広告

posted by fanblog
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf

広告

posted by fanblog
2017年03月26日
三つの教訓
伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」から幕賓の人間学ということで、今回は魏の文候の幕賓だった李克が文候から魏の宰を魏成(ぎせい)と翟璜(てっこう)のどちらにするかということで「宰相たるの五つの条件」を挙げた基準からすると魏成が任命されるだろう、ということを李克は親友の翟璜に話した続きです。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

翟璜が興奮して、何かいおうとするのを制した李克は、さらに言葉をつづけた。

「この際、冷静に考えてみろ、魏成は俸給の九割をさいて人を養い、自分は一割で暮らしている。その結果、孔子の高弟である子夏をはじめ、その弟子の段干木、田子方など、天下に名だたる学者を魏に迎えることができた。また、文候はこの三人を師の礼をもって遇しておられる。ところで、お前も、さきにいったように、たしかに五人の人物を推せんしたし、それぞれに役立っていることは事実だ。だが、大事な点を一つ見落としている。それは五人が全部、文候の家来になっていることだ。魏成の推した三人の学者が師礼をもって遇され、お前の推した五人の人物は家来となっている。
魏成とお前との人間の違いは一目瞭然ではないか」

翟璜は一言もなく、深々と頭をさげた。

蛇足をつけ加えれば、文候と李克、李克と翟璜とのやりとりには三つの教訓がある。

一つは、人事に私的な情実をもち込まなかったことである。李克と翟璜との関係は文候も知悉している。
ここで李克が翟璜を推したら、李克はそれなりの人間に評価されてしまう。
二つは、宰相は誰がいい、とはっきり名ざしをしなかったことである。もし、名ざしをしたら、あとにしこりがのこる。それとなく悟らせ、あとは文候自身の決断に俟たねばならない。
三つは、その足で翟璜を訪ねて事情を報告し、納得させたことである。もし、それをやらずに、後日、噂として翟璜の耳に入ったら翟璜と李克の友情は破局となったかもしれない。この種の話というものはストレートにきけば何でもないことが、第三者の口を通じて入ってくると、事実がゆがめられ、悪意の尾ひれがついて、きわめて不愉快なものになってくる。
そういう事態になる前に、いいにくいことを早目に相手に伝えて、事前に了承させたのである。

今回は以上です

魏成が宰相に任命された理由は上記を読んでもらえば分かりますが、「宰相たるの五つの条件」からもうかがえるのではないでしょうか。
また、三つの教訓、人事に限らず言い難いことを早目に相手に伝えると言うのは、いつの時代においても大事なことですね。

これで「伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」の紹介を終わりますが、私の読後感を記して完といたします。


この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント

 

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。