<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2017年01月23日
清白の士は爵禄をもって得べからず
伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」から三人の心友について紹介してきましたが、今回はその「三人の心友」という幕賓(ばくひん)についての定義です。
幕賓という言葉自体、今では聞かれなくなっただけに、幕賓とはを知る機会になればと思います。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

「ジャーナリスト」「宗教家」「名医」の「三人の心友」は何れも幕賓であり、パーソナル・アドバイザーである。
中国では、この幕賓が歴史の重要な役割を演じているが、幕賓を定義してみると、もともと、帝王を非常に好きである。
しかし、毎日、裃(かみしも)をつけて朝廷へ出仕するのは窮屈でかなわない、という一種の浪人的風懐と気骨とをもった人物である。

「浪人的風懐と気骨」とは何か。
伝記作家の小島直記が、その著『無冠の男』<新潮社>の中で明快に指摘している。

「その位にありて、その事を行はざるは尸位素餐(しいそさん)の徒なり。その位にあらざるも、その事を行ひ、ことに自家の米塩を憂へずして、君国の経綸に志す者は浪人なり。すなはち、浪人は、政府または人民より頼まるるにあらず。また一紙半銭の報酬をも得るにあらずして、自ら好んで天下の事にあたる」のが浪人の真骨頂で、「筆者の名もわからず、表現も古風だが、見事に浪人のポイントを掴んでいる」

と小島の評である。

したがって、こういう人物を幕賓として迎えるためには、帝王自体にかなりの魅力がなくてはならない。
逆説的にいえば、いかなる幕賓を何人かかえているか、によって帝王の器量がわかるのである。

中国の古書『六韜三略(りくとうさんりゃく)に「清白(せいはく)の士は爵禄(しゃくろく)をもって得べからず」とある。
立派な人材を得るためには爵禄を惜しむな。同時に、爵禄などで釣ろうと思ってはいけない。
これが幕賓に対するけじめであり、礼儀である。

今回は以上です

幕賓の定義、一種の浪人的風懐と気骨とをもった人物を指すということは分かっても具体的な人物像が思い浮かばないのではないでしょうか。
私がイメージするのは、幕末の志士に影響を与えた横井小楠であり、今ひとりは宮崎滔天という人物ですが天下国家を声高に論じるというよりも、当に自ら好んで天下のことにあたるというに相応しい人物では、と思っています。

私が思い浮かべる人物はさておき、次回に幕賓とは、このような人物ということで紹介していきます。


尚、良ければこのページの左側にあるバナー、どれでも一つ「いいね」の代わりにクリックしていただければ幸いです。


この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント