薄毛予防 成長因子

広告

posted by fanblog

2015年09月25日

洛北 蓮華寺の美しき池泉鑑賞式庭園

こんばんわ。
はんなり京太郎です。

京都はシルバーウィーク明けの天気がすぐれず、
雨、曇りの日が続いております。

s-蓮華寺庭園3.jpg
<蓮華寺書院から眺める池泉鑑賞式庭園>

天候が悪い中、京都洛北は蓮華寺にお参りに行って
来ました。ここは人気もなくなかなかの穴場です。
はんなり京太郎がおすすめする隠れスポットとして
この秋、推奨します。

蓮華寺はもともと現在の京都駅附近にあったとされる
浄土教系の古寺で応仁の乱後に荒廃、寛文二年(1661年)
加賀前田家の老臣今枝民部近義が祖父今枝重直の菩薩
のためにこの地に移築再興したもの。山号は帰命山。
また、再興の際には、石川丈山、狩野探幽、木下順庵、
黄檗の隠元禅師木庵禅師など当時の著名文化人が協力
していることが天和元年(1681年)付の黒川道祐の
「東北歴覧之記」に記されている。

京阪電車で出町柳駅まで行き、そこから叡山電車に
乗って三宅八幡駅(京都八瀬方面)で下車して徒歩10分
大原方面に向かう国道367号線沿いにありますが、
はっきり言って分かりづらく素通りしてしまいます。
s-蓮華時駐車場.jpg
<蓮華寺専用駐車場>
駐車場がありますが、6〜7台程度止まればいっぱいに
なりそうです。紅葉時期以外は車で拝観しても十分駐車
することができそうです。
s-蓮華寺入口.jpg
<蓮華寺山門>
s-蓮華寺山門.jpg
<庫裏から蓮華寺山門を振り返る>

駐車場脇の道をすすむと正面にひっそりと山門が佇む
非常にわかりづらい立地です。
s-蓮華寺境内.jpg

s-蓮華寺地蔵.jpg
<約300体といわれる蓮華寺石仏群>

山門を潜ると石畳が正面の庫裏に向かってまっすぐ続きます。
右手に鐘楼、左手に約300体の石仏群があり、どこか歴史を
感じさせるたたずまいです。

庫裏にて拝観受付を済ませ、そのまま書院へ。この書院から
眺める池泉鑑賞式庭園が有名な寺院でもあり、人気のない
書院から庭園を眺めていると、まるでこの空間が独り占め
してるかのような静寂に包まれていました。時間が止まると
いう感覚はこういうものなのかと感じる瞬間でした。

s-蓮華寺庭園2.jpg s-蓮華寺庭園.jpg
<蓮華寺書院から美しい池泉鑑賞式庭園を望む>
s-蓮華寺.jpg
<書院内部・鷲の杉戸絵が素晴らしい>

書院から庭園へ下りて本堂まで行くことが出来ます。
今の時期は美しい青もみじに囲まれていますが、あと
2ケ月もすれば燃えるような紅葉に包まれてまた違った
素顔をみせてくれる庭園だと確信しました。
また、11月に来ようと思います。その様子は、後日、
お届けしますね。
s-蓮華寺本堂.jpg s-蓮華寺本堂より.jpg
<本堂と本堂から眺めた美しい庭園>
s-蓮華寺本堂天井龍.jpg
<復元された本堂・龍の図>
本堂の天井にはかつて狩野探幽が描いたとされる龍の図が
あったがのですが明治期に失われ、現存する龍の図は1978年
(昭和53年)に仏師の西村公朝によって復元されましたものです。

洛北の静寂に包まれた蓮華寺はおすすめスポットです。
あなたもこの秋ぜひお訪ねください。

◎洛北蓮華寺
京都市左京区上高野八幡町1
TEL:075-781-3494
【拝観料】大人400円 ※小中学生は無料
【拝観時間】9:00〜17:00
【交通アクセス】
叡山電車 三宅八幡下車 徒歩約10分 
京都バス 上橋下車 徒歩約1分


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4218236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
はんなり京太郎さんの画像
はんなり京太郎
はじめまして。 京都生まれ、京都育ち、生粋の京都人「はんなり京太郎」です。 家族は妻と“一姫二太郎”の5人家族。 普段は旅行会社に勤務する既婚のサラリーマンです。 主な業務はパッケージ旅行を造ること、要は格安ツアーの企画造成を担当しております。 ただ、京都はじめ関西のお客様を全国各地にご案内する国内旅行の企画造成が主たる仕事なので普段は“京都観光”に携わることはほとんどありません。 ガイドブックに載っていないようなマル秘スポットや地元の隠れた名店、誰にも教えたくないスポットなど面白おかしくお伝えしていきたいと思います。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。