<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2015年05月29日
トップの条件
伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」を紹介していま、このところは「ころし文句」ということについて見てきましたが今回はトップの条件ということでスピーチについて紹介いたします。


以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

アメリカにおける社長の資格は第一に「胃の腑が丈夫なこと」。第二に「魅力的なスピーチがやれること」。
第三に「フォートフエィスつまり写真うつりがいいこと」の三つだが、まん中の上手な講演」は「応待辞令」の重要な一項目である。

新入社員への訓示は、社長自らがそれぞれに心魂を傾けてやる。
それだけにトップの人生観や人間学が強く滲み出ていて、分析して組み立て直すと、一篇の密度の濃い人物論ができあがる。
東芝社長・岩田弐夫(かずお)の訓示がその典型である。

もともと、講演というのは、最初の三分間は、「いったい、何を喋るのだろう?」と聴衆は期待に燃える。
そんな時、ダ、ダ、ダ、ダッと機関銃みたいに喋ったのでは落第である。
そのコツは聞こえるか、聞こえぬ程度の声で喋りだすのがコツである。
極端にいえば声を発しないで、口だけ動かすのも一つの方法である。


今回は以上です。

いつもにくらべて短いですが、岩田弐夫東芝社長の新入社員への訓示を紹介すると長くなりますので訓示の方は次回に紹介いたします。

私も経験がありますが別にスピーチというほどのものではありませんでしたが、人前で喋るというのは難しいもので後から思い出すと冷や汗モノですが逆に聞く方に回ると上手・下手というのがよく分かります。
結婚式のスピーチはもちろん、ごく一般的なところでは自己紹介などもそうですが確かにある意味で人生観と言うほどの大袈裟なものでなくても、やはりその人らしさが表れるものでしょうね。


因みに岩田弐夫氏は、あの土光敏夫社長に専務に抜擢され昭和51年から昭和56年まで2期4年東芝社長を務められました。


2015年05月22日
小島政二郎の告白
伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」を紹介していますが「ころし文句」ということで前々回からいろいろと紹介して来ましたが今回は小島政二郎の告白から「ころし文句」を見ていきます。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

作家の小島政二郎の告白がいい。
少しばかり長いが「ころし文句」がいきいきと使われているので、引用する。

彼女が成長するに従って、私の好きな、ちょっと憂(うれ)いの利(き)いた、細面(ほそおもて)の、体は小締(こじ)めで、いかにもうまそうな娘になった。
年増になったらたまるまいと思われるような口のきき方、体のこなしを見せる時があった。

私が慶応を卒業する頃、彼女はやっと十七、八の娘盛りになった。
「いやだわ。だんだんあなたが偉くなって、私との間が遠くなって行ってしまいそうで‥‥‥。大丈夫?」

彼女が喜ぶと思って、私が先生になって学校へ残ることになったことを話すと、彼女は少し眉をくもらして、そんなことを言った。

「何を言ってるんだ。大丈夫だよ。小説だけでは、収入が不安定だけど、先生になれば月給が貰えるからネ」
「でも、頼むから、あまり偉くならないで」
「あいよ、面白いことをいうネ。君は‥‥‥」

「だって、私は英語はしらないし、むづかしい本は読めないし、あなたのおかみさんになって、あなたの恥になるようなことにはなりたくないもの」

「わかっているよ。しかし、僕は一生、先生でいる気なんかない。一生の目的は小説家だ。小説家の女房に、英語も、むつかしい本も要るものか」
「本当?」
「本当だとも‥‥‥。いい女房になる自信はあるんだろう。貧乏所帯を上手に切りまわして、亭主をうっとりさせて‥‥」
「いやな人‥‥‥」

やっと明るい顔になって、目の奥に灯がついたような目で私を見て、すぐまた瞳を伏せた。
「もし、この人と一緒になれたら、私の一生は女難史にはならなかったであろう。ある日、忽然として、彼女は私の前から父親ごと姿を消してしまった」と小島政二郎が口惜しがっている。


今回は以上です

大正ロマンと言うか、ふとゴンドラの唄を思い浮かべさせるような今回の場面ですが言葉のやり取りを見ていくだけで「ころし文句」の凄さがうかがわれるとともに奥の深さを感じさせますね。

2015年05月14日
ころし文句の数々
このブログで伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」を紹介していますが人の情感としての喜怒哀楽というものを見つめ直すことで改めて気付くこともあるのではないでしょうか、こういうことで前回に続き、ころし文句の数々を「喜怒哀楽の人間学」より紹介いたします。

恋人と別れた翌日の夕方、手紙がきてただ一句したためてあった。

・沈丁花 言葉少なに 別れけり

恋人と逢って別れた一日か二日というものは、実にやるせなく、つらい。
体に好きな人の匂いがいっぱいについているのに、何処をみても恋人はいない。
どんなに耳をすましても声はきこえない。

そんな思いを五・七・五の短詩型に託して送ってきたのだ。
今すぐにでもとんでいって抱きしめてやりたい思いをぐっとおさえて牧水の短歌を返した。

・何ごとのあるとなけれど逢はざれば こころはかなく 逢はざらめやも

「あれから四十年たった今なお、その頃を回想すると心が華やぐ。
もっとも、現在の僕なら、同じ牧水でも『あはれまた眠り給うやたまさかに 逢う夜はわきて短きものを』とやるけどネ」と老相談役の告白であった。

某銀行副頭取の手帳には、ころし文句のエキスが詰まっていた。

▼「あなたの過去はいいの。
でもネ、一つだけお願いがあるわ。あなたにとって、私を最後の女にしてほしいの」

▼「わたしが思いきろうとすれば、あなたが未練をだすし、あなたが諦めようとなされば、
わたしが諦めきれないし、一体、どうすればいいの」

▼「何時までも愛して下さいとはいわないわ。
でもネ、一生忘れられないような美しい面影を残して別れたいの。せめて別れる時だけでも‥‥‥」

▼「薄情な人だか、やさしい人だか、すっかり、あたしを狂わせてしまった人‥‥‥
さあ、あなたの存分にしてちょうだい。タフで薄情でかわいい人!」

ころし文句は懐剣である。
だから、それがさびついた陳腐なナイフだったり、やたらと人前で飛び出したがるナイフだったら興ざめだ。
つまり、無闇に何度も使ってはいけないということである。
会話の中に何くわぬ顔をして、さらり挿入することによって、ころし文句は生きてくるのだ。


今回は以上.です

「ころし文句」ということで検索してみると、その一言で相手がまいる、きめ手となる言葉また相手の気持ちを強くひきつける巧みな言葉とありますが当に喜怒哀楽の情感に訴えるものだけに懐剣と言えるものなのかも知れませんね。
野暮天の私がどうこう言うよりも今回は、ころし文句の数々を先ずは見て下さい。


2015年05月07日
ほめ方ところし文句
いつものように伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より今回は、「ほめ方ところし文句」ということでころし文句という言葉は穏やかではありませんが、どういうことなのか先ずは、この件を見てみましょう。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

人間、誰しも自分の長所と短所とはよく知っているものだ。
だから、見当外れの長所をいくら賞められても、少しも嬉しくないし、また、長所ではあっても、むやみやたらに賛美されたのでは喜ばない。

つまり、誰もが、心の中では、こうほめてもらいたいというほめかたがある。
それは短所でさえも長所の一部、いや、もっと積極的に短所は長所の成立条件であり、長短あい絡みあった全人格が、それ自体として納得のいくすぐれた点である、というほめ方である。

俗に「ころし文句」というが、ほめることも、ここまでいくとなかなかむつかしい。
因みに一応、大過?なく「遊びの大学」を卒業した会長連中が集まって、女性からいわれて、一番ゾクッとした「ころし文句」の研究発表会をやったところ、傑作が続々と出てきた。

□ 「君に逢って、僕の運命が狂いそうだ」といったら、「あなたのおっしゃってることは全部ウソだと思いますわ。でも、たとい、その場限りの出まかせとは思っても、それを信じなければ、わたしは苦しくて生きていけないの」と受け、ふと、傍の三味をとって、爪びきながら唄うらく

・口説き上手のネ 口説き上手のこの文(ふみ)ごらん。
どうせ狸の筆の先とはしりつつもネ 十(とう)に一(ひとつ)のまこと願うて読み返す



今回は以上です。

「口説き上手のネ 口説き上手のこの文ごらん‥‥十(とう)に一(ひとつ)のまこと願うて読み返す」とは、まさに言い得て妙ですね。

ころし文句とまではいきませんが人間誰しも、ココという部分があって、そこを的確に評してもらえると、たとえ短所であっても長所の一部として長短あわせて「そういうところが彼奴らしい」という言い方(ほめ方)がありますね。