広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年06月29日
どちらでしょう?
1万円でETF投資ということで投資タイミングの様子を見ていたら日経平均がスルスルと上昇してしまい私が狙っていた日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信も値を上げてしまいました。

このブログに書いた時が買い時だったかなという気がしないでもありませんが、差益が取れたとしてもン百円というもので元手が1万円では仕方なく次のチャンスもあるだろう、と気楽に考えています。

こんなこともあって「お金持ち」って一体どれほどの金融資産を持っている人を指すのだろうか、など私には全く縁遠いことですが、何気なく考えてしまいました。
普通は1億円位の金融資産を持っている人が「お金持ち」ということになるのでしょうが面白いことに気がつきました。

どういうことか、と言うと、ある程度の長期間に亘って毎月定期的に一定収入がある場合と定期的な収入はないが現在、一定額の金融資産を持っている場合ではどちらが「お金持ち」なのか、ということです。

例えば今後20年間、毎月30万円の収入があるのと現在8000万円の金融資産を持っている場合ではどちらがよいのでしょうか
私は20年間、毎月30万円の収入がある方がよいと思っています。




Posted by ゼットキ at 00:13 | この記事のURL
2012年06月24日
思惑
この春先から競馬が絶不調です。

五円玉集めやETFも競馬が好調でないと気持ちの上でイマイチ乗り切れないものがありますが、絶不調というトンネルというか迷路に紛れ込んで出口がみつかりそうにありません。

今日の宝塚記念も人気の本命を最初からノーマークにしていては絶不調も仕方がないのでしょうが、結果論から言えば取れる組み合わせの馬券だっただけに終わってみれば「やっぱり」と言っても後の祭りでした。

それにしても競馬の思惑という得体の知れないものの面白さ、と難しさを痛感させられた今日の宝塚記念でした。

得体の知れない思惑を味方にしないと成果というものにつながらないのは競馬や投資はもちろん五円玉集めも一緒のようですね。










Posted by ゼットキ at 23:55 | この記事のURL
2012年06月20日
検討しているETF
投資魅力という点ではFX投資に分があるのでは、と思っていましたがレバレッジ効果の魅力は逆に言えばリスクの裏返しでもあることと、もう一つFX投資で気になる部分は特定口座が利用出来ないということです。

FXの投資魅力ということは見聞きすることがありますがFXで儲けた場合の税金は確定申告が必要ですがETFの場合は基本的に上場株式と同じなので特定口座の源泉徴収ありであれば確定申告は不要ということなのでリスク面と申告の面倒さから考えてETFを投資対象として検討することにしました。

ETFという上場投信を考えていますが、調べてみるとETFは取引が低調なものが結構あるようですが、この4月に大証に上場した二種類のETFは株式と同じように取引されているようです。

そこで、日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信という日経平均が上昇すれば同じ様に上昇するETFともう一つがこの反対の日経平均インバース・インデックス連動型上場投信というもので日経平均が下落すれば上昇するといったものです。

これらのETFは一口単位で購入することが出来るもので少額でも投資が可能で私が考えている1万円で投資出来るものです。

問題はこの先、日経平均が上がると見るか下がると見るか、で違って来るのと上昇・下落どちらにしても投資効果が最大に見込める時期ということがポイントになるのですが今の段階では見通しについては相当難しいように感じています。

私はもう少し様子を見てみようと思っています。














Posted by ゼットキ at 13:47 | この記事のURL
2012年06月16日
どうなんだろう?
複収入ということから、いろいろと考えて来ましたが株式投資よりも少額で出来て面白そうなものという条件でETFはどうなんだろう、と思っています。

株式投資となると、やはり少なくともン十万円は必要になりますが元手が限られていることを思えば1万円でも可能な投資ということでETF投資を研究してみることにしました。

現在はETFの銘柄を検討をしている段階ですが1万円では損得と言えるまでは難しいでしょう、ある意味でアフィリエイトのバナー報酬を得るのと同じぐらいの感覚が合っているよにも感じています。

とりあえずはETFというものを勉強していくことにしましたが、いつやるかと言うタイミングが非常に重要なポイントになるでしょう。
それだけに現在の世界的な不透明感が漂う経済情勢をどう考えるか、微妙なところです。

五円玉探しとは違った期待感はあるものの実際はどうなんでしょうね。



Posted by ゼットキ at 12:01 | この記事のURL
2012年06月10日
日常的にネタになるもの
五円硬貨や五十円硬貨の収集ネタと言うのは私には合っているのですが、探しているプレミアの付く年代の硬貨ってそんなに簡単に見つかるものではありません。

それだけにブログ記事の内容をどんなものにするか、を考えると更新が滞りがちになってしまいます。
また「お金」をかけないモノ収集も私なりに、いろんなモノがありますが日常的内容の記事にはなり難い面があります。

このような観点から日常的にブログを書き易いネタがあればと考えました。
元々は複収入ということについて書いていければと思って始めたブログでもあり、この延長線上にプレミアの付く五円・五十円硬貨収集、将来に価値を生む「お金」をかけない「モノ収集」でした。

もう少し書き易い視点で複収入を具体的に書ければと考えています。
株式投資なども面白いテーマですが、そこまでの余裕がありませんので少額で出来るものということで探したら面白そうなものを見つけました。

具体的な内容は次回に書かせていただきます。

もちろん、プレミア五円・五十円硬貨の収集と「お金」をかけない「モノ収集」も続けていきます。



Posted by ゼットキ at 00:11 | この記事のURL
2012年06月05日
多少は期待?
お宝になるようなモノってないだろうか、と5円玉などの硬貨も特定の年代モノは見逃さないようにしていますが先ず見つからないものですね。

確かに5円玉の流通量そのものが以前に比べて減っているように感じます。
少し前までは小銭の受け渡しには混じっていたものですが最近は、あまり見ることがありません。

だからと言って5円玉が流通していないということでもないと思われますが、逆に言えば希少硬貨になりつつあるということでしょうか。

しかし、5円玉は基本的には5円の価値を持った硬貨であることは言うまでもありませんが以前にも書きましたが平成22年の5円玉は相当なプレミアが付くということですし、平成21年のモノでも価値があるようです。

ただ、簡単には見つからないようで気長にチャンスを待つしかありませんが5円だけでなく収集対象を50円玉にも広げています。

現行硬貨ということで、いろいろと調べてみますと傾向として5円玉と50円玉の発行枚数が近年は少なくなっているようです。

ということで、収集対象になるのは5円玉で平成12年と平成21年・22年のモノと50円玉は平成12年と平成21年・22年どちらも平成22年のモノ一番のお宝になりますが滅多に見つからないようです。

お金をかけずに「つり銭」などで手にする機会を待つだけで大した成果は望めませんが平成17年の5円玉を見つけて調べたところ多少は期待出来るようなので少しは成果が出始めました。



Posted by ゼットキ at 16:23 | この記事のURL
2012年06月01日
財布と小銭入れ
この間から五円玉の収集以外で、お金のかからないモノって何があるだろうと考えてみましたがコレというものは思い浮かんで来ません。

やっぱり自分が「その気」になって集めているモノであれば、それなりの価値があるということだと思います、そんなことを考えながら自分の持ちモノを整理していると二つ折りの財布と小銭入れが出てきました、特に財布を集めているわけではありませんが使わずに仕舞っていたモノのようです。

以前に「お金持ちの人は長財布を使う」ということを聞いたことがありますが長財布は私も持っていますが普段は二つ折りのタイプを使っています。
長財布は背広の胸の内ポケットに入れることが多いと思いますが内ポケットに手帳などを入れていると嵩張るのでズボンの後ろポケットに二つ折りの財布を入れていることが多くなりました。

確かに背広の内ポケットから長財布を取り出す瞬間というのは独特な余裕というかいい感じになるものですね。
その点、二つ折りの財布からお札を取り出す時というのは特に何も感じないもので支払いを済ませるだけの感じです。

長財布も背広の内ポケットに入れて取り出す時が絵になるように思いますが時々この長財布をズボンの後ろポケットに突っ込んでいる人を見かけることがありますが私にはどう見ても格好のいいものとは思えませんし、盗られ易いように思うのですがどうなんでしょうね。

また小銭入れと財布を分けている人と一緒に使っている人って、どちらの方が多いのでしょうね、私は五円玉収集の関係から小銭入れは別に分けて使っています。
しかし、小銭入れは案外と重宝するもので収集の対象にしても面白いかも知れませんね。

使っていない財布を見つけて感じたことを記してみました。



Posted by ゼットキ at 16:01 | この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。