最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
アネラの子さんの画像
アネラの子
高齢出産して心機一転。40代からのライフスタイル、子育て目線で学ぶ事・経験することをつづろうと思います。
プロフィール
検索
リンク集
FB管理ページ




最新コメント
祝1歳 by ブログの管理人 (06/14)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
祝1歳 by ブログの管理人 (06/13)
祝1歳 by ダイママ (06/13)
フリーランスって保活に不利というなら保育園に入れないよ by アネラ (02/18)
勝手に応援してます!

↓↓ 手に職をつけたい方!ママの働き方改革の味方♪一緒にかっさを勉強しませんか?



↓↓ 「新ママになる人」「子育てに悩んでいる人」は特に見てほしい!超おすすめドキュメンタリー映画




ファン
[ブログ名「アネラ 子供を産んで人生観が変わりました。」]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ランキングご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
 
 
 

2018年04月03日

4月から新しい生活がスタート

やっとのことで、保育も決まり、本格的に仕事復帰です。

私の場合は、妊娠した時点で「退職」しないといけない職場だったので、
一からのスタートです。

ならし保育ウィークのため、最初からフルタイムは難しく、仕事のペースは、今月いっぱいは不定期な感じです。

とはいえ、待機児童時代に営業活動はしていたので、何とか目途はたっているので、やっと今までの努力が実を結んできたな〜という実感です。



「働き方改革」とかあって、いったい自分とどう関係するのか、、ほぼ関係ない距離感なのですが、、、
ただ、ひとつ言いたいことは、
少子化という時代で、もし人口を増やしていきたい、とか、
結婚の高齢化ゆえ不妊治療をしないといけない状況だとか、そういうことであれば
「女性の働き方」という視点ではなくて
「女性が子どもを産みやすいしくみづくり」という視点で考えたほうがいい気がするな〜と。


「子どもを産みたくない」という選択したい気持ちを否定するつもりはないですが、
一度、出産すると もう一人欲しいという本能?みたいがありました。

しかし、経済的、年齢的、夫婦関係などの問題で、二人目は難しい。


10代、20代のうちに「子どもが欲しい」という気持ちがあるなら、
ぜひ、1人目の出産は 20代にしたほうがいいよ〜と言いたい。



・・・ただ男性パートナーが「育児の協力なし」では、なかなか子育てって難しいと思う。
子育ては、一人でやるのではなく、周りの協力なしでは できません〜〜〜


昔は、貧乏でも、子どもが6、7人とか産んでいたんだよね。
どうやってやりくりしていたんだろう〜(^^;
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7510033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック