広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

早くマスターしたい!

相手の意識を分散させるため、そして余裕を持っていいショットを打たせないために、同じフォームから完全に打ち分けられるようになりたいものがある。

一つはスライスで、緩いショートと深い滑る球とスライスのストレートロブの3つ。

もう一つはスピンボールで、普通のストロークとやはりストレートロブ。

同じフォームから…っていうのがミソなんですよね。

そして安定してできなきゃ意味がない!

明日もまた、この目標に向かって練習、練習……

念には念を…

暖かくなってきましたね。

気候がよくなるとテニスをしていても気持ちがいいです。

が、この季節は腰痛や膝・肘・肩の痛みにご注意なのです。

寒い時はそれなりにアップして体を温めることに気を使うのに、暖かくなってくると「もういいか」と疎かになりがちで…

気をつけて下さいね。

それと、最近、テニスボールを使っての膝痛解消法が流行ってますよね。

先日テレビでやってた酒井先生の解消法です。

私の周りでも効果が出て喜んでいる方がたくさんおられます。

膝が痛い方はどうぞお試しを!


イメージ

イメージって大切ですよね。

こういうフォームで打つ、とか、こういう軌道のボールをこのコースに打つ、とか。

上達する一番の近道は、身近にお手本があって、その人の打ち方とか、その人が打つコースやボールを真似ることなんじゃないかな…

今日、子供がレッスンを受けているのを見てそんなことを考えていました。

子供って、言葉でああだこうだ説明されてもあまり理解できないけど、コーチが「見て見て!こうやって打つんだよ」ってお手本を何度も見せてたら、それらしくなってくるもんね。

大人もきっと同じですよね。

「腕の角度を何度に保って」とか言われるより、何度も何度も真似る方が脳にも記憶されそう。

いつのまにか、難しく考えすぎているのかもしれないですね。

デビスカップ

デビスカップ2回戦・韓国戦。

昨日のシングルスに続き、今日はダブルスの試合がありました。

日本2勝で迎えたこの試合、日本は内田選手と守屋選手。

…結果は、負けました汗

それも0−3のストレート落ち込み

何がどうって、気持ちで負けました汗

第1セット、4−1でリードしていたのに何故かまくられて5−7。

第2セットはいいとこなしで1−6。

二人のリズムは悪いし、何より内山選手がサービスを全くキープできず、暗いまま押し切られました。

第3セットは回復の兆しが見えたのに、やはり途中から弱気になって、とれるゲームを落として結局は4−6。

このレベルでも私たちのような主婦テニスのレベルでも同じ、やはりスポーツは気持でするものなんだなとつくづく感じました。

落ち込む気持ちを内へ内へと向けていかずに外へ!

そして前へ!

自分にそう言い聞かせて、また明日から頑張ります怒り

ネット際

ネット際のボールの処理が上手い人は、大体何をやっても上手い。

力任せに打ちこんでくる人ならば、当たればすごいが、イレギュラーバウンドや風で少々ややこしくなったとき、思った通りのミスをしてくれるから助かるんだけどウインク

浮いた球でも相手の動きを見きわめてアングルにちょこんと。

また、サイドにケアに入った!と思ったら、センターへスコーンと。

まして、ネットすれすれのボールも少しも浮かせずにすれすれのボールでちょんと落とされたら…

慌てないということ自体、すでに相手が上なんですね落ち込み

私もそんなプレーがしたいです。

少なくとも、力任せに大ぶりするだけの人にはなりたくない〜困った
   
リンク集


にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed 主婦のテニス日記
  • 無料SEO
コスメ
人気ブログランキングへ 【期間限定キャンペーン】全身脱毛4箇所【3980円】 エステティックTBC 脱毛エステサロン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。