<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2013年02月26日
節約とプチ贅沢
先頃、ネットで面白い調査結果を見つけました。

それはアサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所が去年の12月5日〜11日までに行ったプチ贅沢に関す意識調査と今年の1月30日〜2月5日に行った節約に関する意識調査です。

以下、アサヒグループニュースリリースより

2012年12月に『プチ贅沢』、2013年1月から2月にかけて『節約』に関する意識調査を行いました。
『プチ贅沢』とは『日常生活におけるちょっとした贅沢』と定義して質問しています。

節約に関する意識調査において、日ごろから「節約を意識する」という回答は全体の92.7%となりました。
一方、プチ贅沢に関する意識調査では、「プチ贅沢をする」という回答が全体の75.3%となりました。
この結果から、多くの人が「節約を意識しつつも、プチ贅沢を楽しむ」ことが推測されます。
この傾向は、男性よりも女性に強く見られました。

自由回答では、「普段は倹約するが、家族の誕生日には少し豪華な外食をする」、(女性50代)「普段なら発泡酒ですが、ホームパーティーの時はビールを選ぶ」(男性50代)など、「節約を意識しつつも、特別な日にはプチ贅沢を楽しむ」という意見もありました。

男性のプチ贅沢トップは「お酒」(49.3%)、女性のトップは「お菓子」(68.1%)、2位は男女ともに「外食」(男性:48.6%、女性:49.3%)となりました。

プチ贅沢をする理由のトップは「楽しいことがあったとき」(39.6%)、2位は「ストレスがたまったとき」(37.5%)となり、する理由にはポジティブ型とストレス発散型の2種類が上位となりました。

「節約を強く意識する」という回答は、2009年の調査では39.1%でしたが、本年の調査では28.7%と減少傾向にありました。
また、「節約を苦しいと思ったことが無い」という回答は全体の49.7%を占め、節約を意識した生活が日常生活に定着してきた様子が伺えます。


以上です。

贅沢でなくプチ贅沢というのが時代をうまく反映した質問ですが、節約がごく当たり前に定着している中でのプチ贅沢って、ある意味で日常における暮らしの知恵ですね。

私のプチ贅沢は競馬の馬券が的中した時ぐらいは、いいお酒(日本酒)を飲みたいですね、と言っていたら飲む機会がないのかも知れませんが(笑)。

皆さんはどんな時にどんなプチ贅沢をしているのでしょう





























★ドンペリロゼに勝ったワイン★




Posted by ゼットキ at 19:41 | 調査 | この記事のURL