ファン
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年01月31日

◆寂しさから得た想い

こんにちは^^
久しぶりの投稿になってしまいました。
今夜は雪の予報ですね。
都心は雪に弱いので、通勤通学に大きな影響がないことを祈ります。

最近はよく友人が私の家に来てくれます。
娘に会いに来てくれるわけですが、私はやはり人と会話できることに大きな喜びを感じます(T ^ T)

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、昨年の秋に引っ越して来たばかりの町に知り合いがおらず、日中娘と2人からの私は常に独り言状態なんです!

中学高校時代の友達がはるばる会いに来てくれたり、仕事でご縁のあった方々が来てくれたり。

幸せ(*´-`)

もし私が海外に住んでいる外国人という立場だったらどんなに寂しいだろうと想像してしまいます。

日本語教師として外国人とやりとりをするわけだけれど、私は彼らにとって”日本語を教えてくれる存在”で終わりたくないなぁと思いました。
私のエゴかもしれませんが。

会えると嬉しい、話すと楽しい、安心して前向きな気持ちになれるような、そんな存在でいたいなぁきらきら

皆さんは学習者にとってのどんな存在でいたいですか??

0033F18D-6C22-4B6F-829F-F6A3D75D2F50.jpeg

2019年01月25日

◆二度あることは…

みなさんこんばんは(( _ _ ))..zzzZZ

もう週末ですね!
寒い時期みなさんは休日をどのように楽しんでいらっしゃいますか??
寒いとどうも引きこもりがちなので、何かヒントが欲しいなぁ♪

さて、昨年末に取材を受けたマルナゲに続き、今月はまた別の媒体で取材をして頂くことになりました。

5A032A43-6555-4B33-9603-F9DE726252B3.jpeg

こういうことって不思議と続くものですね。

二度あることは三度ある!?
三度目はどんなところで取材して頂けるのか楽しみです(o^^o)

今回依頼をくださった媒体が、
『自分らしく生きるために自分らしい働き方を選択したい女性たちに、ヒントや勇気を届けることを目的としている。』

ということで、
 “フリーランス日本語教師になるためのセミナー “や、
差別化を図るブランディングやマグマを探るワークなど、

自分が自分を一番発揮できる働き方を手に入れようという私の活動に通ずるものがあるなぁと勝手に思っていて

私の活動はちゃんとそういう風に見てもらえているんだなぁぁと、ニヤニヤしています(o^^o)

嬉しい!

早く色々再開したいと改めて感じています!!

2019年01月24日

◆2月にセミナーします

皆さまこんにちは(o^^o)
インフルエンザが流行っているようですが、うがい手洗いされていますか??

部屋は温めたいけど乾燥させたくない!
電気代どうなっちゃうのー。
加湿器に変わるものってなんかないんですかね??

1月ももう下旬なんですね。
あっという間!!
本当に「あっ」と言う間!!!

娘が生まれてからというもの、思い立ってから実際に行動に移せるまでにかなり時間がかかるようになりました。

何事も早め早めに準備しておかないといつの間にか何ヶ月も過ぎていてタイムスリップした気分になってしまいます。

と言うことで、2月はオンラインセミナーを再開しようと思っています♪

テーマは2つ!
・プライベートレッスンのモヤモヤ解消!実践勉強会
・フリーランス日本語教師として時間的・精神的・経済的自由を手に入れる方法

楽しみ(*´꒳`*)
参加者がいらっしゃるかわかりませんが…
たとえお一人だったとしても開催します♪

詳細はまた改めて投稿致します!

自宅にいても様々な方と繋がることができる時代に生きていることに感謝ですねきらきら

さて、夕飯作らなきゃ!

9DC2358F-18F1-46A2-859B-FA6562857C1C.png
posted by Tomomi at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー

2019年01月18日

◆Q. クライアントにバックれられたりしないんですか。

みなさんこんばんは^^
フリーランス日本語教師、ブランディング&コンサルタントのTomomiです。

娘が寝たのでこの時間を使って読者の方から頂いた質問にお答えします♪

Q. プライベートレッスンって後払いですよね?学習者にバックれられたりしないんですか?

A. 対策をすれば大丈夫なはずです!

F9E47A59-25D8-4BC3-8265-ADF7B87EC65E.jpeg

セミナーや勉強会の参加者からもあったこの質問。

よくお話を伺うと、インタビューやレッスンの約束の時間、約束の場所に学習者が現れないということがあるんだそうです。

約束を破られてしまうとショックですよね。
こっちは時間とお金をかけてそこに向かったのにそれが無駄になってしまうなんて、怒りも感じるかもしれません( ̄^ ̄)

ラッキーなことに、私はそのようなことを経験したことは一度もありません。

それはなぜかと考えてみると、以下の3つがその対策になっているのかなぁと感じます。

その3つは何かと言うと…
@ 新規のクライアントは既存のクライアント(もしくは友人)からの紹介だから。
A 前払いだから。
B ”規約”を用意しているから。

どういうこと(・∀・)?
一つずつ詳しく書いていきますね!

