ファン
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ

2019年01月10日

◆Twitterでもツイートしたのだけど

学習者の声を真に受ける前に現状をしっかり確認する事が大切。

例えば「会話力を上げたい。」という学習者も、よくよく話を聞けば話題にしたい専門分野の語彙さえ増やせば問題ないなんてこともあるから。

自分の思い込みを捨てて相手の現状を正しく把握する事が大事。

F3922CEC-FEA6-4034-806E-D16D321102B4.jpeg

◆すでに自由だった

常夏の地で過ごせる時間も残り1週間。

018E8A29-F3E3-4814-A6DF-EBF83B78DCB9.jpeg

東京に帰ったら昼間は3ヶ月の娘と2人きりの生活に戻る。

何より娘が優先の毎日。
私の食事の時間も娘次第だし、トイレに行きたい時に行けるかどうかも娘次第。

正直言うと、そんな生活は自分の時間が制限されているような、不自由になったような気がしてしまう(T ^ T)

それでふと娘が生まれる前のことを思う…

いつどこで何をするかはいつも自分次第だった。

それが当たり前のことすぎて、そのありがたさと言うか貴重さと言うか、そう言ったものに全く気がつかなかったし

いつどこで何をするかはいつも自分次第だったのに

何事も適当に、なんとなくその時の流れや気分で動いていたなぁ(T ^ T)

いつどこで何をするかはいつも自分次第であることのありがたさや貴重さを知っていたら、もっともっと時間や機会を最大限有効に使おうって工夫したのに。

でもまぁ、
今気づけたのだから、これからはきっと時間や機会をどう有効活用できるか考えながら動けるはず。

気づきに感謝!
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール