薄毛予防 成長因子

広告

posted by fanblog

2015年10月12日

奥嵯峨のさいはて探訪 愛宕念仏寺・千二百羅漢

こんばんわ。
久しぶりの投稿です。

今回は久しぶりに奥嵯峨までチャリを転がし、
最果て愛宕神社一の鳥居の先、清滝トンネル
手前にある愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)を
訪ねてきました。

s-愛宕念仏寺地蔵2.jpg
<愛宕念仏寺>

気候も良く、のんびりぶらぶらと久々の
奥嵯峨探訪を楽しむことができました。
嵐山渡月橋からなんと!約3kmも離れて
いるのでほとんど観光客はいません。

渡月橋から天龍寺前を通過、竹林の径へ
野宮神社、JR嵯峨野線踏切、ここから
奥嵯峨エリアに入り、落柿舎、二尊院、
祇王寺、あだしのまゆ村、化野念仏寺、
奥嵯峨の歴史的建造物保存地区を通り過ぎ、
愛宕神社の一の鳥居が見えてくるとその
向こうに「平野屋」が姿を現し、そこも
通過してしばらく坂道を上ると愛宕念仏寺
に到着です。気づけば清滝トンネル手前
でした。
s-愛宕念仏寺山門.jpg
実はここ、渡月橋から歩かなくても車で来れば、
渡月橋付近からなら10分足らずで来れるのですが…。
駐車場もあります。

s-愛宕念仏寺.jpg
<愛宕念仏寺仁王門横にある愛らしい地蔵>

仁王門を潜り抜けるとご本尊への参道、階段
が目にはいいてきます。ここから眺める地蔵堂、
緑の斜面に点在する地蔵が念仏寺のハイライト。
よく写真で紹介されている風景です。

s-愛宕念仏寺苔むした地蔵.jpg

階段を登りきると地蔵堂、ふれ愛観音堂、本堂、
多宝塔に辿り着けます。ご本尊は厄除け千手観音
(鎌倉時代)です。本堂は国の重要文化財に指定
されています。

s-愛宕念仏寺境内.jpg

また、本堂、ふれ愛観音堂、多宝塔の付近には、
たくさんの地蔵が安置され、またその地蔵達は
それぞれが違う表情をしていてとても親しみが
湧きます。

s-愛宕念仏寺百体地蔵.jpg
<千二百羅漢>
s-愛宕念仏寺本堂.jpg
<愛宕念仏寺本堂>

なぜそこまで各地蔵の表情、造りが違うのか
というと愛宕念仏寺復興のために昭和56年から
十年間ものあいだ、一般の参拝者らの手によって
彫られたものであるとのこと。

中にはテニスラケットを持った地蔵様まで
いらっしゃいました。あなたももし訪ねた時は
探してみて下さい。すぐ見つかると思います!

s-愛宕念仏寺百体地蔵2.jpg
<なぜかテニスラケットでボレーしてる地蔵様>

どこかのんびり時の流れが止まったような境内で
のんびり、地蔵様の様々な表情に癒された時間でした。

奥嵯峨は観光客が多い嵐山より少し離れていて人も
少ないエリアでしたが、最近では祇王寺くらいまでは
結構、外国の人たちも観光に訪れて来られ人通りが
多くなり、とても賑やかになってきましたが、流石に
今回訪れた愛宕念仏寺の界隈は本当に静かでしたよ。

これからのシーズンはもっと気候も良くなり、境内の
木々も色づき始めて風情が出てくると思います。
ぜひ、奥嵯峨探訪の散策へあなたもお越しください。

s-愛宕念仏寺地蔵.jpg
<幻想的な千二百羅漢の風景>

◎愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)
〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
TEL:075-865-1231(おかけ間違いに注意!)
【拝観料】大人300円
【拝観時間】8時〜17時
【交通アクセス】
京都バス 清滝行き(京阪三条、京都駅より)
愛宕寺前下車 すぐ
阪急嵐山駅より徒歩約40分
嵐電嵐山駅より徒歩約30分

http://www.otagiji.com/


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4281285
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
はんなり京太郎さんの画像
はんなり京太郎
はじめまして。 京都生まれ、京都育ち、生粋の京都人「はんなり京太郎」です。 家族は妻と“一姫二太郎”の5人家族。 普段は旅行会社に勤務する既婚のサラリーマンです。 主な業務はパッケージ旅行を造ること、要は格安ツアーの企画造成を担当しております。 ただ、京都はじめ関西のお客様を全国各地にご案内する国内旅行の企画造成が主たる仕事なので普段は“京都観光”に携わることはほとんどありません。 ガイドブックに載っていないようなマル秘スポットや地元の隠れた名店、誰にも教えたくないスポットなど面白おかしくお伝えしていきたいと思います。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。