<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
人物論 (03/25)
小町
人物論 (03/24)
ゼットキ
何度も読み返し得る本 (03/05)
yume
何度も読み返し得る本 (03/05)
ゼットキ
爵禄は得易く、名節は保ち難し (11/21)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2016年03月02日
何度も読み返し得る本
学生時代の伊藤肇が安岡正篤の「世界の旅」という本を読んで、禁断の木の実を齧(かじ)ったような恍惚と戦慄を覚えたという件の続き伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より紹介いたします。

以下、伊藤肇の「喜怒哀楽の人間学」より

□ ナポレオンは恐ろしく名誉心が強かった。権力に対して、猛獣のように貪婪(どんらん)であった。
ナポレオンが第一統領から次第に権力を拡大強化して、帝王の位を虎視眈々(こしたんたん)と狙っていた時、ジョセフィンは女らしい直覚で、それを大変に気づかった。

ジョセフィンは皇后などといわれるより、むしろ、今のままで幸福に暮らしたい。
なまじ、ナポレオンが王位などに即(つ)けば、どんなことが始まるかもしれぬ。

家庭ももはや家庭ではなくなって、殊に自分とナポレオンとの間には子供がいないから、王位継承問題などで早速、どんな悲しい目に遭わぬとも限らない、と終始述懐していたが、一八〇九年十一月、とうとう、ジョセフィンの心配が実際になって、ナポレオンとオーストリア皇帝との通婚の犠牲になった時、彼女は悲嘆のうちにも、「わたしは、かねてこうなることと覚悟していた。あの人は自分の野心のためには人を犠牲にしても構わぬ人だから」といっている。

□ エマーソンはその名著『代表的人物論』の中にプラトンを哲学者、スエーデンボルグを神秘家、モンテーニュを懐疑家、シェークスピアを詩人、ゲーテを文人としているのに対して、ナポレオンを俗人の代表に挙げている。

□ ナポレオンの逸話なり、言行録なり、伝記なりをひもとく幾千百万の読者は何れも皆、その一頁一頁を楽しむ。
それは読者がその頁に自分自身の歴史を学ぶからである。
ただ、どうにもならぬことは、ナポレオンのような世俗的英雄は、いつか民衆から飽かれることである。

「その生涯において、何度も読み返し得る一冊の本を持つ人は幸せである。
さらに数冊を持ち得る人は至福の人である」

イントロでも引用したモンテルラン<仏・作家。代表作に『サンチャゴの聖騎士団長』>の名言だが、筆者は、この『世界の旅』をくり返し、くり返し読んだ。
そして読み返す度毎に新鮮な喜びを味わった。


今回は以上です。

今回、紹介したいところはナポレオンと言うよりも「その生涯において何度も読み返し得る一冊の本を持つ人は幸せである‥‥」という部分で本で私も、この「喜怒哀楽の人間学」を含めて何冊かは何度も読み返しているので内容は分かっているものの読む度に以前に読んだ時とは違ったものを感じます。

新しい本を買っても見出しだけで後はなぜか読む気にならない本がありますが、何度も読んでいるのに読みたくなる本というのは味わい深いものがあると言えるのではないでしょうか。

本屋などで、よく見かけるノウハウ本はタイトルだけを見ても手に取る気はしませんが、本を手に取りながら頁をめくっていくうちに何かピンと来る本との出会いは人生ホントの出会いになるように思います。


この記事のURL
コメント
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

コメント
yumeさん、コメントありがとうございます。

本も人と同じで相性というものが、あるのかも
知れませんが何度も読み返したくなる本と
いうのは、本を介して著者や作中人物との会話を
しているわけで会話なら、その時々でいくらでも
出来ると言うことかもしれませんね。

本の魅力というのは、そういう会話の楽しみと
いうもののような気がします。
Posted by:ゼットキ at 2016年03月05日(Sat) 18:09


ゼットキさん ご無沙汰です♪

「生涯において何度も読み返し得る一冊の本を持つ人は幸せである‥‥」

...なるほどですねぇ(*⌒∇⌒*)
買っても何故か
読む気にならない本もありますが...

確かに、何度も読みたくなる本って
ありますね〜♪

何かピンと来る本との出会いは
人生ホントの出会い!そうかもしれませんね☆
Posted by:yume at 2016年03月05日(Sat) 09:24