プロフィール

のんた
大学の法学部を卒業後、独自に株式投資の勉強をしました。ブログではその成果や初心者の方への企画読み物を書いていき、同時に皆さんに有益な情報や商品の紹介をさせて頂こうと思っています。
ハンズネットバナー 100×100サイズ
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
http://fanblogs.jp/nontanodaibouken/index1_0.rdf

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2009年05月06日
株式投資の勉強法
お久し振りです。のんたです。

今日は「株式投資の勉強法」と題しまして、初めて株式投資に触れる方が何から勉強していったら良いのかということを書いていきたいと思います。まず、株式投資の難しい本はやめましょうね。絶対に嫌気が指してしまって勉強しなくなってしまいます。


私のオススメは投資家の伝記を読むことです。しかも、マンガがあればマンガが良いですね。あとは投資家にインタビューしている本だとか、お金持ちや投資家が大きなビルを背にしている写真がついてる雑誌の記事なんかも良いと思います。投資がテーマになっている映画を観るのも良いかもしれませんね。


そんなことで良いの?と不安になった方、多分いると思います。でも、これで大丈夫なんです。というより、これより難しいことは始めのうちはあまりチャレンジしないで下さい。


なぜかと申しますと、皆さんはきっと株式投資に興味を持つくらいですし、それで成功するのだという意気込みも持っていらっしゃると思います。しかし、どんなに勉強ができる人でも(たとえお医者様でも弁護士先生でも)、初めて勉強することに対する能力は小中学生レベルしかないと思って下さい。それまで株式投資をやったことがない人がプロのいる市場で活躍したり、知識的な裏付けもなしに天才的な能力を発揮したりすることもありません。せいぜいカモにされるのがオチでしょう。だから、まずは算数を足し算から習ったように、丁寧に勉強することを心がけて下さい。
そして、だからこそ映画やマンガで良いのです。まずは分かりやすく取っ付きやすいものからです。




もし、本当にあなたに能力があるのなら、そんなに時間をかけずにどんどん難しい本に挑戦できるようになります。そして、スポンジのように知識を吸収できるはずです。だから、焦る必要はありません。急がば回れですね。

2009年04月21日
ウォーレン・バフェット
まず、投資家といえば誰ですか?と問われれば、世界で一番名前をあげられるのは『ウォーレン・バフェット』ではないでしょうか。そして、最も模倣されようとしているのも彼です。


しかし、断言します。彼を模倣しようとして居る人は彼を1ミリも理解してはいません。ブログでもそうです。彼を参考にしているというブログのほとんどが、単に彼に関する書籍を読み、分かったつもりになっているものがほとんどです。


バリュー投資とは何ですか?そもそも何が会社のバリューですか?


これが分かっていれば彼の真似が出来ないことが分かるはずです。バリュー投資の神髄はその企業の価値をどうやって計り、どの程度計るのかにあります。しかしながら、これに関してバフェット自身が誰かに語る事はないでしょう。なぜなら、そんなことは語っても分かる事ではない上に、バフェット自身にも明確な基準があるわけではないでしょうから。

方程式はありません。数学の数式で企業の本質的価値を正確に計ることはできないのです。それは数学で人の価値を評価できないのと同じです。人の未来を予測できないのと同じです。なぜ、企業の価値や企業の未来ならば数式で予測できると考えるのか、私はその方が不思議なくらいです。



大体、バリューを測定する方法はバフェットにとって最大の武器なのです。他人に話すわけはありません。当たり前です。


では、我々には何ができるのか。それは自分独自のバリュー投資の手法を磨くことです。自分で考え、評価する方法を確立することです。そして、その範囲では彼自身の言葉は非常に参考になります。何を基準に自分の考えをまとめていけば良いのかを示してくれます。


バフェットの本を数冊読んだ程度で彼のようになれるなら、彼は今のような大富豪にはなっていないでしょう。バフェットの真似が容易にできるのなら、彼は今のような大富豪にはなっていないでしょう。


大学生や高校生、また位置する立場が彼とは違ういわゆる金融のプロに彼を理解できようはずがありません。そもそも、投資をしようとする上で誰かの知恵に、誰かの手法に頼ろうとしないことです。それは理解とはほど遠い行為です。例えば、あなたが彼の真似をしたとしましょう。バフェットについて知っている知識をもとに企業の価値を数値化してみましょう。彼と同じ数字をはじけますか?たとえば、ある企業の価値を金額にしていくらと具体的に数値化してみて下さい。その数字がバフェットの出した答えに一致しないまでも限りなく近い数字になっていると言えますか?そして、それをどうやって確認するのですか?どうやって彼に近づいていることを確認するのでしょう?




あなたはあなたのやり方でやれば良いのです。誰かの知恵を借りたり、参考にしたりはしましょう。誰かの真似をするだけではいけません。自分の考えに縛られるだけでもいけません。つまりはそういうことです。

Posted by のんた at 10:06 | 株式投資 | この記事のURL
2009年04月18日
資金の話
 たいていの人が必要な資金を稼ぐ事をせずに株式投資に手を出します。ここで言う必要な資金とは一定の額ではありません。自分の投資運用に、また、投資プランを遂行する上で必要な資金のことです。つまり、「株式投資の資金はいくらあれば良いのですか?」や「平均はどのくらい必要なんですか?」といった質問ははっきり言って危険信号です。計画やプランというのは具体的に考えなくてはなりません。サラリーマンやOLで働いた経験がある人は分かると思いますが、こんなことを想像してみて下さい。あなたにはぜひやりたい企画があり、それが凄く魅力的で成功するはずだと信じています。そして、それを企画書に起こし、上司に見てもらうことにしました。しかし、その企画書には重大な欠陥がありました。なんと必要な予算が書かれていなかったのです。それを見た上司はあなたに何と言われますか?きっと予算が書かれていないような企画は通らず、厳しい上司ならお叱りを受けてもう一度考えるように言われてしまいますよね?


 自分の投資にはいくらあれば十分なのか、それを考える事はとても重要なことです。つまり、それが自分が今から何をしようとして何を目指しているのかをはっきりさせることだからです。もし、その金額が分からないのであれば一度落ち着いて考えましょう。そんな曖昧な計画を立てて自分の大事な資金をリスクにさらす必要はどこにも無いのですから。

Posted by のんた at 22:31 | 株式投資 | この記事のURL
2009年04月11日
久しぶりの更新
 久しぶりの更新になります。のんたです。今日は特に難しい話はしません。株式投資ってみなさんにとって何ですか?一度紙に書いて考えてみると自分の投資スタイルを見つめ直す良い機会になると思いますよ。



 もう春ですね。皆さんの投資生活が良いものでありますよう。

2009年04月05日
株を買うということ
 株を買うということは企業、ひいてはビジネスを買うということである。また、その企業が今後も成長し、継続していくと信じることでもある。そして、どうも日本の人達はこういった株式投資に対してネガティブなイメージ、端的に言えば「危険である」というイメージを持っているようだ。


 しかし、ちょっと考えてみて欲しい。特にサラリーマンやOLの方。あなた方の就職先を選んだ理由はどのようなものだったかを。安定していて、これからも成長して行くような企業を選んだのではないだろうか。


 つまり、就職とはお金の代わりに自分の時間と肉体を企業に投資することを指している。そして、それはあなたの全財産さえもその会社に投資していることを指している。つまり、会社が倒産すれば自分の財産のほとんどが失われる、そんな危険な投資をしているということである。

Posted by のんた at 22:37 | 株式投資 | この記事のURL
2009年03月28日
株式投資の是非
本屋で株式投資の本をよく見かけます。また、お金に関しての本もよく見かけます。しかし、一方で絶賛していたかと思えば、一方では全くもって危険だと言ってみたりとどちらを信じて良いのか分からないという状態なのが本音ではないでしょうか。

そうなんです。たしかに皆さんが感じているように株式投資を筆頭に様々な投資には長所と短所があります。さらには巷にあふれている本に至っては著者自身が全く自分の述べていることを理解していないのではないかと疑いたくなるようなものまであります。


そこで、私はここでその点についてきちんと書くことにしようと思います。
まず、ほとんどの投資本が短期的なトレードを投資だと勘違いしているということがあげられます。取引は主にその差額を得ることを目的とし、投資はその投資先の収益と成長から利益を得る事が目的です。取引は必ずしも成長や企業の収益と関係がある株価の変動によって利益を得ているわけではないという点で(これが両者を分ける違いとしてかなり大きいのですが)、取引と投資とは全く別のビジネスモデルだと言えます。また、取引の場合は市場に費やす時間が圧倒的に長く、普段仕事を持つサラリーマンがそちらに時間をそそぐことはなかなか難しいという現状があります。


にも関わらず、ほとんど上記に出て来た書籍類が、読者に対して投資という言葉を使って取引に参加することを勧めているというのは本当に信じられません。


また、サラリーマンに時間がないという理由で投資信託を勧める投資顧問会社に勤める著者という構図の、本当に営業まがいの書籍まであります。これには気をつけて下さい。



しかし、一方で完全に言っていることがでたらめかというとそんなことはありません。問題提起はしっかりしていますし、少しでも豊かな生活をしたいのであれば何かしらのアプローチは必要になるかと思います。インフレ率と利子率との比較などは有効な論点だと思います。


ただ、「お金を増やす=投資」というのは安易かなと。少ない額を投資に回すよりはそれでビジネスを起こして収入を増やす方が良いわけで。何にせよ、お金に関してもう少しじっくり考える時間を取るようにしたほうが良いとは思います。投資も選択肢の一つなのですから。

2009年03月26日
株式投資をすること
私は個人的には株式投資をすることを勧めています。しかし、皆が株式投資をしなくてはいけないということではないと思っています。つまり、投資をするには通貨や債券、デリバティブといったそれぞれの投資商品があるわけです。不動産なんかもそうですね。ただ、それぞれに長所と短所があり、それを選択し、学ぶことが重要です。


では、なぜ株式投資なのか。それは私は一番投資している実感をうけることが出来るからです。企業は確かに社会に存在し、活動しています。それが自分の投資した企業である時、私は自分の行為に誇りをもつことができるのです。

技術的な面を言えば、私は会計を勉強したり、経営に関して勉強したりするのが凄く好きだということもあり、必要な知識や技術とのバランスが良いということもあげられます。

みなさんも自分と向き合い、少しでも親しみのわく分野の投資を勉強してみてはいかがでしょうか。

Posted by のんた at 13:49 | 株式投資 | この記事のURL
2009年03月23日
お金
株式投資を考える前に、お金というものについて考える事は重要なことです。自分が考えているお金というものがお金の本質ではないということがまれにあるからです。お金とは何なのでしょうか。


お金とは単なるデータだという人がいます。確かにそれはそうでしょう。預金通帳の中のお金は単なる数字であり、目の前にそれと同額の紙幣があるわけではありません。しかし、単なるデータと考えるのは少々乱暴な感じがします。


お金とは価値だという人がいます。これは大半の人にしっくりくる考え方だと思います。しかし、これは大きな間違いです。価格とは支払うものであり、価値とはそのものに本質的に内在しているものだからです。


では、お金とは何か。それはお金は尺度だということです。つまり、何かを計る基準です。もっと言うなら便宜上のツールです。お金に意味も価値もありません。

Posted by のんた at 02:04 | 株式投資 | この記事のURL
2009年03月21日
投資とは
つまり、自分に利益が返ってくるような支出のことです。しかし、これはなかなかに判断が難しいので、色々世間では勘違いされて使われています。まず、一番の典型的な例が綺麗な家や豪華な贅沢品を買う時に「これは投資だ」という時ですね。無駄遣いの言い訳にもなっています。


しかし、よく考えてみて下さい。家や豪華な贅沢品は自分に何かを返してくれるでしょうか。特にお金持ちになりたい人は「自分にお金を返してくれるだろうか」という基準を持つべきです。



一方、本を読むという行為はこれとは違い、長い目で見ればその知識が自分のもとに人脈やお金を運んできてくれます。それは本の内容が話題を呼び、教養を身につけさせ、アイディア創造力を鍛えるからです。


しかし、本というものは読むのに時間がかかり、なかなか煩わしいと感じる人が多いのも事実です。誰かが教えてくれたら良いのにと思うこともありますよね。そこで、こちらの商品はどうでしょう。








そうなんです。ビジネス書を読むのではなく聴くのです。これ、ありそうでしたけど無かったですよね。実際、まだまだ知名度は低いと思います。しかし、だからこそ他の人と差をつけるチャンスでもあるんです。もし、これが活用できるようになれば行き帰りの電車の中や何か他の作業をしながらビジネスについて詳しくなれます。しかも、そこで身につけた知識を実際に使用すれば上司、同僚、部下から一目を置かれること間違いなし!!!

また、仕事に関する勉強を効率的にすることにより、プライベートも充実します。興味の在る方は上の広告をクリックして下さい。

Posted by のんた at 14:10 | 株式投資 | この記事のURL
2009年03月21日
本当に数ヶ月ぶりの
投稿になってしまいました。のんたです。


私が留守の間も訪問して下さっていた方々、ありがとうございました。


さて、投資の話です。皆さんはなぜお金持ちになれないのでしょうか。それは凄く簡単なのです。お金を消費しているからです。消費していては貯まる訳ないですよね。つまり、いかに減らさずに増やすかが投資だという訳です。



これまで意外にやってきませんでしたが、ちょっとした予想をしてみます。まあ、予想というよりはプランですが、まずエネルギー問題に注意して下さい。そして、その後、下がり始めるまで取引をしないようにして下さい。下がり始めたらレバレッジをかけて空売りして下さい。


上のような話を聞きたい人は投資家ではありません。ギャンブラーです。
(ちなみにですが、上のプランはかなり上手くいくと思いますよ。私はビジネスをしたいので上のような方法は絶対に用いませんが。)

Posted by のんた at 01:59 | 株式投資 | この記事のURL
>> 次へ
健康・美容・ダイエット♪
リンク集