広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2013年12月30日
一年
平成25年(2013年)も今日12月30日で明日は大晦日となりました。

普段はあまり意識することもないのですが、年末年始となって来ると年賀状の関係もあるのかも知れませんが元号で平成とすることが多いのではないでしょうか。

こういう横書きでは西暦で書いた方が読み易いものですし、年賀状のように縦書きのものでは元号で書いた方が見易く分かり易いということもあるでしょうが私などは団塊世代だけに昭和から平成という時代の移ろいを元号で記憶していることが多いように思います。

1年と書くのと一年は、やはり何か違うようで一年と書くと、そこにいろんな意味が込められているような感じがしますが今年から来年へと時は移ります。

今年一年、このブログをご覧いただきましてありがとうございます。
来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



Posted by ゼットキ at 12:14 | この記事のURL
2013年12月25日
昔のクリスマス
ついこの間までは、まだまだ年末という感じもしませんでしたが20日過ぎくらいから急に早くなった様でアレコレと用事が増える割になかなか捗らないこともあるのかも知れません。
それにしても年末の片付けやら掃除そして年賀状書きと考えると、気持ちが急けば急くほど段取りが後先になってしまいます。

12月という月は早いもので今日のクリスマスから大みそかまでは、いつものことながら気忙しい時期となりました。

クリスマスと言うと華やいだ雰囲気がいいものですが昔のクリスマスの光景からすると今は様変わりしましたね。

私の知っている昔のクリスマスというと、お父さんのクリスマスでもあったようで盛り場に繰り出す人が多く、ほろ酔い機嫌で派手な色の三角帽子を被ったお父さんがクリスマスケーキは飲んだ帰りに子供やお母さんへの免罪符で買って帰るというケースが大半でした。

しかし今はほとんど、こういうお父さんの姿を見ることはなく、クリスマスは子供を中心とした家庭と恋人たちのクリスマスとなっています。

クリスマスと言うとちょっぴり昔(ン十年前)のお父さんのクリスマスが懐かしい感じがします。


Posted by ゼットキ at 12:17 | この記事のURL
2013年12月17日
この時期になると
いつものことながら、この時期になると忘年会などで蟹や海老の鍋というと豪華なものですが私はあまり好きではありません。
鍋の蟹や海老はその中の身を取り出さなければならず、これが面倒なのが蟹や海老の鍋を好きになれない理由です。

蟹好きの人に言わせると蟹の身を取り出しながら食べるから美味しいのだということですが、私には面倒な作業にしか見えません。
そういうことで私は蟹を食べないので蟹が嫌いというのは珍しいとよく言われます。

蟹も海老もそうですが鍋からそのまま食べることが出来ないのが面倒なので、何時の間にか食べなくなってしまいました。

その点、すき焼きやしゃぶしゃぶなど鍋から直接食べられるものはいいですね。
食べるまでに面倒なことをしなくても好きなときに、そのままスッと食べられるとチョット一杯の方と上手くリズムが合って気分よく飲めるというものです。

やはり鍋というのは単に料理を食べるだけでなく、お酒を飲むタイミングが大事なようにも思いますが私がものぐさなだけかも知れません。
そういう意味では焼肉も焼けるまで待っているというのが何となく、じれったいもので私はあまり好きになれません。

とは言うもののマァー、この時期になると鍋料理は何でも好みは別にして温かい雰囲気が楽しいですね。


Posted by ゼットキ at 12:15 | この記事のURL
2013年12月09日
キリギリスの話じゃないけれど
前々回、前回は昔ハワイに行ったことを書きましたが今から随分昔のことで当時としては、海外旅行にはよく行った方なのかも知れません。

私も若い頃はこれでも堅実なタイプでコツコツと少ない収入から毎月貯めていたのですが一度少しでも引き出すと次々と引き出し遣ってしまいました。
こういうことから預金やコツコツ貯めるということをしなくなったのですが、私にも景気のよい頃があり当時は毎月の収入も同年輩の人よりは結構あった方だと思います。

あの頃と比べるとイソップの寓話、キリギリスの物語ではありませんが、あの当時は、お金を貯めるとか残すというよりは、よく言えば自分への投資悪く言えば単なる浪費だったと言うことかも知れません。

しかし、景気のよい状態が何時までも長続きするわけもなく、その後は長期の低迷を余儀なくされて海外旅行どころではなくなりました。

昔の海外旅行のことを思い出すと懐かしさもありますが、それだけにイソップのキリギリスの話じゃないけれど現実の厳しさを今更ながら感じています





Posted by ゼットキ at 13:31 | この記事のURL
2013年12月02日
海外旅行の苦い体験
前回は、もう随分昔のことになりますが初めてのハワイ旅行のことを書いてみましたが今回は
ハワイでの苦い体験について書いてみることにしました。

私の苦い体験とは、もう20数年前のことになりますがハワイも3回目のことでした。
飛行機の中でお酒を飲みながら空の旅を楽しんでいましたが良い気分で眠くなって暫く眠っていたようですが、もうすぐ着陸ということで起こされました。

無事にハワイに降り立ったまではよかったのですが何かまだ体は眠っているような状態でボーッとしたまま入国の手続きとなったのですがパスポート等を提示して観光ということで問題なく通過
するはずが係の人が何か英語で言っていましたが事情がよく分からないまま、パスポートを
もう一度取り出しましたが今度はまくし立てるような感じで何か言ってます。

私は英会話は出来ませんが、ユックリ喋ってくれれば単語をつなぎ合わせて何とか分からない
でもありませんが早口でまくし立てるように言われてはサッパリ分かりません。
そこで相手の手許にパスポートを分かるように押し付けたつもりが私が手許をはたいたような格好
になり、そこからが大変でした。

相手はますます、まくし立て別室に連れて行かれ警官にバッグなどを調べられ後から日本語の分かる係官が来て漸く解決しましたが機内で渡された書類を渡せばよかったのですが、その時は気がつきませんでした。

大した時間ではなかったのですが、まさか、こんなことになるとは思いもしない苦い体験でした。



Posted by ゼットキ at 18:49 | この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。