<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2017年01月10日
「立派な宗教家」が何故心友として必要か
伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」から三人の心友ということで「すぐれたジャーナリスト」「立派な宗教家」「名医」のうち前回は「すぐれたジャーナリスト」を紹介しましたので、今回は「立派な宗教家」についてです。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

「立派な宗教家」が、何故、心友として必要か。
フランスの心理学者、エミール・クーエは「人間というものは、自分の心の中にはかりがたい力をもっている。
これを無意識にとり扱う時には、しばしば有害になるが、反対に意識的にかつ賢明な態度で取り扱えば、自分を支配することができ、しかも、生理的、精神的障害から自分を避けることができる」といっている。

これを意訳すると、こういうことになる。
たとえば、三十センチ幅の板を地上に置いたとする。
誰でも、片目片足で、その上を歩くことができるが、同じ板を百メートルの空中に吊ったとすると、恐ろしくて這って渡ることもできはしない。

何故だろうか? 理由は簡単である。
地上では足をすべらせても絶対にケガをすることはない、という確信が精神を闊達にし、これが肉体に作用して、のびのびと行動させることになるのだ。
その反対に、板が空中にある時には、もし、足を踏みはずしたら、脳天を打ち砕いて即死である。
その思いが頭にこびりついて離れないために肉体が委縮してしまって、地上なら平然とやれることが空中では手も足もでない状態に陥ってしまうのである。

本来、信仰とか、宗教心とかは、そういうものであるが、一人の作家と一人の学者とが、その核心を衝いた発言をしている。一人はスエーデンの作家、ストリンドベリである。

「君が経験か、直感かで、宗教とは何であるかをすでに知っていなければ、宗教についての説明はできない。また、説明してきかせたところで、君たちには馬鹿げたこととしか思わないだろう。だが、君がもし、宗教とは何かを知っているなら、いろいろと説明することがある。そして君にもわかるだろう」

もう一人は『善の研究』で有名な哲学者、西田幾多郎である。

「世の中には、往々、何故(なにゆえ)に宗教が必要であるか、などと尋ねる人があるが、かくの如き問いは、何故に生きる必要があるのか、と問うのと同一である。したがって、かかる問いを発するのは、自己の生涯の真面目ならざるを示すものである。真摯に考え、真摯に生きんと欲する者は必ず熱烈なる宗教的要求を感せずにはいられないのである」

昔から、北条時宗における無学祖元(むがくそげん)、足利尊氏における夢窓疎石(むそうそせき)。徳川家康における天海。住遠財閥の名総理事といわれた伊庭貞剛(いばさだたけ)における峨山。協和発酵会長の加藤弁三郎における松原致遠。日本信販会長、山田光成における梶浦逸外(かじうらいつがい)。資生堂相談役、岡内英夫における苧坂(おざか)光龍。宮崎交通相談役、岩切章太郎における木津無庵といったように一廉(ひとかど)の人物には必ず偉大な宗教家がついている。

しかし、この宗教家にもホンモノとニセモノとがある。いや、ニセモノのほうが幅をきかせている世の中である。
たとえば、本当の禅坊主は、あっけらかんとしているものである。毎日、きちんと座禅をやっているくせに座禅などやっているようなことは一言もいわずに飄(ひょう)々としている。それがホンモノである。

ところが、自分が禅僧であることを意識して、いかにも豪放磊落にふるまうのは大体、インチキと思って間違いない、そんなのは、一見、豪放にみえて、裏のほうでは小心翼々として俗世間のことばかり気にしているつまらぬ坊主である。

事実、峨山老漢を師として、禅の深淵を高めた伊庭貞剛などは、生涯を通じて、在家の人々の前では禅を談じたことは一度もなかったし、居士などと称して、わがもの顔に偈(げ)などをひねくったり、ことさららしく禅語を喋(ちょう)々する奴は大嫌いだった。

そういえば、ヒトラーに対するレジスタンス運動で倒れた牧師にして神学者のディートリッヒ・ボンヘッファーは「神の前に、神と共に、神なしに生きる」という名言を残している。
信仰者の真の生きかたは無神論者のような生きかたである、というのである。

神について、もっともらしいことや、わかったようなことをいう人間は最も神から離れた存在である。
あたかも、人生や恋愛について得々と語るのは、本人の体験の浅薄さを物語っているようなものである。
しかも、それらは自分のことを喋っているにすぎないのだ。
同様に、神について饒舌すぎる連中は、神にことよせて、自分のことを語っているのだ。

今回は以上です

「立派な宗教家」が何故、心友として必要か、ということで長くなりましたが分けて紹介すると分かり難いような気がしましたので長くなりましたが、著者の宗教観ということからも「立派な宗教家」が必要という部分は一挙に紹介いたしました。

人それぞれに宗教観はあるでしょうが、西田幾多郎博士の「真摯に生きんと欲する者は必ず熱烈な宗教的要求を感せずにはいられないのである」という件は納得させられるものがありました。
また、三十センチ幅の板の話は以前に紹介した「百尺竿頭にのぼりて、手足を放って一歩を進めよ」という言葉を思い出しました。


この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント