<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


<a href=
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ゼットキ
新年あけましておめでとうございます (01/09)
ゼットキ
昼飯の値段 (01/09)
yume
昼飯の値段 (01/09)
yume
新年あけましておめでとうございます (01/09)
ゼットキ
更新を再開することにしました (12/10)
プロフィール

ゼットキ
特になし
http://fanblogs.jp/nnnanikore/index1_0.rdf
2018年03月04日
お金持ちになる秘訣 乞食の名言
前回、お金持ちについて書いていてお金を追い掛け回すので嫌われているとしたら逆に考えればお金を追い掛け回すのではなく相手(お金)に惚れられるようになることがお金持ちになる秘訣のようにも感じています。

次回はこのあたりを書いてみようかなとということで、お金持ちになる秘訣ってあるのだろうか、確かにお金に執着し過ぎたり、お金、お金と追い掛け回したからといってお金に好かれるよりも逆に追い掛ければ追い掛けるほど執着すれば執着するほどお金は逃げていくのではないでしょうか。

では、どうすればお金に好かれるのか、お金に惚れるられるのかを考えたからといってお金持ちになる秘訣が分かるものではありませんでした。
そこでネットでお金に好かれる法ということで検索してみると、いろいろと表示された中で秘訣らしきものを挙げてみると、お金を大事にするということに尽きるように感じました。

お金を大事にする、ということは誰でも分かっていることなので取り立てて秘訣と言うほどのことではないのかも知れませんが、例えば道に1円玉が落ちていたとしたらどうでしょう、100円玉なら拾う人が多いと思いますが1円玉が落ちていても拾う人は珍しいのではないでしょうか。

こんなことを考えていて、ふと思い出したのは以前にこのブログでも紹介した相場師列伝の中でお金持ちになる秘訣のようなことを記事にしていたことを思い出しました。
それは、次の一節です。

昔、豊橋に乞食のくせに銀行の大口預金者がいた。
ある人が『金ばかり貯めてもしょうがないじゃないか。少しは贅沢したらどうか』とひやかすと、乞食は大真面目で答えた。

『わしが門前に立って、アーンとお経をよんで、一銭、二銭ともらう刹那の愉快さは、何ともいわれぬいい気持だ。
もらった金は楽しんだ後のカスだから、どうなろうと、意に介する必要はない。
だから、銀行へ放り込んでおくんだ』。


まさにこれこそお金持ちになる秘訣のようなものではないでしょうか。

お金を追い掛けるのではなく、何らかの仕事をした後の結果としてお金がごく僅かでも手にすることが出来るわけで、もらった金は楽しんだ後のカスという言葉はお金と一定の距離感を意味しているようでお金に執着することなく向こう(お金)から近寄って来るものなんでしょうね。

お金持ちでない私が言うのもなんですが、お金持ちになる秘訣というのは案外この辺りにあるのではないでしょうか。
私もこの言葉を参考にしてお金持ちになれればと思っています。


2018年02月25日
お金持ちっていくらぐらい持っているのでしょう
前回、お金持ちについて考えるとしましたがお金持ちっていくらぐらいもっているのでしょうか、資産家と言っても土地や家を含めた場合と金融資産だけの場合では違いますので金融資産だけに絞ってお金持ちというのは、どれぐらい持っているものなのか調べてみました。

お金持ちって明確な定義があるようで野村証券によりますと、次のように分類されています。

・マス層: 金融資産3000万円以下
・アッパーマス層: 金融資産3000万〜5000万
・準富裕層: 金融資産5000万〜1億
・富裕層: 金融資産1億〜5億
・超富裕層: 金融資産5億以上


結構細かく分類されているんですね、まぁー私には全く縁遠い金額なので、ただただへぇーと分類された数字を眺めるだけですがマス層の金融資産3000万以下というのは幾ら以上3000万以下なのでしょうね。
1000万以上3000万円以下と100万円以上3000万円以下では、あまりにも差があり過ぎますので普通に考えれば2500万円ほどの金融資産を持っている層をさすのではないでしょうか。

それにしても世の中には1億円、5億円以上のお金を持っている方がいるのですね。
5億円以上持っている人というのは、やはり実業家や芸能人にプロスポーツ選手ではないでしょうか。

しかし、お金って増える時もあれば減る時もあるはずで以前にテレビで芸能人の懐事情を聴く番組などを見ていると売れている時には勢いにまかせて凄い金額がドンドン入って来ますが、売れなくなると全く収入がない状態になるという話を聞いていると、お金を保持していくのも大変だなと思わぬでもありません。

