<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf

広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
2010年11月23日
2010年冬のボーナス
この間、新聞に2010年冬のボーナスということでモニター調査の結果が載っていました。
以下、掲載記事より

それによると今冬のボーナスは「昨年並み」と予想する人が52%で最も多かった。
昨冬はリーマンショック後の景気悪化の直撃を受け、ボーナスが大幅に減少。

「昨冬並み」という予想は「昨年並みに厳しくなりそう」という不安でもある

今冬のボーナスの使い道で最も多かったのは「貯蓄」41%(今夏の調査では38%)で、「生活費の補てんなど」(22%同21%)とともに、今夏より配分割合が増えた。

余裕が垣間見えた今夏に比べて、再び引き締めにかかる人が多く、ボーナス予想をもとに「これから節約する」(12%)、「これまで通り節約する」(72%)を合わせた節約派が8割を超えた。

円高や猛暑も家計に大きな影響を及ぼした。
今夏以降の円高は輸入品の値段を押し下げたが、同時に猛暑で野菜など生鮮食品が値上がりし、家計を圧迫した。

差し引きすると猛暑による値上がりの打撃の方が大きいと感じる人が約7割を占めた

上記は新聞記事からの引用です。

やはり生活実感としてはまだまだ厳しいと言うのが現実の様でボーナスの使い道の割合を見ると次のようになります。

「貯蓄」41%「生活費の補てん」22%「住宅ローン返済」11%「耐久消費財などの買い物」10%「旅行・レジャー費用」10%「投資」6%となります。



Posted by ゼットキ at 13:42 | お金 | この記事のURL
2010年11月19日
クーポン共同購入サイト調査から
前回、11月16日のクーポン共同購入サイト調査結果の続きです。
調査結果によると運営会社のサイトに会員登録して実際に利用したことのある人を対象にどんな分野で利用したのか聞いたところ、「レストランなど飲食店での食事」が58%で最も多い

次が「食料品・飲料などの購入」(24%)となっており、食の分野で関心が高いことがうかがえる。

利用した理由については88%の人が「割引率が高くお得だったから」と回答し、満足度については、90%の人が「満足」と答えたとあります。

因みに利用した分野の3位以降は次の通りです。

位 エステ・スパ・美容・マッサージ
4位 食品・飲料品以外の物品購入
5位 宿泊施設
6位 レジャー施設


以上ですがサイトに提示された商品やサービスの中身と割引率をてんびんにかけてお買い得かを判断するのは、賢い生活の知恵とも言えるかも知れませんね。


Posted by ゼットキ at 13:37 | お金 | この記事のURL
2010年11月16日
クーポン共同購入サイト調査結果
先日の日経新聞にクーポン共同購入サイトについての調査結果について「クイックサーベイ」という欄に掲載されていました。

調査方法は調査会社を通じ5〜6日に全国の20歳以上を対象にインターネットで実施、1000人からの回答を集計したものとされています。

今回のアンケートでクーポン共同購入58%の人が「知っている」と答えています。
ただ、すでに利用したことがある人は5%にとどまるが今後は利用してみたいという人が約60%もおり、潜在的なニーズは高そうだ

何かお得なモノはないかと、こうしたサイトへの訪問者は月に数百万人に上るという

この続きは次回に紹介します。



Posted by ゼットキ at 11:28 | お金 | この記事のURL
2010年11月09日
アフィリエイトの成果?
このところアフィリエイトということを意識する様になりましたが、だからと言って成果が上がっているか、と言えば相変わらず成果は上がっていません。

しかし、あまりアフィリエイトってことに拘っても仕方ないようにも感じています。

要は皆さんに読んでもらえるブログにすることがポイントということなのでしょうが、それだけに読んでもらえるウリとなるモノをどれだけ用意するかに尽きると思っています。

ウリとなるモノって単発モノなら結構ありますがシリーズ化するとなると難しいものです。

例えば日本人の個人資産は約1400兆円に達し先進国の中でも群を抜いた水準にありますが私の実感からすれば一体どこにそんな「お金」があるのか、ということなども単発なら書けても続けて行くのは難しいものです。



Posted by ゼットキ at 19:45 | お金 | この記事のURL
2010年11月05日
生活の知恵
民間の勤労者の所得の実態を調べて、国税庁が9月に発表した「民間給与実態調査統計」によると、昨年12月末時点での民間給与所得者の平均年収は前年から24万円減って、406万円だった。

ということです。

確かに感覚的にも生活条件が厳しくなっているということは思っていましたが具体的な数字になると、より現実感を増してくるものです。

こうなると生活防衛という面も考える必要もありますが、ではどんな方法があるのかと言うと難しいものですね。
ただ、こういう時だからこそ生活の知恵というものが求められるように思います。


Posted by ゼットキ at 15:14 | お金 | この記事のURL