山〜竹林の径〜奥嵯峨まで早朝サイクリング

皆さんこんばんわ。
久しぶりの投稿になってしまいましたが、
いかがお過ごしでしょうか?
はんなり京太郎です。

今回は、京都の絶景ひとりじめするのなら
早朝サイクリングということで嵐山・奥嵯峨編
をお届けいたします。



今回は早朝5時に起床して5時30分頃から
チャリを転がして桂川サイクリングロードを
北上してひたすら嵐山を目指しました。

途中、東山方面には比叡山の雄姿と正面に
愛宕山がそびえ、一級河川の桂川が眼前を
流れる非常に眺めの良いサイクリングロード
です。

サイクリングロードスタート地点といわれる
嵐山へ到着すると中之島公園が見えて来、
その先には渡月橋が見えて来ます。

中之島公園は春には嵐山お花見の名所と
しても有名です。川沿いに咲くしだれ桜は
本当に美しく、開花中はライトアップもされ
ます。

渡月橋を渡って反対側の堤防から渡月橋を
写真に収めました。この風景はよくガイドブック
など観光情報誌に出てくる有名なアングルです。

渡月橋.jpg

天龍寺.jpg

そこからチャリ移動で大本山天龍寺前を通過
して竹林の径へやって来ました。ここは、日中は
観光客で溢れかえって、記念写真どころでは
ありません。海外からの観光客も非常に多い
スポットなので静寂な“竹林の径”ならぬまさに
“国際通り”状態に近いものがあります。

竹林の径.jpg

竹林の径の途中には縁結びの神様で有名な
野宮神社があり、普段は若い女性参拝客を
中心に参拝客でとても賑わっており、とても
記念撮影という雰囲気ではありません。今回は
早朝に訪ねたこともあり、静寂な雰囲気の一枚
を写真に収めることが出来ました。

野宮神社.jpg

ここから先は、奥嵯峨エリアとよばれる地区に
入り、「嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区」
と言われる、普段から静寂な石畳と茅葺屋根の
家屋がまだ残る街並みが続きます。

観光看板.jpg

嵯峨鳥居本.jpg

image2.jpg

このあたりは、阪急、JR、京福電鉄など最寄駅
からも結構距離があるので、普段から観光客も
まばらでのんびり観光することが出来るエリア
ですが、今回訪ねたのが早朝6時30分すぎという
こともあり、怖いくらいに静かで物音をたてること
が一切いけないような雰囲気でした。

最終的に愛宕街道の古道、一の鳥居の畔に
あり、創業400年を誇る老舗の鮎茶屋「平野屋」
までやって来ました。この「平野屋」はテレビCM
でも出てきたリ、結構有名なお茶屋さんですよ。

s-平野屋外観.jpg

本当に愛宕山登山道が始まるそのすぐ手前に
あるのでここまで来るのは結構大変ですが、
嵐山などでレンタサイクルを借りてくる観光客も
いらっしゃるくらい人気のスポットでもあるようです。

帰りは来た道をのんびりチャリを転がして戻って
帰りましたが、途中に化野念仏寺参道や嵯峨
釈迦堂こと「五台山清涼寺」境内を参拝しながら
その風景に飽きることなく、まさに早起きは「三文
の徳」をした気分でいい写真が摂ることが出来、
絶景をひとりじめすることが出来ました。

化野念仏寺.jpg

image1.jpg

暫く、投稿が空きましたが、引き続き京都の穴場、
観光情報、京の風物詩など目あたらしい情報を
お届けしていきますのでよろしくお願いします。



よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育














毎日が楽しくなる出会いが見つかる!

【まずは無料登録で体験】

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5177342
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
はんなり京太郎さんの画像
はんなり京太郎
はじめまして。 京都生まれ、京都育ち、生粋の京都人「はんなり京太郎」です。 家族は妻と“一姫二太郎”の5人家族。 普段は旅行会社に勤務する既婚のサラリーマンです。 主な業務はパッケージ旅行を造ること、要は格安ツアーの企画造成を担当しております。 ただ、京都はじめ関西のお客様を全国各地にご案内する国内旅行の企画造成が主たる仕事なので普段は“京都観光”に携わることはほとんどありません。 ガイドブックに載っていないようなマル秘スポットや地元の隠れた名店、誰にも教えたくないスポットなど面白おかしくお伝えしていきたいと思います。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。