最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アネラの子さんの画像
アネラの子
高齢出産して心機一転。40代からのライフスタイル、子育て目線で学ぶ事・経験することをつづろうと思います。
プロフィール
検索
リンク集
FB管理ページ




最新コメント
祝1歳 by ブログの管理人 (06/14)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
祝1歳 by ブログの管理人 (06/13)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
フリーランスって保活に不利というなら保育園に入れないよ by アネラ (02/18)
勝手に応援してます!

↓↓ 手に職をつけたい方!ママの働き方改革の味方♪一緒にかっさを勉強しませんか?



↓↓ 「新ママになる人」「子育てに悩んでいる人」は特に見てほしい!超おすすめドキュメンタリー映画




ファン
[ブログ名「アネラ 子供を産んで人生観が変わりました。」]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ランキングご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
 
 
 

2019年09月20日

【地域情報】えごたのもり文化祭《イベント紹介》

この投稿をInstagramで見る

えごたのもり文化祭《イベント紹介》 「あなたもピアニスト!自由連弾」 入場無料・どなたでも参加できます 日時:9月22日(日)13:45〜14:45 場所:えごたいえ この即興連弾を行うと「心の中の声がピアノの音」となり、重なり合う音がまるで会話をするように奏でていきます。 ふだん表面にはみえない「気持ち」を音に託し、はじめは緊張していた心が、じょじょに開放されていくと、不思議と笑顔に変わっていきます。 ピアノの音だけでコミュニケーションできる楽しさを味わってもらい、「音を自由に楽しむ開かれた心の素晴らしさ」を実際に体験してみませんか。 ※「ピアノ自由連弾」とは、クニポンがこどもと一緒にピアノの鍵盤を自由に叩いて、 音を楽しむ即興連弾を行います。ピアノの音で対話する独自の即興連弾技法です。 #中野区 #江古田 #中野区江古田 #プライムメゾン #プライムメゾン江古田の杜 #nakano #egota #えごたいえ #えごたのもり文化祭 写真は「親子リトミックOTOクラブ」(第2 ・第4 木曜 13 : 30〜14 : 15)の様子 NPO法人音を楽しむONGAKUの会 http://oto.or.jp/

江古田もりのいえ⁂キッズルーム&絵本ライブラリーさん(@morinoie_egota)がシェアした投稿 -


posted by アネラの子 at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域

2019年09月11日

こども幼児・皮膚病の「とびひ」にかかったら

先週の日曜 夕方から高熱がでました。ピークは、39度近く。
月曜の午前中に、さっそく総合病院へ受診しました。

そのとき、熱ばかりに気をとられていましたが、
お腹にできていた「赤み・水疱」のことも先生に伝えました。
しかし、そのときは、原因がわからず、熱に関係しているのかあいまいで
「ばい菌が入ったのかな〜」と腕組みされて、とりあえず抗生物質を処方してもらい様子をみることにしました。

火曜日になり、赤みの範囲が広がり、これはおかしいと思い、
セカンドオピニオンに受診し、すぐさま「とびひ」とわかりました。
しかも、入院直前かもしれないくらい進行してました。

私は「とびひ」をみたことがなかったけど、そこそこメジャーな病名なので知っていました。
それくらいの症状が、総合病院の先生は、診断ができずに 「とびひ」が重症化になりつつあり、セカンドオピニオン先の先生に、「こんなとびひは、久しぶりにみた」とやや嫌みらしいことを言われ、やや腑に落ちなかった(苦笑)

とりあえず、病名もわかり、直ちに正しい処置を行い、あとは薬の効きめを待つしかなかった。
敗血症になりかねないと言われてたので、ちょっとの症状も気になってしまう。

水分をとっているわりには、尿が少なかったり、
軟便続きで、うんちの中に「粘り状の何か」が出てきては、慌てて また病院に行ったりしてました。

普段は適当な性格の私ですが「明日でもいいかな」って思っても、
「とびひ」の進行は早く、日曜日から月曜にかけての進行の早さも目の当たりにしていたので、
自分が「納得いくまで受診させたい」という気持ちでいっぱいでした。


そして今朝、日曜から続いていた熱も、ようやく下がってきた。

「とびひ」の痛さがわかっていなかったので、
愛娘の痛さをわかってあげていない自分に、大いに反省です。。



あとは、病院選びも難しいですね。
どんなに、人柄が良さそうな先生でも、正しい診断ができるわけでもないし、
多少、キツいことを言われても信頼できる先生に見てもらった方がいいかなと思う、今日この頃でした。