<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    



<a href=
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
新年あけましておめでとうございます (01/09)
ゼットキ
昼飯の値段 (01/09)
yume
昼飯の値段 (01/09)
yume
新年あけましておめでとうございます (01/09)
ゼットキ
更新を再開することにしました (12/10)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2018年02月11日
聞き惚れる歌
私の好きな歌ということで、いろいろと取り上げてきましたが、あの時あの頃を思い出せばまだまだありますがキリがありません。

あの時あの頃ということで一番最初に思い出すのは私が社会に出た頃によく聞いた歌で「若者たち」と言う歌は歌詞の「君の行く道ははてしなく遠い だのに なぜ 歯をくしばり 君は行くのか そんなにしてまで」と言うところがあの当時若い人の気持ちを掴んだのではないでしょうか。

今この歌を思い出して果て、私は遠い道をどこまで歩いてきたのだろうか、途中で歩き疲れて諦めてしまったのだろうか、ふと人生というものを考えさせられます。

ところで好きな歌で自分が歌う歌と自分が歌うより聞いていたい歌があり、聞き惚れてしまう歌もあります。
その中でも三波春夫の「俵星玄蕃」という歌は三波春夫でなければアノ臨場感たっぷりの迫力は出せないのではないでしょうか、私も何度か挑戦してみましたが、やはり無理でした。
しかし、この歌を聞いていると何故か心がジーンと熱くなってくる気がして聞き惚れています。

聞き惚れる歌と言えば美空ひばりの歌ですが、その中でも私が好きな聞き惚れる歌というのは「人生一路」と言う歌です。
この歌は歌いやすい歌のようですが、このメロディーと歌詞は何と言っても美空ひばりが歌ってこその歌ではないでしょうか。


聞き惚れる歌やよく歌っていた好きな歌はまだまだ一杯ありますが、こういうサイトを見つけましたので今回はこのサイトを紹介して私の好きな歌の一応の区切りといたします。



この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント