広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

日焼け

日差しが強くなってきましたね。

この時期の紫外線には特に注意が必要です。

私も年中長袖とアームカバーでケアしていますが、それでもやはり黒くなってしまいます。

一番ケアしなければならないのは眼です!

眼球の黒目が日焼けすると、メラニンを作れとの指令が脳から出るので日焼けが促進されてしまうのです。

テニスのときはもちろんプレーにも影響するので必要ですが、ちょっとした外出の時にもサングラスは着用した方がいいですよ。

サングラス専用のサイトも参考にしてみて下さい。

 ttp://sunglass1101.seesaa.net/



今日のメニュー

平日にテニスができる主婦の私たちはさほどではありませんが…

週末プレイヤーの主人は、土日にガンガンテニスをします。

雨でも降ろうものなら機嫌が…困った

今日は春らしい良いお天気だったのでよろしゅうございましたバニー

で、テニスをガンガンした日は、こってりとしたものを夕食にリクエストされます。

ま、当然ですわね。

……ということで、今日のうちのメニューは餃子ですジョッキ




遅ればせながら…

今日も息抜き…(*^_^*)A

遅ればせながら、テニスの替え歌を人づてに教えてもらい、聞いて元気を出しました。

そう、You tubeで流している、元塩レイ子様の替え歌です。

「さそり座の女」ならぬ「テニスコートの女」、「大阪で生まれた女」ならぬ「軟式で育った女」、「春一番」、「ビューティーペア」…

私のお気に入りは「3年目の浮気」。

作詞が絶妙でホントおもしろい!

共感しながらたくさん笑ったから、明日も頑張ろうっと…バニー

ちょっと一服

今日は、お勧め本のご紹介( *^▽^)

テニス関係の本。…と言っても、技術的な解説&写真付きのテニス雑誌ではなく、小説。

宮本輝さんの『青が散る』って知ってます?

新設された大学のテニス部を舞台に若者たちがテニスに、恋愛に、人生に奮闘する青春小説。

確か、昔、石黒賢、二谷友里恵、佐藤浩市…なんてキャスティングでドラマか映画になったんじゃなかったでしたっけ?

この小説、すごくテニスの精神性が描かれているんです。

体格や身体能力、環境といった決して平等ではない条件を与えられた中で、どのようにして自分を活かすのか、勝つために何をするのか、コートで戦っているときはなんと孤独なのか…そんなことを改めて考えさせられます。

そしてそれぞれの奮闘ぶりに勇気をもらえます。

ぜひ、ご一読を!


セルフジャッジ

このセルフジャッジをめぐっては、結構もめごとが起こったりする。

男性の試合ではほとんど見かけないが、おばちゃんたちでは…(*´д`)=з

そもそもセルフジャッジでは、相手のジャッジに文句はつけられないし、ジャッジする方も、ライン際のきわどい判定の場合、はっきりアウトと分かれば勿論アウト、ラインに少しでもボールがかかっていればイン、そしてわからなかった場合は
インとするのが基本。

なのに…

確かに「え?」という判断をされる場合がある。

それはラインにかかったと思うけど?…と思うような。さらに、完全にインだったし!と思うことも。

しかし、しかし。

これはセルフジャッジだから…とあきらめなければならない。そういうルールだから。

それに、実際、ヘンなジャッジをしているとすぐ有名になります。「あの人はジャッジが汚い○○さん…」ってな具合に。

だから、文句をつけることはやめましょう!

また反対に、完全にラインを割ってるアウトの場合も「そんなはずはないわ!」と怒るケースもあって大変困った

「私、アウトせえへんように回転かけて打ったもん」って。

そりゃ、みんなアウトするつもりで打ってないから〜〜ホントに出てたし〜〜ですウサギ

マナー違反、ホントに気をつけましょうね(o^冖^o)

他人の試合を見ると…

今日は、主人の試合の応援に行ってきました。

主人は私とは違って運動神経は良いので、まあ何でも起用にはこなします。

今日も、予選の一試合目はなんだか足があまり動いておらず、パートナーとも少しミスが多くて負けてしまったが、本戦は順調に勝ち上がり、結果、準優勝でしたバニー

……しかし、どうしてひとがやってる試合を見ると「もっとこうしたらいいのに」とか「今、そうしたからやられちゃったんだ」とかわかるのに、自分のときには見えないんでしょう汗

今度、試合をビデオにでも撮ってもらってじっくり検討しなきゃいけないね。あまり見たくないけどブタ

ウェア

外はまだまだ寒いけれど、ウェアは春夏用の新作が出てますね\(^^)/

私の周りでは、ディアドラが人気でストライプの入ったTシャツお買い上げ〜をよくお見かけしました。パステルカラーがカワイイ感じハート

女性はよくパートナーとペアで揃えるから、どの色がいいか話し合っている光景もよくお見受けします。

聞いているとおもしろいよ("▽"*) 「この赤は日焼けした顔がいっそう黒く見えるからダメ」とか「こっちの方が強そうに見えるよ」とか。さらには「かわいいけど、この形は太って見えるからアカンわ」…

「強そうに見せる」よりも「強くなる」ことを考えたら?…なんて憎たらしいことを言っちゃダメっすよ(*ノε`*)ノシ




最新テニスウエアが勢揃い!テニス365

やっぱり基礎力か…

今日、とあるテニススクール主催のマンスリーBC級に行って来ました。予選リーグは2勝して1位トーナメントに進んだものの…本戦1コ目で負けてしまいました( TДT)

強いサーブにまず押され、浅くなったリターンに強いストローク。そしてまたまた浅くなった球にさらに強い球…とか、強い球に押されて浮き気味に帰ったところを前で叩かれる…とか。同じように打っていって打ち負けたという感じ。そのうちにミスを誘われたり、といいとこなしでした( TДT)

もっと緩くてもいいから深く返し、何度もそれを繰り返す中でチャンスを見つけるとか、ロブを使って走らせるとか何かできたら良かったのに、完全に余裕を失くしていました。情けない…(ノω・、)

自分の今打っている球が通用しないならばやり方を変える心の余裕と、強い球でも確実に相手に返し粘れるだけの基礎力をもっと身につけなければ…反省ひとしおの一日でした。

一にマナー、二にマナー

どんな世界にもマナーってあるでしょ。趣味でやってるその辺のテニスにも勿論あって、知っていないと大変なことになっちゃうΣ(°Д°;

ただ、こちらが常識だよって思ってることでも意外と相手はそうでもなかったり…結構難しいんだよね(*´д`)=з「最低限、これだけは守らないと!」ってものから「お互い感じよくやるためには守って欲しいよね」ってものまでいろいろ。

まずは、、・ゲームをやってるコートの邪魔はしない。
      ・ジャッジ(セルフジャッジ)はきれいに。
      ・コール(ジャッジやカウント)は大きな声で。

まだまだ奥は深いけど、これだけは必ずね。


握手

スポーツは礼に始まり礼に終わる。私たちが行っているテニスでは、各々のポジションから「お願いします」と挨拶をしてサーブを打つことで試合が始まり、最後のポイントが決まったら4人がコートを挟んで集まり「ありがとうございました」と握手をして試合が終わる。

…で、この握手なんだけど、チョンと指先を合わせるだけの方がいる。私はコーチに「握手は相手の目を見て挨拶しながらギュッと握るものですよ」って教わったんだけどなあ。
一方、中にはご丁寧にもう片方の手も添えて下さる方もいて…ホントに人それぞれ。

いずれにしても、気持のよい返し方をしたいな
(-^口^-)



   
リンク集


にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed 主婦のテニス日記
  • 無料SEO
コスメ
人気ブログランキングへ 【期間限定キャンペーン】全身脱毛4箇所【3980円】 エステティックTBC 脱毛エステサロン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。