最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アネラの子さんの画像
アネラの子
高齢出産して心機一転。40代からのライフスタイル、子育て目線で学ぶ事・経験することをつづろうと思います。
プロフィール
検索
リンク集
FB管理ページ




最新コメント
祝1歳 by ブログの管理人 (06/14)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
祝1歳 by ブログの管理人 (06/13)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
フリーランスって保活に不利というなら保育園に入れないよ by アネラ (02/18)
勝手に応援してます!

↓↓ 手に職をつけたい方!ママの働き方改革の味方♪一緒にかっさを勉強しませんか?



↓↓ 「新ママになる人」「子育てに悩んでいる人」は特に見てほしい!超おすすめドキュメンタリー映画




ファン
[ブログ名「アネラ 子供を産んで人生観が変わりました。」]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ランキングご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
 
 
 

2017年07月29日

アイデアは涌くがカタチにするまでが・・・・

今日、たまたま動画(テレビライブ中継)をみてて「これいいな!自分で作って売ろうかな」という物を見つけて、さっそくネットでいろいろ調べてみたんだけど、よくよく考えてみると、、売れるのかなという疑問がわいてくる(笑)

どう考えても、販売価格も5000円以上になりそうで あまり安価ではない。。
おそらく初期投資も2、30万円はかかる。。

どんどん、実現化への道が遠くなっていく・・・・
これが私の悪い癖・・・

昔からアイデアはわくけど、すぐにあきらめてしまい、
あとから商品化されたのを見つけては「あ、遅かった」で終わる。。

今までに、3つくらい 商品化されていたものが ネットで見つけたものがある。

・ゼリー状の入浴剤
・電子ペーパー腕時計
・小型プロジェクター

・・・・いかんね。
あとから「それ、私が先に考えていたの」って言っても、誰も信用しないってよね(苦笑)


ビジネスは「思い立ったが吉日」だったり「やったもん勝ち」だったり、
最初にやれば「オンリーワン」だったり、、、このパワーが大事なんだよねーーー

売れる、売れないはともかく、やってみることが大事なんだよな。
やらなければ、その先もないしね〜〜〜

・・・・もう少し、ネットで調べて実現できるか、頑張ってみようかな・・・


・・あと、もう一つ、アイデアがあったんだ!・・・ん〜〜〜・・・どうしよう(苦笑)

2017年07月27日

(感想)NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」をみたよ

たまたま動画で流れてきたので、ちょっと見ようと思ったら ガッツリ最後まで見てしまった。
久しぶりに「面白い番組」だった〜
っていうか、マツコさんが好きだわ〜〜

NHKスペシャル「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」
http://www.nhk.or.jp/special/askai/
あたなは40代でも一人暮らしかな?診断 http://www.nhk.or.jp/special/askai/check2017.html


初めてNHK 独自が AI(codename:ひろし)を作っているとは、受信料でいろいろやっているなぁと思ったけど。
何が面白いかというと、人間の脳内にしかない経験値や想像力よりも、はるかに多い情報量を瞬時に関連付け、人が予想しなかった「ヒント」をAIが導いてくれること。

今回のテーマは「AIに聞いてみたどうすんのよ!?ニッポン」。
それに対して、AI が出した分析結果から読み解いた提言とは


・健康になりたければ病院を減らせ
・少子化を食い止めるには結婚よりクルマを買え
・ラブホテルが多いと女性が活躍する
・男の人生のカギは 女子中学生の"ぽっちゃり度”
・40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす

個人的には「コレクティブハウス」という考え方も関心がもてました。
将来、高齢者がふえて、一人暮らしがふえて、全員が老人ホームに入れるわけではないけど、コレクティブハウスが充実してくれば、老後の不安が減ると思う。



自分の話になりますが、
子どもがいる間、なかなか条件のあうサロンの求人がなくて、でも独立するほどリスクは負いたくないな〜とは思うけど、こういう隙間産業というか(いずれ大手サロンは参入すると思うけど)小さなニーズがあるところで、仕事に繋がる可能性があれば やってみたいなぁと思いました。

posted by アネラの子 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地域

2017年07月25日

アルバイト(出勤&テレワーク)で最初の給料日♪

この初任給の喜びがまた味わえるとは・・・・(じ〜ん)
つい「自分へのご褒美」の衝動がでてしまうのですが、これやるとお金がたまらないって言っていたから、我慢しています(苦笑)
たかが数千円なんだけどね。自分にお金を使うより、子どもの養育費や 子守を協力してもらっている両親にお礼とか、そっちで使う方が有意義だよね。。って思って、とりあえず手をつけないようにしている。。


さて。

いちおう今月でバイトの試用期間が終わり、今後の話をして、来月から腰を据えて頑張ります。


さてさて。

これからやることがもりだくさん!
自分が「こうしたい」という目標にむけて、1日1日の課題を片付けていくのです。


いっぱいいっぱい勉強が必要です。
しかも、IT系や人体のことなんて、終わりがありません。
自分がやりたかった英語も、子どもと一緒にがんばって 英検2級合格まで頑張りたいなぁ〜


本当に幸いなことは、
周りの協力で助けてもらえたこと、
自分にとって目標があること、
子育てで人生が充実していること、
助けてと言える人間関係があること、
(ちょっとやっかいだけど)パートナーがいること。

この有難い状況に少しでもご恩返しができるように、
自分も力をつけていきたいと思うぞ。







2017年07月21日

(断薬にむけて)光トポグラフィー検査のこと〜セカンドオピニオンへGO!

彼の話です。

1ヶ月ちょっと前かな。
また 別れ話がでるほどのケンカをしまして、そこで、いろいろ話し合って、ここぞとばかり「セカンドオピニオンに行け」と懇願して、やっと本人も同意してくれた。

人に相談したり、ネットで情報収集していたんだけど、
脳の状態を数値化する「光トポグラフィー検査」というのがあることを知った。

その検査の体験者ブログを読むと
「いままで ○○○○病 と診断されて、体に合わない強い薬を飲み続けていたのに
光トポグラフィー検査結果で、別の病気ということがわかり、今まで我慢してきたのは何だったのか・・・」ということが書いてあった。


私は、これだ!と思った。

私個人的に、彼の主治医を訴えたいと思っているんで。
彼が薬で廃人になって日常生活にも支障がでているのに、どんな薬飲ませているんだ!って。
絶対に、病院の儲けのため、製薬会社の儲けビジネスしかない!と確信している。

私がぎゃーぎゃーっていっても、彼はその主治医を信頼しているため、何をいってもダメ。
とにかく「数値」という第3の意見、「機械」の判断であれば、多少は、説得力もあるはず。



光トポグラフィー検査は、保険がきくということで、彼にその検査を提案してみた。
彼は「受けるよ」と返事してくれて、さっそく「紹介状をもらってきて」とお願いしました。


・・・・・そして、ありえないことが起きた。
その主治医が「紹介状をかかない」って断った。



今どき、紹介状を拒否する 医師がいるのか!って感じで、怒り爆発だよ。
完全に、ブラックだよ。絶対に、彼を その病院から引き離したい!って思ったわ。


・・・・

怒りが止まらず話がまとまらないので、話を進めます。



結論からいうと、紹介状なしで、直接行きました。

大病院なので、予約時間を1時間くらい押してましたけど、
私も同行して、とにかく言いたいことは言ってきました。
今回は、あくまで「問診のみ」で検査は、来週です。


行ってよかったと思ったのは
話ができたことなんだけど
もう1つは、彼が過去に 脳挫傷を受けていて、その様子をみるために「CT」を進めてくれたこと。
もちろん、受けることに決めました。


検査結果は8月半ばです。




自分の中では、本当に大きな一歩を踏みだしてくれた彼に感謝している。
たとえ、診断結果が同じ病気であったとしても、正しい処方をしてもらえる病院を見つけて治療をしてもらいたい。

日本には同じ病気の人が何万人といるのに・・・薬とうまくつきあえば、普通に暮らせるのに。
その普通の暮らしを彼から奪っている、主治医は絶対に許せない。

悪いことしたら、絶対に 痛い目に見るからな!!


