最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アネラの子さんの画像
アネラの子
高齢出産して心機一転。40代からのライフスタイル、子育て目線で学ぶ事・経験することをつづろうと思います。
プロフィール
検索
リンク集
FB管理ページ




最新コメント
祝1歳 by ブログの管理人 (06/14)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
祝1歳 by ブログの管理人 (06/13)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
フリーランスって保活に不利というなら保育園に入れないよ by アネラ (02/18)
勝手に応援してます!

↓↓ 手に職をつけたい方!ママの働き方改革の味方♪一緒にかっさを勉強しませんか?



↓↓ 「新ママになる人」「子育てに悩んでいる人」は特に見てほしい!超おすすめドキュメンタリー映画




ファン
[ブログ名「アネラ 子供を産んで人生観が変わりました。」]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ランキングご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
 
 
 

2018年07月13日

赤ちゃん、生まれ変わりの謎 by 転生と臨死体験の謎を解く「中間世」の秘密 MUTube(ムー チューブ) 2018年5月号 #2



以前に、ムーのサイトからリクエストで「胎内記憶」のことをメールしたんだけど、もしかして採用されたかな?

池川明先生の話もでてきました!

私が独身のときに「かみさまとのやくそく」というドキュメンタリー映画をみてから、
子どもを授かるも、そうじゃないことも、すべて「子ども」に託しました。





私自身も、説明のつかない「好き嫌い」もあるし、
やっぱり、前世ってあるなじゃないかな〜って思うんですけど。
皆さんは、どう思いますか?

2018年07月05日

休みの日、どこへ行こう

来週、海の日があって連休ですね。
今年に入ってから、いろいろあり過ぎて、ちょっとリフレッシュが必要な私。

本当は、海とか鎌倉とか行きたいんだけど、まだちょっと愛娘には遠いかな。。
来年はきっと行けるはず。

連休の1日目は、同級生のママ友のアポがとれたので、まったり遊ぼうと思う。
二日目は、お台場・・・まだ遠いかなぁ。。なんか自然と戯れたいんだけど、遠出ができないしぃ。
今回は子どもより、私のリフレッシュで時間を使いたいしw

最近、気になるスポットが2つあるんだよね。

友だちの口コミで、スカイツリーのVRサービス

視界不良時限定サービス
東京スカイツリーレジスタードマークVR
http://www.tokyo-skytree.jp/enjoy/vr/



最近の広告動画で流れてくる、デジタルアートミュージアム
お台場に新施設!
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM
https://borderless.teamlab.art/jp/





夏休みの混雑の前に行きたいなぁ。。
まだ、二つとも 2歳児には早いよなぁ。。

どっかいいところないかしら。
リフレッシュしたーーーーーいいい


2017年12月27日

LINEブロックと貴乃花親方問題

ちょっと前の話になりますが、、、

先月かな、彼と大喧嘩・・というか、決裂(苦笑)しまして、、
速攻、ケータイの着信拒否とLINEブロックしました。

彼の性格上、ケンカしても、その日には謝って 仲直りしたい人なので、多分、なかなか連絡がつかなくて焦ったことでしょう。

しばらくして、、、

今度の身の振り方を親友に相談したところ、
「話し合いをしたくても連絡がとれないんじゃねぇ〜、せめて 着信拒否 or LINEブロックは解除したら?」ということだったんだけど、その時は、素直に行動に移せなかったです。本当に別れてもいいと思っていたんで。

・・・数日後、

テレビをみてみると、相撲騒動のニュースをよく目にする。
相撲協会が貴乃花親方に連絡を取りたくても、居留守をつかったり、わざわざ足を運んだのに、門前でファックスで送ってくださいという対応だったり、、、何だか大人げないなぁと思ったわけです。


・・・・・これって、自分のLINEブロックと同じじゃない?苦笑

と気がつきまして、、、心を入れ替え、厳粛に「解除」いたしました。



・・・・数日後、彼からLINEが来まして、、まぁ、とくに進展はありませんけど。

お義母さんから、私と娘にクリスマスプレゼントが届き、「正月遊びに来てね」というメッセージが・・・
申し訳ないけど、彼に「うまく断っておいてください」とLINEしました。


お礼の品は、もちろん贈るけどね。
こういう縁って、本人たちの問題だからね、、せっかく家族が増えたのに、寂しいよね。。。



2017年09月17日

敬老の日の贈り物について考える(義父さん、義母さん、ほか)

9月20日「敬老の日」

去年は、子育てにワタワタしてて余裕がなかったけど、今年は、初めて義父さんにも会ったし、義母さんにも今月初めて会う予定なので、今年は「敬老の日」をしっかり祝おうかと思う。


義父さんと義母さんは離婚をしているので一緒に会うことはないけど、彼の家族だし、細々と続いている縁なので、やっぱり大切にしないとね。いい距離でね。


それと、私が出産直後は、実母とケンカして、一人で子育てに奮闘していた頃に、叔母から支援物資を送ってもらって、本当に助けてもらった。叔母はお金持ちだから、こっちから何か送ると「お金を使うな」と怒られるので(笑)今年は、愛娘の写真と手紙を送ろうと思う。

[AD]【ノビーノカルシウム+ビタミン】



早いもので、あれから1年か・・・・
おかげさまで、元気にやっていることに感謝です。

いろいろ大変なこともあるけど、やっぱり健康で暮らせるということが一番です。


ちなみに、義母さんは、敬老の日と誕生日が近いので併せて送ろうと思う。



義父さんには、バームクーヘンと一緒に送ろうと思う。




タグ:敬老の日

2017年06月09日

他の子と何かが違う・・・障がいの、本当の意味とは




大事なことは、向き合うこと。

目をそらしたり、型にはめようとすればするほど反発する。

「うまくいかない」時は、何かを見落としているサイン。

まずは「話を聞く」ただ、ただ「ひたすら聞く」

閉ざされた心を開くのは、とても大変。

否定されてきた分、扉が厚くなるから。

苦しいのは、なぜなんだろうか。

運命を受けいれられた時、初めて「声」に鳴る。

声が「言葉」に成って、

言葉に羽をつけて、

届けたい人へーーー 目の前のあなたへ、伝えることができる。




精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイト
http://kidsinfost.net/disorder/



タグ:障がい

2017年05月08日

GW明け。

今日から平日ですね〜

働いていた時は、休みもずっと仕事していたので、今年は、本当にゆっくり過ごすことができて、楽しかったです。(去年の今頃は、臨月まじかで終日ネット動画を見ていたと思いますw)

私が高齢出産ということは、今の両親は超高齢です。
父は、ほとんどひきこもりですが、
母は、おかげさまで元気なので、今年は、都内の親戚のうちに遊びに行って、翌日は、地元の駅でイベントをやっていたので、買い物がてら遊んだりして、親子3世代で、充実した時間を過ごすことができました。
あとどれくらい一緒にいられるかわからないけど、できるだけ長く、孫と過ごしてほしいと願っています。


イベントは、公園に隣接しているため、公園で休もうと移動したら、
近くに噴水があり、おばあちゃんは、さっそく愛娘を水場で遊ばせていました。

怖がるどころか、キャッキャ、キャッキャとはしゃぐ娘をみて、私はなぜか泣きそうになりました(笑)

まだ言葉も話せないし、まだ感情さえもうまく表現できない赤ちゃんが、
「楽しい」「嬉しい」を感じて、顔をぐしゃぐしゃにして笑っている。誰も教えていないのに!

これが「自然にできる」というのであれば、
「自然」ってすげーなと。

数ヶ月のうちに、立ったり、言葉を少しずつ話すようになるとは、まだまだ想像ができません!
少し寂しいような、でも成長しないと心配だし(笑)


自分一人だと「時間の感覚」がマヒしてしまってるけど
子供ができると「この時間は、二度と戻らない。昨日よりも今日大きくなっている」というのが実感できます。

この夏にきている服は、来年には着れなくなるくらい成長しているんだと思うと、
本当に一瞬、一瞬が、愛おしくてたまりません。





タグ:GW

2017年05月04日

(精神病患者と家族のこと・その1)ほんとのことは知らない

このブログには、何度か彼についてふれていますが、、「パートナー」としての成長記録としても、書き続けてみようと思います。
まずは、プロローグとして。

私の彼は、障がい者手帳を持っていました。
睡眠障害とうつ病を患っています。
さらに、不眠症に処方された薬の依存症になっています。
「薬がやめられない」くらいの重傷です。


それがわかったのは、出産してから半年以上経過したときでした。
彼はずっとだまっていました。

私は「なぜ、最初にいわなかったのか」と怒り喧嘩しました。
こどもへの遺伝の心配、将来(回復するのかどうか)の心配・不安から彼を責めました。

しかし、出会時の彼の印象が「変わった人」というのがあって、時間がたつほど、いろいろおかしいところがあったので、心のどこかで「やっぱり」という気持ちも少しはありました。


問題なのは、薬物依存症の副作用が強く、何度も喧嘩になりました。
いまも、よく喧嘩します。


私が「依存症について」理解ができていないことも原因だと思います。
ざっくりだけど、ネットや本を読んで理解しようと何度も思いましたが、
こころのどこかで「何でだまっていたのか」という許せない気持ちがあったと思います。

今の彼の状態(薬漬け)にしてしまった病院を変えろと何度もいいましたが、
彼は「いまの病院は信頼している」という一点張りで転院するきがありません。


最初は、薬はやめられないということで別れ話になりました。(のちに彼から連絡があり復縁)
その後、時間がたって、ようやく彼の言葉から「やめる」という言葉がでて、減薬期間に入りました。

結果はすぐにでることはなく、非常に時間がかかります。
とくに、彼は薬を服用している期間が10年くらいありそうですから。

・・・・


何とか、今日まで別れることはなかったけど、私自身の気持ちのモチベーションがもつか、日々自問自答しています。

今なら子どもが小さいから、父親が変わっても記憶に残らないだろうから、別れるなら今がいいかも、とか。
私も年をとる前に、再婚のチャンスがあるうちに別れた方がいいか、とか。
とはいえ今、彼が変わろうとしている発展途上なわけだから、もう少し待ってあげたほうがいい、とか。


私は、20代、30代と、いろいろあったので、これからは「絶対に幸せになる」と決めてます(笑)
その矢先の、この状況です(苦笑)

願わくば、彼が回復して、3人で一緒に暮らすことです。
ただ「共依存の共倒れ」したくないので「2〜3年は待つけど、その後はわからんよ」と話しています。


・・・・

ここ3週間くらい、私の都合で彼と直接会う機会がなく、LINEで何度か連絡をとっていたんだけど
ここ数日、1日1回、連絡があるかないかまで、回数が減っていました。

こちらから電話しても応答なし。
深夜にLINEの返事。しかも、1行で終わる返事。
翌日、電話しても応答なし。。。の繰り返し。

んで、2回くらい電話つながっと思えば、ろれつがまわっていない。
完全に薬の副作用がでている。。。。

結局、彼任せにしていまうと、何も変わらないんだなと。私も学ばないと。


私自身、もっと病気のことを勉強しないと。
そして、これからは、相談会などにも、彼と連れ出してみようと思います。
もちろん本人の意思が大事だし、コンディションの問題もあるのは承知しているけど、難しいところだけどね。


これが私の「試練」であれば、向き合っていかないといけない。
もし、恋人なら簡単に分かれられるけど、籍は入れなくてなくて、一応家族ですからね。
・・・共倒れにだけはならないようにするけどね。

数年後、このブログを笑って「こんな日もあったね」いえる日を迎えられるよう、あきらめずにパートナーと向き合っていきたいと思います。
タグ:薬物依存症

2017年03月07日

実家に帰省(親孝行の時間)

月に1度、実家に帰省するのですが、
今月は先週から今日まで帰ってまして、ブログの更新ができなくて失礼いたしました。。


今月で愛娘は生後9ヶ月になりますが、
1ヶ月に1度の帰省のペースでも、子供の成長は著しいもので、じいちゃん、ばあちゃん、楽しみにしてくれてます。

初節句を、じじばばと迎えられて、本当によかった。。。

IMG_20170303_190258.jpg


35歳までは、「子供を産まなくちゃ」という焦りもあって、当時はいろいろ悩み多き時期だったので、占い師に相談したりしたもんで(苦笑)

その時の占い師に言われたのは「親のために子供を産もうなんて考えないで」って言われた。
「子供は、道具じゃないからね」って。その言葉を言ってくれたおかげで、自分の中の無意識のプレッシャー?から解放されたな〜


話は逸れてしまいました・・・
保育園には入れなかったけど、そのかわり、両親には孫と過ごす時間ができたので、それはそれで、よかったと思っています。。



とはいえ、仕事探しは継続しています。
託児所がある会社も視野には入れてはいるけど、、、やっぱり年齢を考えると、セラピストの仕事がいいんだけどね〜
愛娘が1歳になる頃には、また状況がよくなっているといいな☆
タグ:親孝行

2017年01月22日

「なぜ生ま(れたのか)(れるのか)」を考えた時に見てほしい映画「かみさまとのやくそく」






この映画は、オカルトでも嘘でもありません。
・・・こういう類を否定する人もいるので、興味がある方におすすめです


私がこの映画をみるまでに至った経緯というと、、今から、3年くらい前になるかな。
もちろん、妊娠する前ですし、彼と出会う前です。

「なぜ、自分は生まれたんだろう」って考えている時期でした。




映画「かみさまとのやくそく」
http://norio-ogikubo.info/


自分が、親を選んできて生まれてきた。
よくも悪くも、自分が選んできた人生なんだ。


そして、自分が彼と出会って、子供を望んでいると言われた時
「私を親として選んでくる赤ちゃんがいるんだったら妊娠するんだ」と思いました。


誤解しないでいただきたいのは、
不妊だからといって、親として選ばれないというわけではないので悪しからず。
もっと詳しく知りたい方は、ぜひ本を読んで見てくださいね

著書:池田明氏 アマゾン

   


ぜひ、女性だけではなく、全員におすすめしたい映画です