ファン
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年08月31日

◆小林照子先生とのランチ会

小林照子さんという方をご存知ですか?

小林照子さんとは、株式会社コーセー初の女性取締役に就任された方で、56歳でコーセーを退職された後も(株)美・ファイン研究所を設立して美容研究家として活動されているほか、フロムハンドメイクアップアカデミーや青山ビューティー学院高等部など次世代の若者への教育にも勢力を尽くされている方です。


その照子先生はこの5月から “国際社会に通用する女性の進出をサポートすること”を目的にアマテラスアカデミアという女性のためのスクール型のプロジェクトを始められました。


そして!
なんとも幸運なことに私もその1期生として選出して頂き、毎月その講義に参加させて頂いています。


今日は「いつもの講義とは違ったカジュアルな雰囲気で参加者の皆と交流したい」とランチ会を開いてくださいました。

D6F2E56F-5F69-4E2A-AFFA-2137ACCE0634.jpeg


お食事の美味しさはもちろんですが、83歳にして現場でキャリアを積み続けていらっしゃるそのパワーに改めて感動しましたきらきら


“美容”という、女性がターゲットの業界でも役職を務めるのは男性ばかり。

そんな時代にその状況を変える力をお持ちだった照子先生は、もちろん今でも業界に新しい風を吹かせ続けていらっしゃいます。


転職を考えているという参加者に
「天職だと思える場所に出会うまで動き続ければいい。天職だと思える場所だからこそ、自分のスキルが磨かれ専門性が身につく。専門性があることほどいいことはない。」

と声をかけてくださっていました。


んもーーーーう激しく同意!


ここが天国!
この働き方が極楽!

そんな働き方をするからこそ、働く時間が楽しいし、そのための学びを苦なく継続できる。
そうすることで自分の専門性に磨きがかかり、提供するものの価値が上がる。

まさに時間的・精神的・経済的自由な道!!



本当に会場中に感謝しかない素晴らしい時間でした。


次は、照子先生から得た学びをそれを必要としている方へ私がバトンパスする番!
セミナーでもブログでもバンバンお話して参りますきらきら


最後までお読み下さりありがとうございました^^

1F53D5D0-86B5-48D0-9A68-707DFBE428E6.jpeg

2019年08月30日

◆セミナー準備中♪

区の子育て支援サービスを利用して娘を預け、現在セミナー準備中!

あぁぁぁぁ1人って楽!

自由〜♪

こんなにもゆっくりコーヒーが飲めるなんて!

娘のことは大大大大大好きですが、やっぱり1人の時間も必要(T ^ T)


助けてもらえるなら、遠慮せず感謝して甘えていいですよね。


セミナー楽しみですっ!

4307C06F-CB1A-4A78-8FF2-CC76FE52D396.jpeg

2019年08月28日

◆日本を知らなすぎる

8月の上旬に家族旅行で金沢に行ってきました。

761E8DC3-0A62-4D60-B054-109CB3066D56.jpeg

皆さんは行ったことがありますか?


お天気に恵まれてはいたものの、暑すぎて長時間外出することができずにいたのですが、
それでもやっぱりありますね、気づきが!


今回金沢で感じたのは、「私の中の”日本”は小さすぎる」ということでした。


10ヶ月の娘を連れていたこともあり、道ゆく人がにっこり笑いかけてくれたり、
バスで少しお話しした方が別れ際に金沢銘菓をおすそ分けしてくださったり。


なんだか私が思う”日本人”と比べると、人との心理的距離が近いような・・・


回遊バスの運転手さんは女性が多く(私がいた3日間ではそう感じました)
しかも運転がアグレッシブw
東京ではバスの運転手さんが女性だと「珍しいな」と感じるので、なんだか普段とは違う感覚でした。


歴史を感じる街並み、その地で守り継がれた伝統や習慣。
その街並みや歴史を守ろうとする方々の思いや活動。

私の知らない”日本”を感じるばかりで

私の中に「日本人は街中で面識のない人と言葉を交わすことは少ない」とか「目が合っても微笑みあったりしない」とかいう思い込みがあったことに気がつきました。

日本語教師は学習者から”日本人の代表”のような目で見られていることもあると思うし、
自分の知識や思考から物事を一般化しすぎてしまわないように気をつけなくちゃいけませんね。

「日本は・・・」という話し方もしないようにしようと思ったりしました。
私の知っている”日本”は、あくまで”私の知っている日本”なんだし。



美味しくて新鮮な海鮮料理に温かい人々きらきら
とても良い旅になりました。


次の旅行も
”どんな日本に出会えるのか”

そんな視点で楽しみたいです♪

3A6B2625-7323-44AF-8E24-6A0DF6F40F10.jpeg
新幹線にて。

◆マグマのワーク・・・その後

皆さんおはようございます!
朝晩とだいぶ涼しくなってきましたね。
エアコンなしで寝られるとやっぱり気持ちがいいです。

昨日、以前セミナーとマグマのワークを受講されたある方とコーヒーを飲んできました♪
というのも、先日「プライベートレッスンのクライアントが増えてきた。」「クライアントがレッスンを継続してくれるようになった。」「指名や紹介をしてもらえるようになった」と嬉しい報告をくださったので、是非詳しくお話が聞きたい!とお茶にお誘いしたのです。

この方は日本語学校でプライベートレッスンを担当されているのですが、そんな変化を感じるまでに何をされていたのか伺ってみると

・一人一人のニーズをより意識するようになった
・その人に合ったオリジナル教材を準備するようになった
・学習者のためを思うからこそ、今までにできなかったような大胆な提案をするようになった


うん!
素晴らしい!

やはりクライアントのニーズを引き出し埋めることを第一に考えていれば、
自ずと教師の言葉や行動が変わり”紹介””継続契約”に繋がっていくきらきら

そんなことを証明してくださったような気がしました。

嬉しい!!

お話しする中でこの方の新たな強み、差別化のポイントも見えてきたし、今後は更に”自分を発揮した”働き方を確立されていきそうですきらきら



娘を連れていたためグズりだしたりして終始落ち着かず本当に申し訳なかったm(._.)m

大好きなミルク饅頭まで頂き・・嬉しさと感謝しかない!
お時間を作ってくださったYさん、本当にありがとうございました(o^^o)

A526D017-9F2F-49FB-BA4C-ADCEFF9939D2.jpeg


新たに見つけた強みで直接契約のクライアントもゲットしちゃいましょうっ





2019年08月26日

◆シークレット情報交換会

みなさんおはようございます。
なんだか急に涼しくなりましたね。
あの猛暑はどこへ??

さて、みなさんは昨日の日曜日どのように過ごされましたか?
私はというと、ご縁のある日本語教師の方々にお声がけしてシークレット情報交換会を開催しました。

B40115EE-A14F-4032-8661-93DB71A0DBF7.jpeg

今回は13名の方がご参加くださり、

・学校と学校の外でのレッスンの違い
・小学生の取り出し授業について
・オンラインレッスンのクライアント獲得法
・おすすめテキスト

などなどそれぞれ普段気になっているけどなかなか聞くことのできないことをお話されていました。

同僚とも違う、普段の活動場所や内容の異なる方々とお話することで幅広い情報が飛び交っていました。

私は娘を連れていたので途中退席・・・
それでも開始から2時間半は経っていましたが、その後もみなさん残ってワイワイとお話されていたようです。

孤独と言われがちなフリーランス日本語教師のためのコミュニティを広げる!
お互いを応援しあい、助け合いながらそれぞれの理想の働き方に近づく!
通ったことのない道について知りたいなら、通ったことのある人に聞くのが一番!


そんな思いで日本語教師が自由に情報交換できる場を作っていきたいと思います♪

ご参加くださった皆様ありがとうございました!
楽しんで頂けたようで私もとても嬉しかったです!

2019年08月23日

◆満席のお知らせ

9月8日に開催するセミナー
【日本語教師になる前に知っておきたい9つのこと】

定員8名の予定がなんと!

ななんと!!


20名の方にご参加頂くことになりましたきらきら


お申込み下さった皆様
当日は皆様にとって有意義な時間となりますよう全力でお話致します。
どうぞよろしくお願い致します。

94A1B459-F293-437D-B411-2EA6D352DC1E.jpeg
posted by Tomomi at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

◆わがままな日本語教師

「わがままな日本語教師」

と聞いて、どんな教師を思い浮かべますか?

・授業によって気が乗ったり乗らなかったりしている
・学習者に合う合わないがある
・話題によって楽しめたりそうじゃなかったりする
・得意なことしかやりたがらない
・好きなことしかやりたがらない



なんてわがままな!!


授業によって気が乗ったり乗らなかったりって!
気が乗ってない時は気が乗ってる時に比べて授業の質が下がっているんじゃないの?

学習者に合う合わないがあるなんて、
合わない学習者は合う学習者に比べて授業の理解度が低かったりするんじゃないの?


わがままな教師だなぁぁぁぁ。

784CB067-66BF-4B44-95DE-81FC57AC7CB3.png


でも…

ちょっと待って!


気が乗らない授業を無理してこなす教師の授業を受けるのは誰?

”合わない”と感じながら無理してこなす教師の授業を受けるのは誰?


教師が無理してこなした授業では
学習者の日本語学習を効果的に指導できないんじゃないの・・・?



教師が気が乗らないと感じている授業
合わないと感じている学習者への指導を無理してこなすことで被害を被っているのは
実は学習者かもしれない。




あれ?


じゃあ教師は

教師自身が楽しめる授業
教師の知識や才能をフル活用できる授業
違和感なく良い関係でいられる学習者への授業


そんな授業を受け持てばいいんじゃないだろうか?


つまり、教師はもっとわがままでいい。


もちろん、
どんな学習者に対するどんな授業でもこなせてしまう教師はいると思います。
それは素晴らしいことだし、誇らしいことだと思います。


でも、自分もそうなる必要があるのか?と考えてみてもいいんじゃないでしょうか。



自分が苦手なこと、不得意なことは
それが好きで得意な人に任せて

自分は自分が好きで得意なことを
それを必要としてくれる学習者に捧げていこう。



そうすることで

授業の質も
学習者の理解度も
教師のやりがいも
共有する時間の楽しさも変わってくるはずです。


私の場合はクラス授業よりマンツーマンレッスンの方が好きで、
学校よりオフィスやカフェで教える方が好きで
漫画や流行の話題よりビジネスや時事問題を話す方が好き。


だから”学校以外でビジネスマンを対象にマンツーマンレッスンを提供する”という日本語教師の道を選びました。


自分が好きで、得意で、どれだけ時間や労力をかけても負担にならない働き方をすることで、
それを受け取る学習者にも効果的で喜ばれる授業が提供できるのではないでしょうか。



わがままでいいじゃないか!


あなたのわがままな働き方はどんな働き方ですか?



最後までお読みくださりありがとうございました。

※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※
セミナー情報やサポートプランを掲載した日本語教師のためのページ《forteachers.lovinglifeintokyo.com
※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※

個人事業主向け情報サイト”マルナゲ”さん、ランダーダボさんより取材を受け記事が掲載されました。
マルナゲさんは コチラ
ランダーラボさんは コチラ

2019年08月22日

◆赤ちゃん

赤ちゃんに会ってきましたー

んもーーーーーっ!!

かわいいんだから(о´∀`о)

FAD7874F-C130-4049-A204-DD60B4D5B39B.jpeg

癒されて帰ってきました♪

9月8日のセミナーはもうすぐ満席です!
お急ぎください^^

2019年08月21日

◆人生の貴重な時間を、どんな日本語教師として過ごしたいですか?

皆様こんばんは。
ジメジメジメジメしていますねーーー

我が家はリビングのエアコンが壊れ、日中も寝室で過ごす生活をしています・・・
新しいエアコンの設置まであと6日!
長いいいいいい

と、そんな私に外出する理由をくださったのが
フリーランス日本語教師のnaonaoさんとやさしい日本語アドバイザーの友子さんです。
(お名前をクリックするとブログ、ホームページに飛びます。)

ランチをご一緒しました♪

B1F642AF-ED66-4960-9D45-6946AFAE8479.jpeg

naonaoさんは教えることが生きがいのような方で、
クラス授業だろうがマンツーマンレッスンだろうが、大人だろうが子どもだろうがなんでもこなせてしまうスーパー日本語教師!
そのノウハウを惜しみなく教えていただける勉強会も大人気です。

一方友子さんはというと、やさしい日本語を主に医療現場で広げる活動をされています。
実は友子さんは2年ほど前に「フリーランス日本語教師になるための」セミナーにご参加くださったのですが

そこからの変貌が半端じゃない!

当時はお仕事もされていなかったのですが、今や”やさしいコミュニケーション協会”を立ち上げ理事に!!

んもーーーー素晴らしいっ!!!!!
このお話は何話にも渡ってお伝えしたいので、今日はこの辺にしておきます・・


私たちは3人とも”日本語教師”。

でももう一つの顔が違う!

日本語教師をしながら、日本語教師にその教授法ノウハウを惜しみなく公開して授業に悩みを抱える日本語教師を救うnaonaoさん。

日本語教師をしながら、医療界にやさしい日本語を広げるために各地で講師を務める友子さん

そして日本語教師をしながら、学校以外でレッスンを持ちたい日本語教師、日本語教師×〇〇という活動を実現させたいの方々のサポートを行っている私。

やっぱり様々。

様々でいいんですよね、日本語教師の活動の仕方は。

人が違うんだから、やることが違くて当然。
これまでの人生も知識も才能も全て違うんだから、やることも考えることも違くて当然。


子どもだけに教える教師がいたっていいし、
教材に漫画しか使わない教師がいたっていいし、
和食の作り方だけを教える教師がいたっていい!



「日本語教師はこうあるべき」

その”べき”と思うことさえ人それぞれ違うんだから、日本語教師のあり方に正解はない。

自分が作り出した”べき”
人が作り出した”べき”

そんな”べき”でがんじがらめになっていると感じたら、
本当はもっと自分を解放して、もっと自由に、もっと楽しく活動できると考えてみてください。


「それはnaonaoさんだからできたんだ!友子さんだからできたんだ!」
と思う方もいるかもしれません。


なぜできたのか・・

私はやっぱり、それがお2人のマグマだからだと思います。

やらずにはいられない!
んだと思います。

きっとお2人も初めの頃は
私にはできないかもしれない。と思っていたはずです。

でも、それでも、やらずにはいられない!!


「やらない」とか「諦める」とか
きっとそういう選択肢がなかったんだと思います。



「私にはそんな風に思えるものがない!」
と感じる方もいるかもしれませんね。

そう感じる方の方が多いと思います。

でも、そう感じながらも

「私にも何かできるかもしれない。」
「何かやってみたい。」


と思えたなら、できるはずです。

諦めてないから、できるはずです。


1度きりの人生だし♪
(なんか話が大きくなってきたw)

誰を自分の人生の主役にするかは自分次第さっきらきら


皆さんは自分人生の貴重な時間を、どんな日本語教師として過ごしたいですか?

最後までお読みくださりありがとうございました。



※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆
セミナー情報やサポートプランを掲載した日本語教師のためのページ《forteachers.lovinglifeintokyo.com
※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆

個人事業主向け情報サイト”マルナゲ”さん、ランダーダボさんより取材を受け記事が掲載されました。
マルナゲさんは コチラ
ランダーラボさんは コチラ

2019年08月20日

◆ブランディングプラン参加者の声

皆様こんにちは!
フリーランス日本語教師のTomomiです。

今日はまた一人、ブランディングプラン参加者の声をご紹介しますきらきら
ご紹介するのは先日こちらでもちらっとお話ししたみゆきさんです。

70B13C5D-16E9-422E-A6E1-322E3A05F466.jpeg

実はプラン修了後には妊娠、出産されたのですが、お母様となった今でも活動を続けられています。
しかもプライベートレッスンのクライアントさんも獲得されています!

そして何より宮崎市の移住アンバサダーに就任されているということも素晴らしいですよねきらきら
「住んでいる地域の魅力を発信したい、移住された方のサポートがしたい。」
とおっしゃっていたので、
「役所に行ってみましょう。」
というお話はさせて頂いていたのですが、まさかアンバサダーになったとご報告頂くとは思ってもいませんでした!

ああ!!嬉しいっ!!!きらきら


では早速、そんなみゆきさんにお答え頂いたアンケートをご紹介します。

ーーーー
Q1.日本語教師歴を教えてください。
都内の日本語学校非常勤3年、オーストラリアの日本語学校非常勤9ヶ月、ニュージーランドの大学 契約講師1年、宮崎の日本語学校 常勤1年半、その後非常勤に切り替えて1年5カ月、フリーランス2年

Q2.ブランディングプランを受ける前はどのような状況でしたか。
海外で教えていたときのような、「日本や日本語が大好き」という理想の学生と「とりあえずビザのために進学したい」という日本語学校の学生とのギャップに疲れていました。学校の業務は幅広く、家庭との両立も難しかったです。

3.現在はどのような活動をしていますか。
日本語学校の非常勤を続けながら、プライベートオンラインレッスンもしています。また、宮崎市移住アンバサダーとして、インスタグラムやFacebookで生活に役立つ日本語などの記事を書いています。

4.セッションではどんなことをしましたか。
自分のマグマを探るために、子どもの頃に好きだったものを書き出したり、それらの共通点を見つけたり、とことん自分と向き合うワークをしました。私は遠方からの参加なので、毎回スカイプで対応していただきました。

5.セッション前後で感じているご自身の変化を教えてください。
セッション前は漠然と「フリーランス日本語教師になりたい」と思って参加しましたが、セッションを通して、自分の軸を見つけることができました。自分は何が好きで、どのようなクライアントさんにどんなことを教えたいのか、じっくり考えられました。そして、屋号やビジョンが言語化できました。
迷いそうなときは、「ワクワクに従う」ということも改めて感じています。

5.由利の対応はどうでしたか。
いつも丁寧で誠実に対応してくださいます。セッション中に考えているときも待ってくださったり、知識や経験を惜しみなくシェアしてくださいます。
セミナーを修了してしばらく経っていますが、近況報告をするといつも喜んでくださるのも、とても嬉しく感じています。

6.日本語教師×○○を目指す方へメッセージをお願いします。
ライフステージの変化(私の場合は妊娠、出産、育児)によって、〇〇は変わることもあると思います。私の場合、以前より自分の時間がなくなりましたが、自分のペースで活動できるのがフリーランスのいいところだと思います。その時その時の出会いや興味に合わせて、変化していくものだとも思います。私も今のペースで無理なくできることを模索中ですが、マグマ(軸)はブランディングプランを通して、はっきりしました。〇〇は変化するものだとしても、一度見つけたマグマは変わらないと思います。まずは自分と向き合ってマグマを探してみてください。

^^^ ^^^

いかがでしたでしょうか。
みゆきさんがおっしゃっているように、実はマグマが明確になるとそれを肩書きやキャッチコピーに活かすことができるんです。

そして何より、自分は何を実現させるために日本語教師をしているのかということが、ふかーーーーいレベルで明確になります。

皆さんも、「日本語を教えるために日本語教師になった(もしくはなる)」わけではないはずです。

「日本語を教えることで学習者にこうなってほしい」
「日本語を教えることでこういうことを実現させたい」

という何かが必ずあるはずです。

それが自分にしかできないことであり、差別化するための最大のポイントです。

マグマについてはこちらで詳しく紹介しています。
気になった方は是非一度ご覧ください。

最後までお読みくださりありがとうございました!

※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆
セミナー情報やサポートプランを掲載した日本語教師のためのページ《forteachers.lovinglifeintokyo.com
※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆ ※ ※ ※ ◆

個人事業主向け情報サイト”マルナゲ”さん、ランダーダボさんより取材を受け記事が掲載されました。
マルナゲは コチラ
ランダーラボは コチラ
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール