最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アネラの子さんの画像
アネラの子
高齢出産して心機一転。40代からのライフスタイル、子育て目線で学ぶ事・経験することをつづろうと思います。
プロフィール
検索
リンク集
FB管理ページ




最新コメント
祝1歳 by ブログの管理人 (06/14)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
祝1歳 by ブログの管理人 (06/13)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
フリーランスって保活に不利というなら保育園に入れないよ by アネラ (02/18)
勝手に応援してます!

↓↓ 手に職をつけたい方!ママの働き方改革の味方♪一緒にかっさを勉強しませんか?



↓↓ 「新ママになる人」「子育てに悩んでいる人」は特に見てほしい!超おすすめドキュメンタリー映画




ファン
[ブログ名「アネラ 子供を産んで人生観が変わりました。」]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ランキングご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
 
 
 

2017年09月04日

(待機児童ママの働き方)働きにくい環境は無理するくらいなら辞めて、他の会社を探すのだ!

6月から週1日のバイトをしているのだけど
子ども実家に預けて、実家から会社に行くため、片道2時間。

仕事内容は、広告のディレクション、制作、総務。
わかっちゃいるけど、定時内に仕事が終わるわけでもなく、残業や週2日・・・それでも足りない。
だけど、会社から外にでれば、家事に終われ、メールチェックなんて頻繁にできず。
夜は疲れて寝たいでも、仕事の締め切りがタイトだから 深夜に及ぶことも。


・・・・・先週末から、疲れとストレスが溜まってきた。
案件が増え、スケジュールのリスケが多く、全然先が見えず、結局、もともと入っていた予定をキャンセルして、時間をあけていたのに、またリスケ・・・
上司は、感情の起伏が激しく、怒鳴らなくてもいいことを怒鳴るし。話かけるとイライラされるし。


・・・もう、続けるのどうしようか考え始めてしまって。
自分がダウンする前に、ストップしなければ!・・・・と思うのです。


過労死やうつ病にいたってしまう人たちの経験談や本を読んで行くと、
「辞める」という選択肢さえ、見えなくなってしまうらしいです。
そこまで追い詰められている状況というのは、本当に恐ろしいです。
私も、ちょっとその光景がチラつきました。


確かに「何で自分はダメなんだろう」とか「やる気がない自分ってダメだ」とか責めがちんだけど、そう思うのって間違っていると思うんだよね。

ダメな自分ではなくて、ただ自分に合っていない場所に、身を置いているということに気づいた時点で、よかった!って思わないと。

無理してみたけど、やっぱりダメだった。
それでも、よくここまでやった、頑張った!っと、せめて自分自身に褒めてあげる(笑)
近いうちに、上司に 意向と伝えようと思います。


そして、次からは、身の丈にあった仕事を探そうと思います。

2017年09月01日

(育児と仕事)待機児童だけど、働かないといけない。けど、子守もしないといけない、というモチベーション・・・

週1日出勤のアルバイトなんだけど、
子どもを預けるため、前日に実家にいきます。
そして仕事して、帰りは遅いので その晩は泊まるので、翌日帰ります。

なので、週1日の出勤のため、週3日間は実家にいるというペース。

・・・・最初はよかったけど、今月で2か月がすぎ、夏の疲れもでてきたせいか、最近、気持ちがモヤっとしている。挙句に、彼に対しても冷たい態度をとってしまう始末。

そもそも、自分はリラクゼーションの仕事を希望していたんだけど保育園に行くまでは動けず・・・
たまたま「うちで働かないか」という声をいただいて、制作会社に勤めています。
出勤以外は在宅ワークで同じ時給にしてくれたりと、待遇はよくしてくれて、とってもとってもありがたいことです。

なので、このモヤっとした気持ちのというのは、ただの一過性のものだともよくわかっている・・・

自分の仕事復帰のブランク・・・久しぶりの広告業界のスピード感についていくのがやっとで、、
この部分で、モヤっとしていることも、よくよくわかっている。。


そばに子どもがいれば、ずっとパソコンに張り付いているわけにもいかないので、メールチェックも 頻繁にできず。。

・・・・しかし、こんなことをストレスとして感じたくない。

子育てしながら仕事をするって、なんとなく「まわりに迷惑をかけてしまう」という罪悪感に押しつぶされそうになるわ・・・
バリバリに働くママもいるのに、私って全然やる気なしだわ・・・と、無意味な卑下してしまう。。よくない傾向だわ。

保育園に預けるまでの辛抱なんだけどね。

・・・こういうときに、本当はパートナーに頼ったり、励ましてくれたりしてほしかったんだけど、残念ながら、それもできず。。。そういうイライラ感が、彼に冷たくあたってしまうんだよな。。


病人だから仕方がない。といえば、もうそれまでで。
うまく言えないんだけど「夫婦関係」って、いろいろあるんだよ(苦笑)
これが、私に与えられたカルマなのかなって思ってます。

大人になってから大失恋の後遺症で、人を好きになる感覚を忘れてしまっていたので(笑)、やっぱりどこか、自分の中で「選択」していった結果が、今につながっていると思うんだな、、


・・・だらだらと書いてしまうので、今日はこのへんで・・(^^;

2017年08月20日

産後社会復帰について・・・道半ばはもどかしい

物事の始まりは、慣れていない分、仕事以外の悩みが多いねぇ。

人間関係はもちろん、
環境に慣れないといけないし、
周りのスピードと生活のリズムの調整、
何より、自分のメンタル面を無視しちゃいけない。

確かに、いろいろ覚えることもあるし、
慣れない環境で「面倒くさい」と思うこともあるし
変な気疲れで「疲れる」し、
自分が頑張っても、全然 結果が伴っていないと思うこともあるかもしれない。




しかし、それは誰もが通っている道で、
自分だけが、こんな目にあっている・・・なんて思わないこと。

仕事ができる人でも、最初は苦労していることを知れば
少しは、楽になれるのかな。。


私の場合、妊娠中から産後まで、かなりマイペースでまったりと過ごしていたので、仕事復帰後のスピードが、たぶん無意識のストレスになっていると思う。(じんましん、寝不足、たまに口内炎が その証拠w)

しかし、お給料をもらっている分、その分はしっかり結果を出さないと会社にも申し訳ないし、
むしろ、いまの給料を上げてもらうために、それ以上の結果を出したいとも思う。



・・・・「ママとして」働き出したのが、ほんの半年ですけど。
現実と理想、理想に近づけるための体力、、ブランクを埋める努力、なかなか思うようにいきません。。。


こういう道半ばというのは、大変もどかしいです。
こればっかりは、時間しか解決できませんから。

確かに、体調を壊すほど つらいことは、その環境に向いていない可能性があるので、そのときはそこから離れたほうがいいかもね。

そうではなくて、「最初」の壁は、
誰にでも訪れるし、それはどこの環境でも「最初」は同じだと思う。

この先、収入を上げたいとか、AIに代われない仕事をするためには、
多少のハードルを上げないとダメだと思うので、、、やっぱりここでやめるわけにはいかないのだ。



ちょっといい歳の「新社会人」として、まずは1年、前を向いてやるべし。

タグ:最初の壁

産後社会復帰について・・・上司は怒りん坊

いよいよ、今週から 引継ぎ案件のピークがやってくる。
上司とのやりとりが慣れていない分、作業ロスが多く もどかしい。

しかもこの上司が、すぐカッとなる性格みたいで、すぐ怒鳴るんだよね。。。
別に怒ることなのかな・・・・とか思いながら、とりあえず謝っておくんだけど。
この怒りのボルテージはすぐ収まるので、怒りながらだんだん消沈していく。

周りは、もう慣れているせいか「触らぬ神に祟りなし」な感じ。
別に悪い人ではないとわかっているので、こっちが気にしなければいいんだけど。

私自身、もともと「怒る」という感情が苦手で(って大抵みんなそうだよね)
こういう感情って、ネガティブだからエネルギーを持っていかれちゃうんだよね・・・

本人を変えることは無理なので
こっちが心を鍛えて、この感情に流されないよう心を強くするしかないんだけど。


そんなこんなで「慣れるまでの辛抱」です。


・・・・早く慣れたい(苦笑)

タグ:怒りん坊

2017年08月16日

人間関係の断捨離をして、残ったもの・・・

産後、保育園に入れたら、また新しい職場を探すんだ〜と思っていましたが、6月から週1日出勤+在宅ワークの仕事が入ってきて、当面の収入が見込めそうでラッキーでした。

妊娠中から、サロンの求人を見ているんだけど、なかなか条件に合うのがなくて。。
この流れだと、独自でやったほうがいいのかなぁ〜と思いつつも迷走中。

人脈。いったん、手放した人脈も 縁があれば また巡り合わせがありました。

10年くらい前に、偶然出会った パキスタン人がいて、細く長くのつきあいだったけど、去年くらいから、またご縁が復活。彼からいろいろ相談されることがあるんだけど、私が思うような成果を上げられず・・・

今回も、とあるプロジェクトの協力を相談されました。
3度目の正直・・・3度目以上だと思うけど、今回は、きちんと成果が出せるようにがんばりたい。(またタイミングがきたら告知させていただきますね)

このプロジェクトの成果を出すためには、いっぱい勉強しないと!
せっかくのチャンスを与えてくれたんだから、しっかり育てないと!


ここんところ、こういう動きがあって、これからの人生のカードがそろいつつあるみたい。
新しいことを始めると慣れるまで、いろいろ大変だけど、何とか目標つくって ステップアップしていきたいと思います。

2017年08月04日

「ビジネスを始める」ってどういうこと?

いま、クリエイティブ関係の仕事復帰に奮闘中のワタシです。

いずれ、リラクゼーションの業界にも復帰(ダブルワーク)を希望しているのですが、求人情報は、妊娠中からずっとチェックしています(笑)

つまり1年以上もかけて求人情報をみているんだけど、自分の希望にあった仕事がない!というのが現状です。
このリラクゼーションの業界って、ほっっとうに離職率が高くて、つねに募集はかけている状態です。
技術職だから時給も高いし、未経験からのスタートも多いので、稼ぎたい人はおすすめの職業ですよ〜

・・・・といっても、なぜ離職率が高いか。
おそらく、大きな理由は「きつい」。しかも「肉体的と精神的に」(苦笑)
どんな職業もそうだけど「誰でもいい」というのはなくて、やっぱり「相性」とか「センス」ってあるんだと思います。

本人が自分自身を見誤ると、思いっきり壁にぶち当たります。
「こんなはずじゃなかった」って。


・・・・それはさておき。


ワタシにとって、リラクゼーションの仕事の復帰のタイミングは、こどもが保育園に入ってから・・・と思っているんだけど、技術職って、やっぱりやらないと忘れてしまうので、何とか自分や家族で練習をやって、忘れないようにしています。

ワタシの場合、フットケア、ヘッドスパのセラピストだったので、どちらかというと「専門」なので、求人も「フット専門」「ヘッド専門」といのが少ないし、あったとしても、条件が合わない。。


ワタシの信条としては
「探せば、見つかる」それでも「ないものは、つくる」なんだけど。

サロンの独立だけは、ちゃんとやるとなると、やっぱりリスクが高い。
この業界は、飽和状態なので 見渡せば、たっくさんあるんだよね。

もし独立するなら「隙間産業」を狙うしかないんだけど・・・・・


それ以外に、経営をもっと勉強する必要もある。

ワタシがやりたいと思っている「規模」「価格設定」「メニュー」などを考慮しながら、ビジネスとして、きちんと利益もだして、長く継続できるための仕組みづくり、家庭との両立、、、、いくつかの課題をのりこえなければ、独立は難しいよなぁ。。。



ただ、ワタシのパートナーが安定して働ける環境として、民間企業が難しい場合は、ワタシが独立して環境をつくってあげることも考えないとなぁと思っています。



いまは当面、情報集め、練習、人脈づくり、経営の勉強ですな。。。

2017年08月02日

何でも「初めて」には不安がつきもの

週1日だけ出社している会社で、私が引き継ぐ仕事の前任がとうとう退職しました。。
その引き継ぎの仕事が、いよいよ今週から動き出します。

やりとりのスピード感とか、感覚というのは、説明だけでは得られないし、じつは仕事って、この「肌感覚」というのが大事だったりする。
結局、やらないとわからないことなんだけど、やっぱり緊張する〜〜〜

この業界の復帰自体、4年ぐらいだし、主婦から社会人の復帰としても1年半ぶりぐらいなので、、ちょっと胃がキリキリしてる(苦笑)

ちょうど先日、前の職場の人とLINEのやりとりで、そのことに触れたら
「どんな人生を選択しても、不安は付きものさ(笑)」だって。

1年以上、社会人を休んでいると、また社会の波にダイブするのが億劫になるよね(笑)
(でもずっと専業主婦をやってて、子育てがおわってからの社会人デビューする人もいるんだよな〜)

結局、不安は誰にでもあるし、一生懸命やるしかないんだよね。失敗しても、周りがフォローしてくれるはずって思ってやるしかない。


私の目標は、クリエイティブとリラクゼーションのダブルワークなので、まだまだ「これから」なんだもんね。
結局、お金を稼ぐってことは、ある程度は 努力が必要なのよ。(ただ、会社に行くのがしんどくて布団が出られないくらいなら、その会社はやめたほうがいいね)

不安の原因というのは、「やったことがない」からなんだよね。
当たり前なんだけど「初めて」ってそういうことなんだよね。

最初からできる人なんていないし、失敗しながら 上達していくものだから、やっぱり「続ける」ということが大事なんだよね。いつしか「できる」ようになれば不安もきえて「自信」にかわっていくものだから。

言い方かえれば
「不安」を「自信」に変えるチャンスだと思えば、やる価値はあるんだろうね。

とにかく、この道を通らなければ、次に続かないので、、、体当たりで頑張ります。
タグ:初めて

2017年07月29日

アイデアは涌くがカタチにするまでが・・・・

今日、たまたま動画(テレビライブ中継)をみてて「これいいな!自分で作って売ろうかな」という物を見つけて、さっそくネットでいろいろ調べてみたんだけど、よくよく考えてみると、、売れるのかなという疑問がわいてくる(笑)

どう考えても、販売価格も5000円以上になりそうで あまり安価ではない。。
おそらく初期投資も2、30万円はかかる。。

どんどん、実現化への道が遠くなっていく・・・・
これが私の悪い癖・・・

昔からアイデアはわくけど、すぐにあきらめてしまい、
あとから商品化されたのを見つけては「あ、遅かった」で終わる。。

今までに、3つくらい 商品化されていたものが ネットで見つけたものがある。

・ゼリー状の入浴剤
・電子ペーパー腕時計
・小型プロジェクター

・・・・いかんね。
あとから「それ、私が先に考えていたの」って言っても、誰も信用しないってよね(苦笑)


ビジネスは「思い立ったが吉日」だったり「やったもん勝ち」だったり、
最初にやれば「オンリーワン」だったり、、、このパワーが大事なんだよねーーー

売れる、売れないはともかく、やってみることが大事なんだよな。
やらなければ、その先もないしね〜〜〜

・・・・もう少し、ネットで調べて実現できるか、頑張ってみようかな・・・


・・あと、もう一つ、アイデアがあったんだ!・・・ん〜〜〜・・・どうしよう(苦笑)

2017年07月25日

アルバイト(出勤&テレワーク)で最初の給料日♪

この初任給の喜びがまた味わえるとは・・・・(じ〜ん)
つい「自分へのご褒美」の衝動がでてしまうのですが、これやるとお金がたまらないって言っていたから、我慢しています(苦笑)
たかが数千円なんだけどね。自分にお金を使うより、子どもの養育費や 子守を協力してもらっている両親にお礼とか、そっちで使う方が有意義だよね。。って思って、とりあえず手をつけないようにしている。。


さて。

いちおう今月でバイトの試用期間が終わり、今後の話をして、来月から腰を据えて頑張ります。


さてさて。

これからやることがもりだくさん!
自分が「こうしたい」という目標にむけて、1日1日の課題を片付けていくのです。


いっぱいいっぱい勉強が必要です。
しかも、IT系や人体のことなんて、終わりがありません。
自分がやりたかった英語も、子どもと一緒にがんばって 英検2級合格まで頑張りたいなぁ〜


本当に幸いなことは、
周りの協力で助けてもらえたこと、
自分にとって目標があること、
子育てで人生が充実していること、
助けてと言える人間関係があること、
(ちょっとやっかいだけど)パートナーがいること。

この有難い状況に少しでもご恩返しができるように、
自分も力をつけていきたいと思うぞ。







2017年07月19日

中途半端にやっている間は、何のものにもならない

自分の中で、なかなか次に続かないな〜という時は、
自分とその事の関係が「中途半端」であることに気づく。

「こんなこと、あんなこと、やってみたらどうだろう?」と思いつくのに、なかなか実行に移せず、結局、他の人に先を追い越されてしまう。

「本気」を、なぜ出さないのか。
「やる気」が足りないのか。


物事って、
言うことは簡単。大概の人は、ここで終わる。
言ってやってみる。「とりあえずやってみる」は大事。
やってみてダメでも、また修正してやってみる。たいがい一度や2度の失敗で「諦める」

最初のポイントは「続ける」
まずは1年。つぎは3年。だいたい10年たてばたいしたもの。生き残れるって、それなりじゃないと続かないしね。

2つめのポイント「やめる」か「続ける」の選択。
ある程度いくと「慣れ」や「同じことの繰り返し」で成長が停滞する場合がある。

同じことの繰り返しを続けるか、
進化し続けるか、
売上が落ちていれば、思い切ってやめることもありだと思う。


スポーツ選手や、こどもの頃から始めた「職業」は、30年以上続けばかなりのもの。運もあるだろうけど、その時間を現役で続けようとすれば、体力やモチベーションのキープは、並大抵のものではないはず。
そういう人は、本当に一握りだけどね。

その点、技術職は、向上心と使命感があれば いくつになってもやっているけるもんね。


年金暮らしができる65歳を退職だとすると、
成人してからカウントすると、45年。

45年の間、人生のイベントがいくつか押し寄せるでしょう。
予期せぬ、病気、事故、怪我、被害などがあるでしょう。

転職する人も多いでしょう。


そう考えると、1つの職業を45年間フルで働くってことは、なかなかないと思う。


どんな生き方、働き方をするかは、自分次第なので、
「時間がない」とか「面倒くさい」とか「遊びたい」とか、そんなことを言いながら時間を過ごすか、
人のために何かできないかと考えながら過ごすか。


自分にはできないという人は、おそらく成功体験がなかった人だと思う。
できれば、子どものうちから経験しておけば、人生は変わっていたかもしれない。



私は、これから「成功体験がない」ことに挑む。
面白いことに「恐れや不安」はない。

新しいことに挑戦することは、初めてではないし、
やれば何とかなる or 周りが何とかしてくれるということがわかってくれるからw


結局は、自分次第なんだよね。

やってみなくちゃわからないんだから、やってみるしかない。
あまり先のことは考えず、今日できることをやってくしかない。