と、主治医の目の前で言いたい。
(彼は私が主治医に会いにいくことを拒否しているw)



参考にしたサイト
光トポグラフィー検査.com
http://xn--dckza1e8bwb8d1gz96yhy1btmc.com/

慶應義塾大学病院 精神・神経科
http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/shinryo/neuropsy/

2017年07月19日

中途半端にやっている間は、何のものにもならない

自分の中で、なかなか次に続かないな〜という時は、
自分とその事の関係が「中途半端」であることに気づく。

「こんなこと、あんなこと、やってみたらどうだろう?」と思いつくのに、なかなか実行に移せず、結局、他の人に先を追い越されてしまう。

「本気」を、なぜ出さないのか。
「やる気」が足りないのか。


物事って、
言うことは簡単。大概の人は、ここで終わる。
言ってやってみる。「とりあえずやってみる」は大事。
やってみてダメでも、また修正してやってみる。たいがい一度や2度の失敗で「諦める」

最初のポイントは「続ける」
まずは1年。つぎは3年。だいたい10年たてばたいしたもの。生き残れるって、それなりじゃないと続かないしね。

2つめのポイント「やめる」か「続ける」の選択。
ある程度いくと「慣れ」や「同じことの繰り返し」で成長が停滞する場合がある。

同じことの繰り返しを続けるか、
進化し続けるか、
売上が落ちていれば、思い切ってやめることもありだと思う。


スポーツ選手や、こどもの頃から始めた「職業」は、30年以上続けばかなりのもの。運もあるだろうけど、その時間を現役で続けようとすれば、体力やモチベーションのキープは、並大抵のものではないはず。
そういう人は、本当に一握りだけどね。

その点、技術職は、向上心と使命感があれば いくつになってもやっているけるもんね。


年金暮らしができる65歳を退職だとすると、
成人してからカウントすると、45年。

45年の間、人生のイベントがいくつか押し寄せるでしょう。
予期せぬ、病気、事故、怪我、被害などがあるでしょう。

転職する人も多いでしょう。


そう考えると、1つの職業を45年間フルで働くってことは、なかなかないと思う。


どんな生き方、働き方をするかは、自分次第なので、
「時間がない」とか「面倒くさい」とか「遊びたい」とか、そんなことを言いながら時間を過ごすか、
人のために何かできないかと考えながら過ごすか。


自分にはできないという人は、おそらく成功体験がなかった人だと思う。
できれば、子どものうちから経験しておけば、人生は変わっていたかもしれない。



私は、これから「成功体験がない」ことに挑む。
面白いことに「恐れや不安」はない。

新しいことに挑戦することは、初めてではないし、
やれば何とかなる or 周りが何とかしてくれるということがわかってくれるからw


結局は、自分次第なんだよね。

やってみなくちゃわからないんだから、やってみるしかない。
あまり先のことは考えず、今日できることをやってくしかない。

2017年07月12日

自分の得意なことを、カンタンに収入に変えられる時代

ほんの数年前まで、考えられなかった。

私が小さい頃に夢見ていた「海外で働くこと」がネットが普及して、
カンタンに海外の人でも自分の絵を見てもらえる時代。

私が大人になって、イラストレーターとして仕事をもらう時は、まだ「営業」が当たり前だった。
メールで作品を送りつけるのは、「失礼」に値するくらい。
でも、いまはネットで作品をみてもらうことが主流になっている。

私も、もっと柔軟にならねば!
もともとIT業界にいるにもかかわらず、生まれが「昭和世代」ということで、もともと「熱血派」。
って、熱血という言葉自体、死語だわ(笑)


最近「ココナラ」(https://coconala.com/)というサービスを利用してみて、改めて、よくできたシステムだな〜と感心しました。

このサービスができて結構たつのなか。。。かなりバージョンアップしたんだろうな〜って。それくらい、よくできてるな〜って感じました。

「仕事がない」とか「自分にあった仕事ってないかな」とか思っている人は、ぜひ自分の得意なことを、バンバン売り出していいと思う。

これだったら、本業でも複業(複業)でも可能にできると思う。

ただ「面倒くさい」とか「すぐに飽きちゃう」のって、
どんなにいいシステムを使っても、結局は使いこなせないと思う。

自分の周りの人たちをみてみると、つくづく「続けている人は、きちんと結果を出して力をつけている」って思う。

私は、いっつも中途半端というか、、、自分でいうのもアレだけど、器用貧乏なところがあるので、ダメだな〜と思っている。
だからこそ、「人に言われてやる」のではなくて「自分がやりたいことをやる」という選択をしたいんだけど、なかなか一歩が踏み出せなくてね。。。

理想と現実のギャップがあるってことなんだろうね。

もう少し、ハードルを下げて、始められるところから始めるってしないと、時間だけがすぎちゃうんだよね・・・


もう、誰かのせいや、環境のせいにもしたくないんだ。

すべて自分が選択して、後悔したくないんだ。


子供を産んだきっかけは、
これから、そうやって生きようっていうチャンスをくれたんだと思うんだ。


私ができる「とことん」と「やりたいこと」が、マッチングできますように。

タグ:とことん

2017年07月09日

夏こそ電気会社を検討するタイミングかな

価格.com 電気料金比較
http://kakaku.com/energy/



実家が契約しているJCOMが電気とセットになるサービスを始めたみたいで、母が私に相談してきた。
確かに東京電力と比較すると、年間3000円ちょっと安くなる。

参考までに、適当に別の電力会社(https://looop-denki.com/low-v/)で比較すると年間10000円以上安くなる結果が。
とりあえず、母はJCOMでまとめるというので、何も言わなかった。

価格ドットコムでみてみると、ほとんど今より「安くなる」という結果が。
(公式サイトで比較すると金額が違う結果がでるのが、ちょっと気になるが・・・)


お金を賢く使うためにも、そろそろ電力会社を変えるかな〜





2017年07月07日

黒ピーマンの中身は、何色か?

IMG_20170707_200119.jpg答えは、緑色。

DVやいじめっこを訴える手段を学ぶ、とよた議員の元秘書のやり方

豊田議員の元秘書が被害届 傷害などの疑いで捜査へ
7月7日 5時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170707/k10011047441000.html
(一部抜粋)元秘書の男性は、議員から殴られたり暴言を浴びせられたりしたと訴えていて、暴言を録音したテープや医師の診断書などを提出したということです。


このやり方は、参考にしたほうがいいな〜と思いました。


警察や学校に訴えるとき、口頭だけではなく証拠をつきつけなければ動かないということが、ニュースでよくわかっているので、もし自分の子供がいじめに会った時は、「録音」をするようにアドバイスしようと思う。

自分の子は、女の子なので、現代の変態男たちの事件を聞くたびに、ほんとうに心配で仕方ないので、とりあえず、護身術を習わせるつもり。


いじめ問題は、大人からみてもひどいと思うのに、それが子供たちがやっていると思うと、、、周りの大人や環境がどうなっているのかと気になります。

私は、もともとインターネット関係の仕事をやっていたので、多少はインターネットに対する考え方や知識を持っているほうだと思います。

個人的な考えですが、
便利だからといって、小さい頃からスマホを子供に与えるのは危険です。
どうしてもというなら、家族が共有するパソコンでSNSを使うことはよしとします。

スマホやタブレットなど個人で使うようになったとき、
ネット犯罪やリスクなどを教えるべきです。


結局は、大人の「関心」や「知識」がなければ、子供にも教えることはできないし、子供の選択肢を与えることもできません。


「ネットの誹謗中傷で傷つく必要もなく、いちいち反応しなくてもいいんです。
結局、本人たちと関わることもないですから。」と教えてあげたいです。

タグ:いじめ問題