広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

してはいけないミスを減らす

ミスは誰もしたくてするわけではない。

…が、してはいけないミスというのが確実にあると思う。

ポイントも考えず、パートナーのことも考えず、自分の力量もわきまえず、ムキになって自分の打ちたい球を打って、そしてミス。

自分の精神も荒れるし、パートナーの士気も下がる。

もう少し精神的に大人になって、調子が悪いなら悪いなりに、その中で最善を尽くすようなテニスを心がけたい。

この積み重ねがテニスの基礎力を底上げしてくれると思う。

もう一度心に刻んで、また練習に向かおうと思う。

日焼け

日差しが強くなってきましたね。

この時期の紫外線には特に注意が必要です。

私も年中長袖とアームカバーでケアしていますが、それでもやはり黒くなってしまいます。

一番ケアしなければならないのは眼です!

眼球の黒目が日焼けすると、メラニンを作れとの指令が脳から出るので日焼けが促進されてしまうのです。

テニスのときはもちろんプレーにも影響するので必要ですが、ちょっとした外出の時にもサングラスは着用した方がいいですよ。

サングラス専用のサイトも参考にしてみて下さい。

 ttp://sunglass1101.seesaa.net/



早くマスターしたい!

相手の意識を分散させるため、そして余裕を持っていいショットを打たせないために、同じフォームから完全に打ち分けられるようになりたいものがある。

一つはスライスで、緩いショートと深い滑る球とスライスのストレートロブの3つ。

もう一つはスピンボールで、普通のストロークとやはりストレートロブ。

同じフォームから…っていうのがミソなんですよね。

そして安定してできなきゃ意味がない!

明日もまた、この目標に向かって練習、練習……

念には念を…

暖かくなってきましたね。

気候がよくなるとテニスをしていても気持ちがいいです。

が、この季節は腰痛や膝・肘・肩の痛みにご注意なのです。

寒い時はそれなりにアップして体を温めることに気を使うのに、暖かくなってくると「もういいか」と疎かになりがちで…

気をつけて下さいね。

それと、最近、テニスボールを使っての膝痛解消法が流行ってますよね。

先日テレビでやってた酒井先生の解消法です。

私の周りでも効果が出て喜んでいる方がたくさんおられます。

膝が痛い方はどうぞお試しを!


イメージ

イメージって大切ですよね。

こういうフォームで打つ、とか、こういう軌道のボールをこのコースに打つ、とか。

上達する一番の近道は、身近にお手本があって、その人の打ち方とか、その人が打つコースやボールを真似ることなんじゃないかな…

今日、子供がレッスンを受けているのを見てそんなことを考えていました。

子供って、言葉でああだこうだ説明されてもあまり理解できないけど、コーチが「見て見て!こうやって打つんだよ」ってお手本を何度も見せてたら、それらしくなってくるもんね。

大人もきっと同じですよね。

「腕の角度を何度に保って」とか言われるより、何度も何度も真似る方が脳にも記憶されそう。

いつのまにか、難しく考えすぎているのかもしれないですね。

デビスカップ

デビスカップ2回戦・韓国戦。

昨日のシングルスに続き、今日はダブルスの試合がありました。

日本2勝で迎えたこの試合、日本は内田選手と守屋選手。

…結果は、負けました汗

それも0−3のストレート落ち込み

何がどうって、気持ちで負けました汗

第1セット、4−1でリードしていたのに何故かまくられて5−7。

第2セットはいいとこなしで1−6。

二人のリズムは悪いし、何より内山選手がサービスを全くキープできず、暗いまま押し切られました。

第3セットは回復の兆しが見えたのに、やはり途中から弱気になって、とれるゲームを落として結局は4−6。

このレベルでも私たちのような主婦テニスのレベルでも同じ、やはりスポーツは気持でするものなんだなとつくづく感じました。

落ち込む気持ちを内へ内へと向けていかずに外へ!

そして前へ!

自分にそう言い聞かせて、また明日から頑張ります怒り

ネット際

ネット際のボールの処理が上手い人は、大体何をやっても上手い。

力任せに打ちこんでくる人ならば、当たればすごいが、イレギュラーバウンドや風で少々ややこしくなったとき、思った通りのミスをしてくれるから助かるんだけどウインク

浮いた球でも相手の動きを見きわめてアングルにちょこんと。

また、サイドにケアに入った!と思ったら、センターへスコーンと。

まして、ネットすれすれのボールも少しも浮かせずにすれすれのボールでちょんと落とされたら…

慌てないということ自体、すでに相手が上なんですね落ち込み

私もそんなプレーがしたいです。

少なくとも、力任せに大ぶりするだけの人にはなりたくない〜困った

今日のメニュー

平日にテニスができる主婦の私たちはさほどではありませんが…

週末プレイヤーの主人は、土日にガンガンテニスをします。

雨でも降ろうものなら機嫌が…困った

今日は春らしい良いお天気だったのでよろしゅうございましたバニー

で、テニスをガンガンした日は、こってりとしたものを夕食にリクエストされます。

ま、当然ですわね。

……ということで、今日のうちのメニューは餃子ですジョッキ




遅ればせながら…

今日も息抜き…(*^_^*)A

遅ればせながら、テニスの替え歌を人づてに教えてもらい、聞いて元気を出しました。

そう、You tubeで流している、元塩レイ子様の替え歌です。

「さそり座の女」ならぬ「テニスコートの女」、「大阪で生まれた女」ならぬ「軟式で育った女」、「春一番」、「ビューティーペア」…

私のお気に入りは「3年目の浮気」。

作詞が絶妙でホントおもしろい!

共感しながらたくさん笑ったから、明日も頑張ろうっと…バニー

サーブ

サーブは唯一相手の影響を受けずに自分の主導で打てる球。

サーブがよければ、まずその後のラリーにおいてアドバンテージをとれる。

だから、これを磨かない手はないと思う。

女性は、しかも若くない人は肩が回りにくい…という難点もあるけれど、出来る限りよいサーブが打てるように練習したいものだ。

球種は最低フラットとスライスの2つは打ちたい。

スピンが打てれば尚よいが、女性ですごいスピンを打つ人にまだ会ったことがない。

…ってことは、女性にはマスターしにくい球種なんだろうか???

スライスも低く滑る速めのスライスとゆっくりした軌道を描きながら外に切れていく緩めのスライスと。

後者は風の強い日に有効。フラフラ〜っと流れて足の動かし方が十分でない人にはすごく嫌なサーブになる(ノε`*)ンププ

それに備えてサイド気味に立たれたら、今度はフラットで。

この2種を確率よく打てるように練習しましょう!走る
    >>次へ
リンク集


にほんブログ村
  • SEOブログパーツ
seo great banner track feed 主婦のテニス日記
  • 無料SEO
コスメ
人気ブログランキングへ 【期間限定キャンペーン】全身脱毛4箇所【3980円】 エステティックTBC 脱毛エステサロン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。