私自身、この分類からすればマス層にも届かないのは勿論はるかに遠い存在ではありますが、お金を追い掛け回すので嫌われているとしたら逆に考えればお金を追い掛け回すのではなく相手(お金)に惚れられるようになることがお金持ちになる秘訣のようにも感じています。

次回はこのあたりを書いてみようかなとも思っています。

前回記事を書いて1円クリックしていただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


2018年02月18日
今のところ20円
私の好きな歌ということで、前回までにいろいろな歌を紹介して来ましたので一応の区切りとしたもの次に何を書くか何も決めていないのでアレコレ考えているうちに日が経ってしまいました。

ブログネタということからすれば切り口はいろいろとありますが、私自身が書いてみようかなと少しでも興味があれば私の好きな歌のようにブログに書きますが私自身が興味や関心がないと書く気がしないので仕方ありません。

そんなこんなでファンブログというものを考えた時このブログはアフィリエイトブログですが今まで商品やサービスの紹介記事を書いて報酬をもらったことはありません。
とは言え私も当初はアフィリエイトで少しでも生活費の足しになればと思っていましたが、私のブログ内容がアフィリエイト向きではないので全く1円の報酬もありませんでした。

そこで書いている記事を読んでもらって気に入った場合に左サイドに広告のバナーを貼っておりますので良ければバナーをクリックしていただければ私のところに1円のクリック報酬が入ります。
1円のクリック報酬が私の方に入るバナーはレゴランドと、あのドメイン取れるかな、CPS買い取り専門の3つのバナーですのでよろしくお願いいたします。

今月は今のところ報酬として20円が私の方に入る予定ですが少なくとも毎月30円ぐらいになればと取らぬ狸の皮算用をしています。


それにしても世間でいう、お金持ちは幾らぐらい持っているのでしょうね、私には縁遠いテーマですので興味があります。
次回からはお金持ちについて考えていく予定にしています。

2018年02月11日
聞き惚れる歌
私の好きな歌ということで、いろいろと取り上げてきましたが、あの時あの頃を思い出せばまだまだありますがキリがありません。

あの時あの頃ということで一番最初に思い出すのは私が社会に出た頃によく聞いた歌で「若者たち」と言う歌は歌詞の「君の行く道ははてしなく遠い だのに なぜ 歯をくしばり 君は行くのか そんなにしてまで」と言うところがあの当時若い人の気持ちを掴んだのではないでしょうか。

今この歌を思い出して果て、私は遠い道をどこまで歩いてきたのだろうか、途中で歩き疲れて諦めてしまったのだろうか、ふと人生というものを考えさせられます。

ところで好きな歌で自分が歌う歌と自分が歌うより聞いていたい歌があり、聞き惚れてしまう歌もあります。
その中でも三波春夫の「俵星玄蕃」という歌は三波春夫でなければアノ臨場感たっぷりの迫力は出せないのではないでしょうか、私も何度か挑戦してみましたが、やはり無理でした。
しかし、この歌を聞いていると何故か心がジーンと熱くなってくる気がして聞き惚れています。

聞き惚れる歌と言えば美空ひばりの歌ですが、その中でも私が好きな聞き惚れる歌というのは「人生一路」と言う歌です。
この歌は歌いやすい歌のようですが、このメロディーと歌詞は何と言っても美空ひばりが歌ってこその歌ではないでしょうか。


聞き惚れる歌やよく歌っていた好きな歌はまだまだ一杯ありますが、こういうサイトを見つけましたので今回はこのサイトを紹介して私の好きな歌の一応の区切りといたします。



2018年02月02日
好きな歌が多すぎて
前回に続いて私の好きな歌を紹介していくことにしていましたが好きな歌が多すぎて、どれを取り上げるか正直言って後2〜3回ぐらいは続けなくては紹介しきれない感じです。

この内容で後を続けていくことも考えましたが、やはり今回は多すぎても私の好きな歌ということで歌の題名ぐらいはリストアップすることにしました。

今回一番最初に取り上げるのは藤山一郎が歌った「長崎の鐘」という歌で股旅演歌が好きな私には不似合いな感じを受けられるかも知れませんが、長崎に原爆が投下され廃墟となった浦上天主堂の瓦礫の中から壊れずに取り出された鐘のことで歌詞は当時長崎医科大学で放射線科の医師であった永井博士が自身も重症を負いながら妻が亡くなったことも知らず被爆者の救護活動にあたったことをサトウハチローが作詞したものです。

この歌詞の中で「なぐさめ はげまし 長崎の ああ長崎の鐘は鳴る」という最後の一節が非常に感動的で歌を聞いて直ぐに好きになりました。

この他にも石原裕次郎と浅丘ルリ子の歌で「夕陽の丘」という歌の歌詞が何とも言えない切なさを感じさせられたことから好きになりました。

また演歌好みで言えば岡千秋と都はるみのデュエットで「浪速恋しぐれ」とl京山幸枝若が歌った「浪速しぐれ」が好きで飲むとよく歌いました、この2つの歌は破滅型芸人の元祖である初代桂春団治を歌ったもので「浪速恋しぐれ」の最初の歌詞は「芸のためなら女房も泣かす それがどうした 文句があるか」というもので台詞も「そりゃわいはアホや 酒もあおるし女も泣かす そやかせ それもこれもみんな芸のためや 今に見てみい! わいは日本一になったるんや 日本一やで わかってるやろお浜 なんやそのしんき臭い顔は酒や!酒や!酒買うて来い」というのがいいですね。

これに対して京山幸枝若の「浪速しぐれ」の台詞も聞いていてスカッとする「わいは女好きや、ほんまに好きやー、世間の奴らはわいのことを女たらしとか後家殺しとか云うけど阿呆ぬかせ女もこしらえんと金ばっかりためる奴は一人前の芸人とは云わんわい うまいもん喰うて飲みたいもん飲んで女が惚れてきたらこっちも惚れたるこれがほんまの芸人や‥‥何やて税金払わんよって差し押さえに来たてか ああ何ぼでも押えてや けど云うとくでそこらの品物にぎょうさん紙はっても無駄なこっちゃ はるんやったらわいの口に1枚はった方が値打ち有るでわいはナァこの春団治はナァ口が身上や」

「この春団治はナァ口が身上や」という啖呵が気に入っています。

今日はここまでにしておきます。


2018年01月25日
私の好きな歌
「私の好きな歌」を紹介していく予定です、と前回に書きましたが好きな歌(股旅演歌以外)と言うことでリストアップしていくとアレもコレもとなってしまいますので今回は3つほどに絞りました。

今回取り上げた3つの歌は今では殆ど聞かれない歌もあって読者の中には聞いたことがなく、知らない方もおられるかも知れませんが歌詞を見ているだけでも何となく雰囲気を感じてもらえるのではないだろうか、と思っています。

私の好きな歌ベスト3と言うと順位を付けたくなりますが、私が飲み屋のカラオケでよく歌った順番ということで先ず最初は三浦洸一が歌った「落葉しぐれ」という歌ですが私と年代が近い方はご存じだと思います。
この歌は明るい歌ではありませんが、男の哀歓というものが滲み出ているようで私が飲みに行くと必ず歌っていた歌で特に二番の歌詞にグッと来るものがあります。

酒にやつれて 未練にやせて
男流れの  ギター弾き
あの日も君も  かえらぬものを
呼ぶな他国の 夜のかぜ

という歌詞ですが、「酒にやつれて 未練にやせて」と歌いながら自然と感情移入している自分に気付いていたことが度々ありました。

二つ目は、いるかが歌った「なごり雪」ですが、これは皆さんよくご存じだと思いますが、この歌は歌詞がまだ大人になる前の微妙な心境を表しているだけに過ぎし日のあの頃を思い浮かべて歌われた方も多いのではないでしょうか。

こうして紹介していくと次々に出て来ますが3つ目は北原謙二の「ふるさとのはなしをしよう」です。

この歌は「獲れ獲れぴちぴちカニ料理」のコマーシャルソングを作曲した浪速のモーツアルトことキダ・タロー先生の作曲で歌詞が「ふるさと」のイメージを、「かつお船 入る浜辺」や「なる花火 ならぶ夜店」という言葉が子供の頃を思い出させてくれ都会育ちであっても「ふるさと」を感じさせてくれた好きな歌です。

この3つの歌の歌詞はネットで検索していただければ直ぐに分かります、出来れば3つの内の1つでもいいので歌詞を見ていただければと思います。


次回もこの続きで、いくつかを紹介することにしています。


2018年01月18日
「歌は世につれ世は歌につれ」を考える
前回「歌は世につれ世は歌につれ」を考えるのも面白いかも知れません。
と書いてから後から何となく難しいことを書いてしまったなぁー、と少し後悔しています。

「歌は世につれ世は歌につれ」と言えば、やはり紅白歌合戦を思い浮かべますが、私も今年誕生日を迎えますと71歳になり最近の歌手や歌は殆ど知らないので紅白歌合戦を見ても昔のような独特の雰囲気をテレビから感じ取ることはありません。

それでも大晦日になるとテレビのチャンネルを合わせてしまうのは昔のような家族揃って紅白歌合戦というイメージが残っているのかも知れません。

表題の「歌は世につれ世は歌につれ」確かに私がまだ若い頃は紅白歌合戦と言うと、その年にヒット流行した歌が歌われヒット流行歌というのは世相を反映していましたが、しかし今の時代ヒット曲という言葉はまだ残っているものの歌謡曲や流行歌という言葉は聞かなくなったのではないでしょうか。

歌謡曲や流行歌という言葉が時代に合わなくなっているのか、それとも歌が変わってしまったのか、何れにしろ「歌は世につれなくなり世は歌につれなくなって」いるのが今の時代と言えるように思います。

それにしても昔の流行歌はいい歌がありましたね、次回は私の好きな歌(股旅演歌以外)を紹介していく予定にしています。

昔の歌や歌詞を見て今の歌、時代を考えてみるのも一興ではないでしょうか。


2018年01月13日
時代と認識・感覚のズレ
正月もアッと言う間に過ぎて今日は1月の13日ですが、この時期になると何となく自分の年齢が気になるもので去年の誕生日で私も古希を迎え今年の誕生日が来れば71歳になります。

私自身気持ちはまだまだ現役のつもりですが、身体は正直なもので去年体調を崩してから未だ以前の体調に戻らない現状で歩くスピードが以前に比べて、かなり遅くなり今までは他人が私と同じ道を歩いていると意識しているわけではありませんが自然と速足になってしまうことが結構ありましたが体調を崩してからは、このような場合はどうぞお先にという感じで私はユックリ歩くようになりました。

今までが負けず嫌いな性格も影響して無理を重ねて来たことが体調を崩すことになったと感じていますが歳月のというのは早いもので以前に70代前半の人に私が60代の時に「70歳になるのはアッと言う間やで」と言われていましたが、そんなものかなという程度にしか思っていませんでしたが70歳から今年の誕生日で71歳になるという現実を前にして唖然としています。

私自身、何か今の時代に取り残されつつあるのか時代と今の私にズレというか時代に遅れているのか、この歳になってみて初めて気付くことが、いろいろと出て来ました。
そこで暫くはこういう時代と私の認識・感覚のズレというものを、いろいろな角度から書いてみようかなと思っています。

例えば流行歌一つとっても今の時代、全世代が口ずさむ歌というのはないのではないでしょうか?
「歌は世につれ世は歌につれ」という言葉を考えてみるのも面白いかも知れません。


2018年01月06日
昼飯の値段
今日は用件を済ますと丁度お昼の時間となりましたので近くのデパートにお一人様だったのでおせち料理にも飽きたところだったので一寸贅沢な昼飯でも食べようかな、と言うことでデパートの食堂街各店のメニューを見ながら私の好きな寿司やうなぎ料理に肉料理を探して回りました。

そこでふと感じたのは各店それぞれのメニューの値段にかなり差があるようで私がいつも利用する定食屋などとは価格構成そのものが違い過ぎていることでした。

デパートの食堂でいつもと違う一寸だけ贅沢な料理を、ということなので1800円ぐらい出せば美味しいものが食べられるのではと思ってメニューを見て驚いたのは私が食べたい寿司やうなぎに肉料理は2千円台半ばから3千円台後半の値段だったので私が食べようと思っていた寿司やうなぎに肉料理は諦めて結局1千円台半ばの料理にしましたが思ったほど美味しくなかったので、これならいつも通りの定食屋にしとけば良かったような気持ちになりました。

世間並みの昼飯代っていくらぐらいなんでしょう、私の場合は安いに越したことはありませんが普段は600円ぐらいで食べていますので、その3倍ぐらい出せばと思っていたのですが3千円台後半の昼飯には手が出ませんでした。

それにしても世の中景気がいいのでしょうか、各店には行列が出来ていました。


2018年01月01日
新年あけましておめでとうございます
平成三十年(2018年)新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


と言いながら去年は長い間、春から更新を休ませていただき12月に入ってから3回ほど更新しただけでしたので今年は去年のようなことのないように体調に気をつけてブログテーマを決めて更新していけるようにしたいと思っています。

ブログのテーマとして去年年末から、いろいろと考えていますがテーマと言うよりは、その時々に感じたことを書いていく中で方向性らしきものが見つかれば、それがブログのテーマになれば書けるような気がしていますので難しく考えず当面は感じたことを書いていくことにします。

先ずは新年のご挨拶でした。




<< 前へ >> 次へ