<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2012年03月28日
「俄」 読ませどころ 万吉の取り込みとは
前回は西宮から軽口屋が万吉の命を受けて小春を大坂まで連れて来たものの今回は万吉の方に取り込みがあって小春の待つ新居に戻れない日が続いている万吉の取り込みごとについてです。

以下、司馬遼太郎「俄」より

万吉の取り込みとは、こうである。
ちょうど、小春が西宮から大坂へ移ったきた日、安治川の船番所の川上から幾艘もの船が流れてきた。

万吉は安治川船番所は管轄外だったが、たまたま、この日の夕刻、この船番所に用があってきていた。

船番所の建物は、関所に似ている。
石垣で固めた川岸に面して建てられ、土間に同心組の者が三人、六尺イスに腰をおろして川面をながめている。

奥は、一段あがった畳敷きである。
そこに書役の同心が、机を前にしてすわっている。
入り口の右手の壁には、司法権の象徴である捕物道具がびっしりとならべられており、いかにもものものしい。
番所の前を通過する船の客は、ひとりひとり藩名あるいは居住地、そして名を大声で名乗る。
不審がなければ、「通らっしゃい」と、番所から声がかかる。
そこで船頭がふたたびろを動かして漕ぎさってゆく。

この日の夕、安治川船番所を通過したのがあとで天下を聳動(しょうどう)せしめた天誅組の浪士一同である。
かれらは大和で挙兵すべく、その前日に京の大仏でひそかに集結し、前(さきの)侍従中山忠光という若い公卿を奉じ、淀川をくだっていったん大坂常安橋そばの土州藩船宿坂田屋におちついたのである。

総勢三十数人で、このあと河内・大和で大いに人数がふえるが、とにかくこのときの人数が結成幹部というべき顔ぶれだった。

土州系の浪士が圧倒的に多い。
そのなかには京都ですでに名のある吉村寅太郎をはじめ那須信吾、池内蔵太(いけくらた)、島浪間(しまなみま)伊吹周吉、安岡斧太郎、安岡嘉助といった浪士中の錚々(そうそう)たる連中がいる。
かれらは常安橋ぎわの坂田屋で最後の支度をととのえ、武具類はムシロにつつんで船底にかくし、数艘の船をつらねて船番所までくだってきたのである。

「名を名乗らっしゃい」と番所から声をかけると、船の連中は、
「名か。名は加藤清正」「福島正則」「上杉謙信」などと名乗ってからかったから、船番所は騒然となった。

「ぶ、ぶれいなっ」と、船番所の同心三人が立ちあがると、川の上の浪士団も負けていない。
「やるかっ」と叫んで船から岸へ五六人がいきなり飛び移った。
すさまじい勢いである


以上は「俄」文中の一節でした。



Posted by ゼットキ at 00:36 | この記事のURL
2012年03月21日
「俄」 読ませどころ 小春、万吉の嫁になる
前回は軽口屋を使者に立て小春を嫁に迎える段取りをした件でしたが今回は実際に万吉の嫁として白髪橋の借家におちついた場面です。

以下、司馬遼太郎「俄」より

「諾」(うん)とも小春がいわないあいだに、軽口屋がまめまめしく駈けまわって、坂東屋の主人とも話をつけてしまい、さらに小春を西宮御番所与力堀の屋敷につれてゆき、そこであらためて堀家の養女ということにした。

(まさか酌婦あがりでは)と思う軽口屋の独断の配慮である。
なにもかもおそろしいほどの速度で運ばれた。

堀家の妻女はさばけた婦人で、西宮の呉服屋で日常に必要な、着物類を見たててやり、それを大いそぎで仕立てさせた。
三日してそれが仕上がってきた。
そのうちの一つを小春に着せると、りっぱな商家の娘ができあがった。
「ことさらに武家の娘に仕立てなかったのは小林様が平素町人のかっこうをなさっているからですよ」と妻女はいった。

この女(ひと)も武家の出ではなく、西宮の大きな造り酒屋の娘であった。
日本一の酒どころといわれる西宮では、醸造業者といえば町の大名格である。
そのうちの大どころには辰馬、藤田、万屋(よろずや)、枡屋(ますや)などがあり、この四軒の旦那や家族は、町ではまるで貴族の待遇をうけている。

おなじ、酒に関する稼業でも、自然、階級ができている。
酒に必要な大小の樽をあきなう樽問屋は、造り酒屋の家老のような格のであろう。
樽問屋の旦那でさえ相当な待遇をうけていた。

樽問屋には大ぜいの樽職人がいる。
その職人どもは、樽問屋の家に行ってもシキイからむこうの土間には入れなかった。
いつもシキイのそとで平(へい)つくばり、番頭からの指図を拝聴する。

ある樽問屋のお嬢さまが、ある日町を歩いているとむこうから家に出入りの樽職人がやってきた。
職人は小腰をかがめ、「よいお天気でござります」とあいさつして通りすぎたが、樽問屋のお嬢さまはこのとき白昼で化物に出遭ったほどにおどろいたという。
(樽職人が、立って歩いている)ことに仰天したのである。
彼女はもともと職人とは足のないものだと思いこんでいた。

人間にそれほどの階級があるのだから、酌婦風情となれば人間のはしくれ以下にみられていた時代である。

小春はやがて白髪橋の北詰の借家におちついたが、まだ眉も落さず、鉄漿(かね)もつけていない。
かんじんの婿殿の万吉が、尻無川の番所から帰って来ないのである。
ずっと帰ってきていない。
そのかわり手下の者どもがどんどん泊まりにきて姐さん姐さんと奉るものだから、
(やはり万吉さんのお嫁さんになったのかしら)
と小春は首をかしげて暮らしている。

なにぶん変わった男の花嫁だから、もうたいていのやり方には驚かなくなっていた。
(いまちょっと、番所で取り込みがある)という旨の伝言は毎日とどいていて、
その点、小春は安堵はしていたが。


以上は「俄」文中の一節でした。
番所の取り込みとは万吉に何があったのでしょう、次回をお待ち下さい。



Posted by ゼットキ at 01:57 | この記事のURL
2012年03月16日
「俄」 読ませどころ 万吉、嫁取り宣言
前回で漸く御用盗事件が片付きましたが、今回は万吉が嫁をもらうと決めて、その段取りをする件です。

以下、司馬遼太郎「俄」より

万吉は、事件が片づくと大坂にもどり、尻無川の番所勤務についた。
その日に、「おれも嫁をもらう」と手下度どもに宣言し、軽口屋にたのんで借家をさがさせた。

家はすぐみつかった。
白髪橋の北づめを少し北に入ったところで、夏、満潮の時刻には長堀川にさしのぼる潮の香がにおってくるような町内である。
「それは結構な家や」「ほなら、ご案内します」
「無用やろ。嫁に見させに行かせよう」
「お嫁はどこから?」来るのだす、と軽口屋はきいた。
みな嫁の家も名も知らないのである。

「そうか、まだ言わへんかったか」「へい、まだ」
「西宮から来る」万吉はいった。
言ってから、「そや。そいつがまだ来るかどうかわからんのや。軽口屋、ひとつ口説(くど)いて大坂へ連れてきてくれんか」
「どこのたれだす」「坂東屋の小春や」

「酌婦だっか」とつい口をすべらすあたりは、いかに十文字屋斬り込みの勇士でも、根は軽口屋なのである。
「酌婦であろうがお姫(ひい)様であろうが、おなごはおなご。あれだけのおなごは、京大坂にもそうはおらん」
「へーえ」軽口屋も、坂東屋の小春とは寝たことはないが、顔だけは知っている。
見たところ、酌婦のくせに妙に悪ずれしていないが、どうひいき目にみても、小便くさい小娘ではないか。
(親方も、おなごの鑑定(めきき)はできんとみえる)

「ほんまに連れてきてよろしのか」「ええがな」
「しかし親方の嫁はんになれるだけの」
「ああなれるだけのおなごや。いまは小便くさいかも知れんが、あれは磨けば堂々と明石屋を切り盛りしていきよるやろ」

「しかし親方」軽口屋はしゃべりはじめた。
「親方は明石屋万吉とはいえ、実のところは播州小野一万石一柳様の御家中であり、その侍帳のなかでも上位にお名前の載ったお歴々ですぜ」
「それがどうした」「酌婦ずれと」

「言うない。わいの侍はこれは義侠でなってやった浮世のほんの一時の仮り姿や。
だれがこんな馬鹿な稼業を一生やるかい。
さらば根エは極道屋の明石屋万吉。嫁もそれで行く」
「へい」
「わいが、どこかの御家中のお姫様を貰や、天下のお笑い草や。
第一、わいの臍(へそ)が笑いよるやろ。
男には、やってはならんことがいくつかある。
その大なるものは、笑いもんにならんということや」
「それで、酌婦と」「わかったら早う西宮へ行け」

坂東屋の小春にすれば、明石屋万吉などは見当もつかぬ男だ。
この日も大坂からその子分だという、黒紋付義経袴に大小といった武家装束の男がやってきて、
「通称、天満の軽口屋と申します。ふつつかながら、大坂までお供つかまつります」と名乗ったことさえ、面妖(めんよう)である。
武士かやくざ者かよくわからない。

「軽口屋さんとおっしゃるのは、お武家様ですか」
「へへ、まあ、時節柄、一柳家御雇(おやとい)の足軽格ということになっておりますから、かような風体(なり)をしております。
しかし人の世はすべてお浄土からながめれば仮りの姿で」
と坊主くさいことをいった。


以上は「俄」文中の一節でした。

万吉は嫁をもらうことが出来るのでしょうか、次回をお待ち下さい。




Posted by ゼットキ at 13:13 | この記事のURL
2012年03月10日
「俄」 読ませどころ 御用盗の最期
前回は御用盗が立て篭もる十文字屋の二階に一人で斬りこんで逃げ足だっている急所を万吉は衝いたために御用盗一味が動揺しはじめた件でしたが今回はこの続きです。

以下、司馬遼太郎「俄」より

首領の安岡鳩平がついにたまりかねて、「火をかけい」とわめいた。
放火が、退却の合図でもあった。 
ぱっ、白煙があがった。(こらいかん)と万吉は思ったが、
正面の敵三人が邪魔をして消化にゆくゆとりもない。

万吉はすでに血みどろになっている。
手足や胴に無数の刀傷を受けていたが、気が立っているせいか痛くもない。
煙りが、天井を這いはじめた。(こら息が苦しゅうなるがな)

万吉が歯こぼれだらけの刀をふりまわしながらおもったとき、階段を駈けあがってくる者があり、「天満の軽口屋」と名乗りをあげるなり、弾丸のように万吉の前をすりぬけて、戛(かっ)つと、万吉の前の男と刃をあわせた。
「軽口屋、あぶない」「親方、どきなはれ。わてがやりま」と威勢よくいったが、
どんどん斬り立てられてさがってくる。

万吉は大きく息を吸い、「この餓鬼っ」と横からふりおろした一刀が、その男の肩さきをぐわっと斬り割った。
白煙はいよいよすさまじくなった。
そのなかでもはや動いている影といえば、ほんの一つか二つしかない。
(みな、逃げおったな)

万吉はほっとしたとき、最後の影が、ゆっくりと白煙のなかを遠ざかってゆく。
「うぬア、首領か」万吉が跳躍して踏みこんだが、男は刀を左手で持ち、万吉の刃を受けながしつつ、小屋根へとびおりた。
安岡鳩平である。

夜が明けた。
万吉は半焼した十文字屋のカマチに腰をおろし、近所から炊き出してくれた握り飯をほおばっていると、坂東屋から小春が茶を運んできてくれた。
「いやア……」と、盆をかかえたまま小春は立ちつくしている。
いやア、というのは上方の娘が事に驚いたときの間投詞である。

「なんや」「えらいお怪我」そのとおりだった。
顔から胴、手足の全身に脂薬をぬりつけその上から白布をぐるぐる巻いてまるで人間の形ではない。
「お寝やしたら?」「優しいこと、言うてくれるやないか」
「せやけど、そんなお怪我では寝(やす)まはらんと死にますえ」
「いや、べっちょ(別状)ない」げらげら笑っている。
(阿呆とちがうか)と小春が思ったほど、この石のように不愛想な男が、いかにも滑稽そうに笑う。

「わいはな、ちょっとぐらいの怪我や痛みがあるほうが気イが静まる」
「ちょっとぐらいと違いますやないの」
「いや、こんな目エには子供のころから何度遭うてきたかい」

そのつどこの男は、男をあげ、次第に大坂の町でいい顔になってきた。
極道屋というよりいわば怪我屋とでもいうべき男だが、そんなことは小春の知るところではない。

「あとで、坂東屋へ寄る」といって、万吉は立ちあがった。
立ちあがるとき、さすがに痛いのか顔をしかめた。

(町を一まわりしよう)というつもりである。
表へ出ると、往還のあちこちで人だかりがしている。

万吉は、のぞきこんだ。
御用盗の死体だった。
この死体の男は、いったん裏口から逃げたものの、鼠のように追い出されて往還で取り籠められ、斬られたものらしい。
ずたずたに斬られているがそのわりに血がすくないことをみれば、死体に刃を加えられたのであろう。
(可哀そうなもんや)と思うと、万吉は、煙りがふわふわとあがるような低い声で念仏をとなえはじめていた。

高田屋の軒下の死体も、おなじ経過をたどってここで往生してしまったのであろう。
(首領はどうしたかな)
万吉は、夜明け間に、――ほとんど斬ったはずだ。
という報告をうけている。
南の海の方向へぶらぶら歩いてゆくと、正行寺の塀ぎわにも一つの死体があり、番所の人数がそのまわりをかためていた。

淀ノ町に出た。
そのむこうは浜まで畑になっている。
その大根畑が無残に踏みあらされていて、一人の男が死んでいた。
「この者はたれや」
「首領の安岡鳩平という男らしゅうござりまする」と、番所の者がいった。
顔が血の泥でよごれていて確かめることもできなかった。
万吉は番所の人数がびっくりするほどの大声で念仏をとなえた。


以上は「俄」文中の一節でした。
御用盗事件は片付きましたが、この後の展開は次回をお待ち下さい。













Posted by ゼットキ at 11:49 | この記事のURL
2012年03月06日
「俄」 読ませどころ 御用盗相手の万吉の喧嘩わざ
前回は十文字屋の二階に立て篭もる御用盗一味に対して一人で斬りこむことになった万吉が名乗りを挙げているうちに悲壮な感動を覚えた場面まででしたが今回はいよいよ二階へ登っていく場面です。

以下、司馬遼太郎「俄」より

万吉としては、だっと登ってゆきたいところだが、それでは敵に弾みをあたえるようになりかえって小気味よく斬られる結果になる。

そろり、とあがった。
やがて、上をみた。
上から白刃をかざして見おろしている顔が四つあった。
(こいつらが、あれを冥土へ送る死神か)
と思うと妙に気が沈まり、一つ一つを十分にながめた。
ながめながら白刃を頭上にかざし、そろそろとのぼってゆく。

「まず、籠手を斬(や)れ、こつだ」と安岡鳩平はおちついて指示した。
安岡としてはみながいっせいに万吉の籠手をねらって打ちおろしたあと、万吉の構えの崩れを待って一刀両断に頭をくだくつもりだった。

あとわずか五段というとき、万吉は急に足をとめた。
それ以上はのぼらない。
静まっている。
口をきこうともせず、息さえしているのか、疑わしい。
顔は、土色であった。

そのままで階上の人数と対峙(たいじ)したが、あせったのはむしろ人数の多いほうである。
一人が安岡の制止をきかず、階段の降り口から一段降り、「こいつ」と太刀をふりかざしたとき、疾風のように万吉はその男のふところにとびこみ、左手にもった短刀でわき腹をぐさりと刺した。

短刀は敵の肉の中に残し、そのまま敵のえり首をつかんで楯とし、一気にのぼりきった。

みごとな喧嘩わざである。
楯にしていた男を突っ放すと同時に刀を袈裟に旋回して他の一人を叩っ斬った。
斬られた男はどどどどと階段から階下へ落ちた。
つづいて楯にされた男も、短刀を脇っ腹に植えこまれたまま階段を落ちた。

「逃がしてやる」万吉は、躍り場を離れず、壁を後ろ楯にしながら御用盗の連中にいった。
「いまなら逃げられるど」顔中、口にして叫んだ。
これも喧嘩のこつというべきものだろう。
御用盗どもは逃げたいのだ。
腰がふらついている。
逃げ足だっていた。
その急所を、万吉は衝こうとしていた。

「逃げえっ」万吉は、わめいた。
いかに万吉が敏捷な男でも、相手が逃げることを断念して必死でかかって来られてはたまらぬのだ。
「頼む」とまで叫んでいた。
「裏口から飛び出せ。
裏庭をまわって浜へぬける露地には人数はおらん。
行け、行け」とわめきながら剣をふるい、敵と渡り合っている。
敵は動揺しはじめた。


以上「俄」文中の一節でした。
この後の万吉と御用盗の結末は次回をお待ち下さい。



Posted by ゼットキ at 00:25 | この記事のURL