<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
更新を再開することにしました (12/10)
二丁目の夕日
更新を再開することにしました (12/10)
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2017年02月15日
義を買う
伊藤肇の『喜怒哀楽の人間学』より幕賓の人間学ということで、馮諼(ふうけん)という押しかけ幕賓について前回の続きです。

以下、伊藤肇の『喜怒哀楽の人間学』より

そんな経緯があって間もなく、孟嘗君が「会計に明るく、しかも貸金のとりたてのうまい人物」を幕賓の中から募ると、まっさきに馮諼がすすみ出た。

民に貸しつけた金がこげついたのを取り立てるのだから、あまり楽しいことではないし、大丈夫たる者のやる仕事としてはパッとしない。
だから馮諼が名のり出た時には、他の幕賓たちは<何て、バカなことを、この男は気負い込んで買ってでたんだろう>という顔をした。

しかし、そんなことにはお構いなく、民たちの借金の証文である割符を積み終えてから馮諼がきいた。
「すっかり、借金をとりたてましたら、それで何を買って参りますか」
孟嘗君は「うん」といって、しばらく考えていたが、やがてこういった。
「ここにないものを買ってきて頂こうか」

「わかり申した」と馮諼は取りたて地の薛(せつ)の地へ急行すると、直ちに役人に命じて、債務者全員を集合させ、ひとつひとつ、証文の割府を合わせると、やおら、立ちあがって、「貸しつけ金は全部帳消しにする」と宣言し、割符を悉く火中に投じた。

薛の民は「孟嘗君、万歳!」と唱えて狂喜した。
そうしておいて、馮諼はすぐさま故国、斎にたち帰った。
あまりにも早い帰国に孟嘗君が驚き、「全部、とりたててくれたのでしょうな」ときくと「のこらず、とりたてました」という。

「それで何を買ってこられたのか」とたたみかけると「出立にあたって、おうちにないものを、といわれたので、頭をひねりました。
私がひそかに見まするに、殿の宮中には珍しい宝がいっぱい、美人は後宮にひしめき、千里の名馬も厩に満ち満ちている有様なので、これといって買ってくるものはございません。
だが、よくよく考えてみますと、『義』の一字だけがありませんので、その『義』を買って参りました」

馮諼の真意をはかりかねた孟嘗君が「義を買うとはどういうことなのか」と聞き直すと「いま、殿には、ちっぽけな薛しか領地がおありにならぬのに、その領民を赤子(せきし)としてかわいがりもせず、まるで高利貸のように金を貸しつけて、利を貪ろうとなさる。
だから、私は貸しつけ金を全部パーにして領民たちにくれてやりました。
領民たちは踊りあがって喜び、殿の万歳を叫びました、これが殿のために『義』を買った、ということです。
と答えた。

はたして、その言葉通り、孟嘗君は、その後、薛公となり、地位を全うして薛で一生を終った。

また、こんなこともあった。
孟嘗君が苦境に陥り、三千といわれた幕賓たちが一人のこらず逃げてしまったとき、馮諼だけは側を離れず、八方、画策して、孟嘗君をもとの位にもどした。
そして、一時、孟嘗君を見限った連中がもどってくる時は快く迎えることをすすめた。

「幕賓」の「幕賓」たるゆえんは、この見識である。

今回は以上です。

私は「義に由って立つ」という言葉が好きですが、「こうでなくてはならぬ」というものを感じます。
義とはなにか、よければ考えてみてください。

この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント