最新記事
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2020年03月16日

【2020年】病院へ不妊検査に行こう!男性も不妊検査に行くべき?検査内容は?

今回は不妊検査に行く際、男性も一緒に検査をするべきか?という点についてお話していきたいと思います。
女性の検査内容やタイミングについては、以下に記載していますので、よろしければご覧ください。

【2020年】病院へ不妊検査に行こう!内容は?費用は?

セルフケアの方法については、別のページに記載していますので、ご参考ください!
【2020年】そもそも妊活とは?年代、タイミングに応じた妊活方法まとめ!
【2020年】20代〜30代の妊活方法!妊娠するためのセルフケアについて
【2020年】まずは2周期!基礎体温のつけ方、継続方法は?
【2020年】妊活に必要なサプリ?食事方法について

男性の皆さんに問いたい。自分の精子に根拠のない自信をもっていませんか。笑
今でこそ、男性不妊、という言葉が世の中にでてくるようになりましたが、それでも妊娠や出産は女性にほとんど負荷がかかっています。
sperm.jpg

しかし、不妊の原因の5割は男性、と言われているくらい、男性不妊は妊娠にとって大変重要なものになっています。実際に筆者の家庭でも、原因は男性不妊でした。
では、男性不妊の原因とは何でしょうか?

男性不妊の原因.png

男性の精子は1か月に一回の女性とは異なり、毎日生成されます。つまり、タイミングについてはいつでも良いことになります。そのため、半分の原因は不明、とされていますが(WHOより)精子を作る精巣の機能に問題がある、というのが大半の原因となっているようです。
question.jpg

では、実際にどのような検査を行うのでしょうか。
検査は精液を採取し、精子の内容やホルモンを検査することが一般的です。また、筆者の家庭はやりませんでしたが、精巣の視触診を行うことで硬さや大きさをはかることも行うようです。(オーキドメーターという専用の計測器があります。)
不妊検査(男性).png

女性よりも検査項目が少ないため、金額も1万円程度でできます。(決して安価ではないですが、女性よりは)そのため、女性の検査をまってから男性の検査、というよりは、同時に見てもらった方が時間的にも効率が良いでしょう。
papa and  baby.jpg

なお、精液検査は今後治療を行うにあたっても毎回一緒に行っていきます。(検査料ではなく治療費として計算されるので、毎回検査費は掛かりません。)
妊活、は決して女性だけのものではないので、夫婦協力して、ぜひ行ってみてください。
posted by koh at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊活
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9723116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
タグクラウド
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。