<< 2010年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2010年06月25日
変わらぬモノ
先日、予定までに少し時間があったので本屋にでもと思いましたが生憎近くに本屋がなくデパートがありましたので、デパートなんて久し振りなので入ってみることにしました。

デパートに入ったもののコレといって欲しいモノがあるわけでもないのですが、とりあえず紳士モノを扱っている階を見て回り最後に時計を見てみました。

やはりブランドモノの時計はそれぞれに見応えがありましたが、もちろん私に手が出せるわけでもないので見るだけでした。

ブランドモノの時計というのは新旧あっても、それ自体が変わらぬ価値を持っているもので普段はほとんど多くのブランドモノの時計を見ることなどないので、こういう場で見ると尚、一層のこと「変わらぬ価値」を感じました。


Posted by ゼットキ at 13:25 | この記事のURL
2010年06月23日
新聞
最近は新聞を定期的に自宅で配達してもらって購読されている方が以前に比べて減っている様に聞きます。

確かに昔と違ってニュースなどはテレビや他の媒体、特にインターネットなんかは即時性がありますので新聞とは比較にはなりません。

私自身は新聞の小説やコラムなどは結構好きですし、ニュースや社会の動きに対する報道というより、その掘り下げ方はテレビやネットとは違った視点で評価しています。

ただ、今後はipadなどの登場により電子媒体に注目が集まることも予想されるのでしょうが結局は中身の問題で電子媒体であろうと紙の新聞であろうと読者の求めるモノにドコマデ迫れるかがより問われて来るように思います。

電子書籍や電子媒体というモノが盛んになればなるほど、ブログと同じで書かれている内容にどれだけの価値があるか、ということでしょう。


Posted by ゼットキ at 13:26 | この記事のURL