ます@についてですが、私はクライアントさんとはどなたかからの紹介で繋がることが多く、前提として本気で日本語を学ぶ必要がある、もしくは学びたい方が新規のクライアントになるので、バックれたい方は来ません。

さらに紹介された方のクライアントさんも友人を介しているので、その友人の顔に泥を塗るようなことはしないですよね( ´∀`)

そういった理由から、”バックれる”なんてことが起こらないのです!

そしてAについてですが、私の場合はレッスン料金を前払いで頂いています。

レッスンの度に1回分の料金を頂くこともできるのですが、
お金のやりとりが面倒くさかったり、
学習者がお金の余裕がある時しかレッスンをしなかったりしてスケジュールが組みにくく、レッスンとレッスンの間が長期間空いてしまうこともあるため都度払いでのレッスンはお断りしています。

事前に料金を支払って頂いていれば毎週スムーズにレッスンを行うことができます♪

そこで大事になるのがB規約ですきらきら

規約を用意してお互いにサインをすれば、”前払い”という支払いシステムやキャンセルポリシーなどを前もって説明しお互いに納得した上でレッスンを始めることができます。

それだけでなく
「私はランゲージエクスチェンジのパートナーじゃないよ、プロの日本語教師であり仕事なのよ!」

というアピールにもなり、クライアントさん側も真摯に向き合ってくれるようになると感じます。

ふわふわ始めてしまうとふわふわとした関係になってしまうので、私はキチッとカチッと!仕事は仕事!ときちんとした方が良い部分はしっかりと用意してから向き合うようにしています。

参考になったら嬉しいですきらきら

◆帰国しました

みなさんこんにちは^^
フリーランス日本語教師、ブランディング&コンサルタントのTomomiです♪

先日ようやく常夏の国から帰国しました。

帰国したら…

忙しい!!!

常夏の国では、夫と義理の母と私の3人対3ヶ月の娘1だったのが

帰国した途端に私と娘の1対1( ;∀;)

何もできない!

いや、それは大げさ。

やりたいことがなかなかできない!

うん、こっちですね。

早くこの生活に慣れなければ!

A50D76E4-72BB-44C2-9EF6-D0AE639581AE.jpeg

2019年01月10日

◆Twitterでもツイートしたのだけど

学習者の声を真に受ける前に現状をしっかり確認する事が大切。

例えば「会話力を上げたい。」という学習者も、よくよく話を聞けば話題にしたい専門分野の語彙さえ増やせば問題ないなんてこともあるから。

自分の思い込みを捨てて相手の現状を正しく把握する事が大事。

F3922CEC-FEA6-4034-806E-D16D321102B4.jpeg

◆すでに自由だった

常夏の地で過ごせる時間も残り1週間。

018E8A29-F3E3-4814-A6DF-EBF83B78DCB9.jpeg

東京に帰ったら昼間は3ヶ月の娘と2人きりの生活に戻る。

何より娘が優先の毎日。
私の食事の時間も娘次第だし、トイレに行きたい時に行けるかどうかも娘次第。

正直言うと、そんな生活は自分の時間が制限されているような、不自由になったような気がしてしまう(T ^ T)

それでふと娘が生まれる前のことを思う…

いつどこで何をするかはいつも自分次第だった。

それが当たり前のことすぎて、そのありがたさと言うか貴重さと言うか、そう言ったものに全く気がつかなかったし

いつどこで何をするかはいつも自分次第だったのに

何事も適当に、なんとなくその時の流れや気分で動いていたなぁ(T ^ T)

いつどこで何をするかはいつも自分次第であることのありがたさや貴重さを知っていたら、もっともっと時間や機会を最大限有効に使おうって工夫したのに。

でもまぁ、
今気づけたのだから、これからはきっと時間や機会をどう有効活用できるか考えながら動けるはず。

気づきに感謝!

2019年01月07日

◆自分ラベル

「離乳食だと思って買ったら介護食だった。」

そんなクライアントがいました。

商品ラベルが読めればそんなことは起こらないはずだけど、似た商品ゆえに間違ってしまうこともありますよね。

離乳食の中にも鶏肉を使ったもの、魚を使ったもの、野菜のみで作られたものなど様々な種類がありますが、どれもデザインが似ていてわかりにくい!

色分けしたり大きなイラストを描いたりして工夫してくれたらいいのに。

こう考えると、ラベルというのは同一の商品を他の商品と差別化し、私たちが自分の好みの物を選び取るためとても重要な役割をしていると言えないでしょうか?

では、私たち日本語教師はどうでしょうか?

日本語教師一人一人に”日本語教師”という同じラベルが貼ってあるとしたら、クライアントは何をもってその中の一人を自分の学習パートナー、教師として選ぶことになると思いますか??

これには様々な答えが浮かぶかもしれませんし、正解があるかもわかりません。

プライベートレッスンのクライアントを増やすとしたら、同じラベルで並べられた中、自分が選ばれるような工夫をしなければならないと思うんです。

ラベルを目立たせることはその工夫の一つ。

外観かもしれないし
キャラクターかもしれないし
商品名やキャッチフレーズかもしれません。

つまりは自分のトレードマークになるようなファッション小物を常に使うようにしたり、
自分のキャラクターを作ってしまったり、
肩書きを”日本語教師”の他に考えてみたり、自分の得意なことが伝わるように表現するのもいいですよね。

そうして差別化することで多くの人の目に留まり、さらには”選ばれる”ようになると思うんです。

これがブランディングの一つです。

皆さんは自分のラベルにどんな工夫をしますか?

C638DD27-0BEB-4A6E-A59C-5B448C1AE1B2.jpeg

◆ハードル越え

皆様こんにちは^^
フリーランス日本語教師、ブランディング&コンサルティンタントのTomomiです。

今日から仕事始めという方が多いのでしょうか
私は年末からタイに来ているのですが、やはり同じアジア人!
どの方からもタイ語で話しかけられます。

その度に「タイ語は話せません。」と英語で答えていたのですが、いい加減タイ語で返事ができるようになろう!と、タイ語を教えてもらいました。

内容は簡単…
「私はタイ人ではありません。日本人です。」

何度も何度も繰り返し練習し、

余裕〜(о´∀`о)♪


だと思っていたのに!

いざその時がやってくると、
出てこない!!!

「えーっとえーーーと…メ、メチャイ コン タイ カー…」

外国で現地の言葉を発するって、すごく難しい!
それに恥ずかしいし勇気がいる( ;∀;)

レッスンでは偉そうに、
「今日の文法使ってみるのが今週の宿題ね!」
なんて言ってたけど…

みんな日本で日本語使うって、すごく高いハードル飛んでるんだ!

身につけた語学力を使うってすごいことですね。

私のクライアントさんたちにも、実はすごく高いハードルを飛んでるんだと改めて伝えたいと感じたし、どのレベルであれみんなに胸を張ってほしいと感じました。

うん、いい経験をした!!

ちなみに今朝は成功しました^^
コン イップン カーきらきら

FEC76FE4-2D65-4BE0-A7C4-B8355A02FA36.jpeg

2019年01月05日

◆謹賀新年

2019年、皆様はどのように迎えられましたか。

1年365日、私たちは日々お互いを支え合い応援し合っていて、そのループのおかげでそれぞれの人生を創り出すことができていると感じます。

大げさなことを言うと、農家の方がいなければ毎日の食事もままならないし、このブログだってインターネットやサーバー、運営会社がなければ存在しないんですもんね。

本当に全てが有り難い。

2018年の年明けに妊娠がわかり、産休前にと急ピッチでセミナーを企画したくさんの方にご参加頂きました。

働きすぎなんじゃないの?
体に負担がかかってるんじゃないの?

と、心配をおかけすることもありましたが、セミナーを開催したくさんの方にご参加頂けたからこそ
参加者の皆様から嬉しいご報告を頂くことができ、私自身も自分の活動により自信を持つことができました。

何よりとっても楽しかったなぁ。

2019年も共感してくださる皆様と一緒に、より自分が心から楽しめる働き方に近づけるよう活動を続けたいと思います。

最後になりましたが、このブログを読んでくださっている皆様に心からお礼を申し上げます。
アクセスしてくださる方がいると知ることができるだけでたいへん励みになります。
本当に本当にありがとうございます。

2019年が皆様の心躍る出来事で溢れる1年となりますよう心からお祈り申し上げます。

2019年1月 由利智美

B1FABD3A-925D-4C33-9DAE-5D714E124E8A.jpeg
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール